どんなに暑かったか ~保育園バスに取り残されて~

去年7月、福岡県中間市で5歳の倉掛冬生ちゃんが、保育園の送迎バスに取り残され、熱中症で亡くなりました。その背景には、保育園の ずさんな安全管理がありました。

日テレnews, 日本テレビ

2022/01/28 13:00:00

【どんなに暑かったか ~保育園バスに取り残されて~】 去年7月、福岡県中間市で、5歳の倉掛冬生ちゃんが保育園の送迎バスに取り残され、熱中症で亡くなりました。その背景には、保育園のずさんな安全管理がありました。

去年7月、福岡県中間市で5歳の倉掛冬生ちゃんが、保育園の送迎バスに取り残され、熱中症で亡くなりました。その背景には、保育園の ずさんな安全管理がありました。

冬生ちゃんの祖母「なんでこんな事件が起きるんですか。飲み物もなく『ママ、ママ』と助けを呼んだと思います」どんなに暑かったか…。最高気温が33度を超える、うだるような暑さの日。倉掛冬生ちゃんは、保育園の送迎バスに1人取り残されました。バスの中で倒れているのが見つかったのは、およそ9時間後。熱中症で死亡しました。わずか5年の生涯でした。冬生ちゃん「水の呼吸」冬生ちゃんの兄「ゲームが好きでサッカーも好きで、鬼滅も好きやったけ。かわいくて優しくて 大好きだった」去年7月29日の午前8時ごろ、冬生ちゃんはいつものように送迎バスに乗り込みました。バスは浦上陽子園長(当時)が1人で運行していました。

冬生ちゃんの祖父「午後5時10分にいつもこの(自宅の)前に冬生が園のバスで送られてくる。(お母さんが)迎えに行ったんです。そしたら(保育園の職員が)『きょうは冬生さん休みですよ』と、『お父さん 冬生がおらん』と言われ『そんなバカなことあるか、冗談言いよんやろ』と」バスの職員から連絡を受け、保育園側が探したところ、バスの中でぐったりした冬生ちゃんを発見。搬送先の病院で死亡が確認されました。送迎バスには運転手の園長のほかに、保育園の職員は乗っていませんでした。

続きを読む: 日テレNEWS »

ゾンビを畑で生産し武器や料理に変えて世紀末を生き残る『DEADCRAFT』発売開始。ゾンビと人間のハーフの主人公となり、労働力の死体を鞭打ち自給自足生活

マーベラスは5月20日(金)、開発を手がけるゾンビサバイバルアクションゲーム『DEADCRAFT』について、PC(Steam)版の配信を開始した。 続きを読む >>

去年7月、福岡県中間市で、5歳の倉掛冬生ちゃんが、保育園の送迎バスに取り残され、熱中症で亡くなりました。その背景には、保育園の ずさんな安全管理がありました。 冬生ちゃんの祖母「なんでこんな事件が起きるんですか。飲み物もなく『ママ、ママ』と助けを呼んだと思います」 どんなに暑かったか…。最高気温が33度を超える、うだるような暑さの日。倉掛冬生ちゃんは、保育園の送迎バスに1人取り残されました。バスの中で倒れているのが見つかったのは、およそ9時間後。熱中症で死亡しました。わずか5年の生涯でした。 冬生ちゃん「水の呼吸」 冬生ちゃんの兄「ゲームが好きでサッカーも好きで、鬼滅も好きやったけ。かわいくて優しくて 大好きだった」 去年7月29日の午前8時ごろ、冬生ちゃんはいつものように送迎バスに乗り込みました。バスは浦上陽子園長(当時)が1人で運行していました。 冬生ちゃんの祖父「午後5時10分にいつもこの(自宅の)前に冬生が園のバスで送られてくる。(お母さんが)迎えに行ったんです。そしたら(保育園の職員が)『きょうは冬生さん休みですよ』と、『お父さん 冬生がおらん』と言われ『そんなバカなことあるか、冗談言いよんやろ』と」 バスの職員から連絡を受け、保育園側が探したところ、バスの中でぐったりした冬生ちゃんを発見。搬送先の病院で死亡が確認されました。送迎バスには運転手の園長のほかに、保育園の職員は乗っていませんでした。 保育園側が開いた保護者説明会。