これから出現する変異株にも効果が...「大麻」由来の「予防薬」の研究進む

<大麻草の成分が新型コロナウイルスの感染防止に効果ありとの研究結果を、米オレゴン...

新型コロナ, 感染予防

2022/01/27 13:50:00

これから出現する変異株にも効果が──「大麻」由来の「予防薬」の研究進む 大麻草の成分が 新型コロナ ウイルスの感染防止に効果ありとの研究結果を、米オレゴン州立大などのチームが発表 新型コロナ 感染予防 研究

<大麻草の成分が 新型コロナ ウイルスの感染防止に効果ありとの研究結果を、米オレゴン...

オレゴン州立大学とオレゴン健康科学大学の研究者から成る研究チームはこの論文で「カンナビゲロール酸(CBGA)とカンナビジオール酸(CBDA)が上皮細胞の感染を防ぎ......生きた新型コロナウイルスが細胞に侵入するのを阻止した」と報告した。CBGAとCBDAはウイルスのスパイクタンパク質と結合することで、その侵入を阻んだという。どちらも大麻草に含まれる一般的な化合物で、大麻製品に使用される。「同じ大麻の成分でも、CBGAとCBDAは向精神薬テトラヒドロカンナビノールのような規制薬物ではない」と、研究を統括したオレゴン州立大学のリチャード・バンブリーメン教授は説明する。「飲み薬として使用でき、安全性も全く問題ない」

実験はアルファ株とベータ株を用いて行われ、2つの化合物はどちらにも同等の感染防止効果を上げた。「ウイルスの変異がCBDAとCBGAの有効性に及ぼす影響は極めて少ないことをデータは示しており、この傾向が既存の、そして今後出現する変異株に対しても続くことが期待される」と、論文にはある。

続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

フィリピン大統領選 元大統領の長男マルコス氏 大差で勝利 | NHK

【NHK】9日、投票が行われたフィリピンの大統領選挙で、故マルコス元大統領の長男、フェルディナンド・マルコス氏が、ほかの候補に大差… 続きを読む >>

大麻が新型コロナウイルスへの感染を防いでくれるかもしれない。学術誌ジャーナル・オブ・ナチュラル・プロダクツに先頃発表された論文によれば、大麻から感染の「予防薬」を作れる可能性があるという。 オレゴン州立大学とオレゴン健康科学大学の研究者から成る研究チームはこの論文で「カンナビゲロール酸(CBGA)とカンナビジオール酸(CBDA)が上皮細胞の感染を防ぎ......生きた新型コロナウイルスが細胞に侵入するのを阻止した」と報告した。 CBGAとCBDAはウイルスのスパイクタンパク質と結合することで、その侵入を阻んだという。どちらも大麻草に含まれる一般的な化合物で、大麻製品に使用される。 「同じ大麻の成分でも、CBGAとCBDAは向精神薬テトラヒドロカンナビノールのような規制薬物ではない」と、研究を統括したオレゴン州立大学のリチャード・バンブリーメン教授は説明する。「飲み薬として使用でき、安全性も全く問題ない」 実験はアルファ株とベータ株を用いて行われ、2つの化合物はどちらにも同等の感染防止効果を上げた。「ウイルスの変異がCBDAとCBGAの有効性に及ぼす影響は極めて少ないことをデータは示しており、この傾向が既存の、そして今後出現する変異株に対しても続くことが期待される」と、論文にはある。 ただし大麻のみでは効果がなく、適切なワクチン接種との併用が必須。また現時点で有効と考えられる対象は実験で用いた高濃度のウイルス芽胞であり、少量のウイルスへの効果は未知数だ。