Bs 2021, Npb, プロ野球, オリックス

Bs 2021, Npb

オリックス 日本S第6、7戦を神戸開催調整 前回日本一“再現”思い込め - プロ野球 : 日刊スポーツ

オリックス 日本S第6、7戦を神戸開催調整 前回日本一“再現”思い込め #Bs2021 #NPB

2021/10/27 3:30:00

オリックス 日本S第6、7戦を神戸開催調整 前回日本一“再現”思い込め Bs2021 NPB

歓喜の舞いを、再び神戸で-。14年以来7年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決定している オリックス が、粋な演出を検討している。クライマックスシリーズを勝ち抜い… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

前回日本一に輝いた96年は巨人との日本シリーズを制し、故仰木彬監督がグリーンスタジアム神戸(当時)で宙に舞った。その“再現”の思いも込め、神戸開催プランを組んでいる。中嶋監督も現役時代、「がんばろう神戸」を合言葉に躍動した神戸の地で、日本一の胴上げが行われる可能性が高い。日本シリーズに進出した場合、11月20日の第1戦、21日の第2戦はパ・リーグ本拠地開催で、京セラドーム大阪で実施される。第3戦~第5戦はセの本拠地で開催予定。東京五輪による中断期間があった今年は通常より約1カ月野球シーズンが後ろ倒しな上に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で7月に日本シリーズの日程を当初から1週間遅らせることが決まった。27、28日の京セラドーム大阪は音楽ライブを予定。そこで浮上したのが、ほっともっと神戸で、すでに球団関係者や球場関係者には通達済みだという。

シーズン最終戦の25日楽天戦(楽天生命パーク)に勝って首位に返り咲いたオリックスは、2位ロッテが残す3試合を待つことになる。ロッテが1敗した時点で、96年以来25年ぶりVが確定。最短Vは27日で、歓喜の瞬間を待つ。 続きを読む: 日刊スポーツ »

オランダ、新型ウイルス対策強化に市民が反発 暴動に発展 - BBCニュース

オランダ・ロッテルダムで19日夜、新型コロナウイルス対策の規制強化に反発する市民が抗議活動を行い、暴動に発展した。

巨人大竹が笑顔で引退 3日前に涙、浦和学院時代の恩師へ電話で報告 - プロ野球 : 日刊スポーツ今季限りでの現役引退を表明した巨人大竹寛投手(38)は、現役ラスト登板のヤクルト戦を笑顔で投げ終えた。サンタナを宝刀シュートで詰まらせ「あんな結果が出たら、笑… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

巨人原監督「原因あえて皆さんの前で言わない」シーズン負け越し/一問一答 - プロ野球 : 日刊スポーツ巨人が今季最終戦を勝利で飾れず、3年ぶりのシーズン負け越しに沈んだ。先発戸郷が3回まで完全投球だったが4回に突然乱れ、6失点でKO。主将の坂本は16日に右手首… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 原因は自分にあるのはわかっているはず;

引退巨人大竹寛の肝っ玉伝説 重鎮集まる燦燦会で「マスオさんの声」 - プロ野球 : 日刊スポーツ今季限りでの現役引退を表明した巨人大竹寛投手(38)が、24日のヤクルト戦で現役ラスト登板を終えた。サンタナの懐をえぐって、伝家の宝刀シュートでバットを粉砕す… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 大竹寛 野球音痴の自分が大竹選手の名を聞いた、知ったのは数日前。 家族が「巨人に行かずに、広島にいたままの方が良かったんやないかなあ 」と。そこで名を知り顔検索。 その後ポツポツと出る、いろんなメディアの記事を意識。 ここでも。 あーまた良い記事にめぐりあえた♪

オリックス山本由伸必勝でロッテにプレッシャーだ 本拠でV備えるプランも - プロ野球 : 日刊スポーツ最終戦はエースが勝利で締めて、歓喜のVに備えるぞ。25日の楽天戦(楽天生命パーク)に先発する オリックス 山本由伸投手(23)が必勝を誓った。「この勝ちは、すごく… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

阪神奇跡の逆転Vへ カンテレなど在阪テレビ各局、対応に追われる - プロ野球 : 日刊スポーツ阪神タイガースが奇跡の逆転優勝へ望みをつないだことで、在阪民放テレビ各局は、25日も朝から対応に追われている。これまでにもタイガースが優勝した場合は、関西ロー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

西武吉川光夫、綱島龍生ら8人が戦力外 伊藤翔ら4人は育成再契約見込み - プロ野球 : 日刊スポーツ西武は25日、伊藤翔投手(22)、吉川光夫投手(33)、中塚駿太投手(26)、斉藤大将投手(26)、粟津凱士投手(24)、駒月仁人捕手(28)、綱島龍生内野手… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)