『トップガン』影響、米海軍で「ヘルメットにコールサイン」風習根付く | THE RIVER

2022/05/31 2:01:00

続編デザイナーが語る

トップガン, トップガン胸熱

トップガン 』影響、米海軍で「ヘルメットにコールサイン」風習根付く 『 トップガン マーヴェリック』デザイナー、ヘルメットへのこだわりを語る 「たくさんのストーリーがある」 トップガン トップガン 胸熱 トムクルーズ

続編デザイナーが語る

1作目でトニーが考えたアイデアだったんです。今ではみんながそうしていますが」と語っている。“トニー”とは言わずもがな、『トップガン』でメガホンを取ったトニー・スコット監督。そもそも、公開当時まだ世界的にさほど認知されていなかったトップガンの名前を一躍知らしめるきっかけを作ったものこそ本作だが、これに留まらず、パイロットのいちファッションにまで影響を与えてしまったというから驚きだ。ヒンドルは『トップガン マーヴェリック』の製作過程でも、ヘルメットのペイントには重きを置いた。「ヘルメット一つひとつには、たくさんのストーリーがあります」とヒンドル。「ハングマンには小さな絞首刑執行人(hangman)のグラフィックがデザインがありますし、ルースターにも彼独自のデザインがあります」と説明する。また、ヒンドルがペイントにこだわりを持っていたのは、即座に何度もカメラが切り替わるドッグファイトシーンでも、パイロット一人ひとりが「誰かひと目で分かる」ようにするためでもあったという。

続きを読む:
THE RIVER »

大谷翔平 5回1失点で史上初のダブル規定到達も最終戦黒星 15勝9敗、防御率2・33で終了 - MLB : 日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(28)が、近代メジャー史上初の「ダブル規定到達」を達成し、今季のマウンドを締めた。シーズン最終戦のアスレチックス戦に「3番投手兼DH」… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

higemother さっきZIPでトムさんが、「CG一切無し」って言ってて それ聞いた私はもう一度見に行きたくなりました

【ネタバレ】『トップガン マーヴェリック』メグ・ライアン◯◯、プロデューサーが理由語る | THE RIVER【ネタバレ】『 トップガン マーヴェリック』メグ・ライアン◯◯、プロデューサーが理由語る 来日の際、直接お聞きしました。 トップガン マーヴェリック

【ネタバレ】『トップガン マーヴェリック』◯◯シーンが1作目と同じ理由とは? ─ 「気づいてもらえたら」と監督 | THE RIVER【ネタバレ】『 トップガン マーヴェリック』◯◯シーンが1作目と同じ理由とは? 「気づいてもらえたら」と ジョセフ・コシンスキー 監督。 演出の意図を語る トップガン トップガン 胸熱

【ネタバレ】『トップガン マーヴェリック』「もう二度とできない」危険な撮影とは? ─ ジョセフ・コシンスキー監督が語る | THE RIVER【ネタバレ】『 トップガン マーヴェリック』「もう二度とできない」危険な撮影とは? ジョセフ・コシンスキー 監督が語る✈✈✈ トップガン マーヴェリック トム・クルーズ

【ネタバレ】『トップガン マーヴェリック』◯◯のシャーロットについて、監督が意図を説明 | THE RIVER【ネタバレ】『 トップガン マーヴェリック』◯◯のシャーロットについて ジョセフ・コシンスキー監督が意図を説明。 トム・クルーズ トムクルーズ トップガン トップガン 胸熱

『トップガン マーヴェリック』ハングマン役を演じた俳優グレン・パウエルの軌跡 ─ デンゼル・ワシントンとトム・クルーズから後押し、グース息子役の候補にも | THE RIVER トップガン マーヴェリック』ハングマン役を演じた俳優グレン・パウエルの軌跡🔥 デンゼル・ワシントンと トム・クルーズ から後押し、グースの息子役の候補にも✈✈✈ トップガン マーヴェリック トップガン グレン・パウエル ハングマン

『トップガン マーヴェリック』若手パイロット役、大プレッシャーを『スター・ウォーズ』に例えて表現 | THE RIVER トップガン マーヴェリック』若手パイロット役、大プレッシャーを『スター・ウォーズ』に例えて表現 トップガン マーヴェリック スターウォーズ

で語るのが、『トップガン マーヴェリック』でプロダクションデザインを担当したジェレミー・ヒンドル。その風習とは、ヘルメットにコールサインをペイントするというもの。コクピット内のパイロットたちのアップショットが多用された劇中でも存在感を放っていたヘルメットのペイントだが、ヒンドルは「 1作目でトニーが考えたアイデアだったんです。今ではみんながそうしていますが 」と語っている。 “トニー”とは言わずもがな、『トップガン』でメガホンを取ったトニー・スコット監督。そもそも、公開当時まだ世界的にさほど認知されていなかったトップガンの名前を一躍知らしめるきっかけを作ったものこそ本作だが、これに留まらず、パイロットのいちファッションにまで影響を与えてしまったというから驚きだ。 ヒンドルは『トップガン マーヴェリック』の製作過程でも、ヘルメットのペイントには重きを置いた。「ヘルメット一つひとつには、たくさんのストーリーがあります」とヒンドル。「ハングマンには小さな絞首刑執行人(hangman)のグラフィックがデザインがありますし、ルースターにも彼独自のデザインがあります」と説明する。また、ヒンドルがペイントにこだわりを持っていたのは、即座に何度もカメラが切り替わるドッグファイトシーンでも、パイロット一人ひとりが「誰かひと目で分かる」ようにするためでもあったという。 ちなみに、実際のパイロットではなくても、自分だけのコールサインががペイントされたヘルメットをゲットすることは一応できる。『トップガン マーヴェリック』公開を記念して開設されたコールサイン診断サイト .【ネタバレ】『トップガン マーヴェリック』メグ・ライアン◯◯、プロデューサーが理由語る (C) 2022 Paramount Pictures Corporation.』では、36年前に公開された前作『トップガン』(1986)へのオマージュがたっぷり詰め込まれているが、とあるシーンでは演出が全く同じということに ── 特に往年のファンは── 気づいたはずだ。ジョセフ・コシンスキー監督は、その意図について説明している。 この記事には、『トップガン マーヴェリック』のネタバレが含まれています。.【ネタバレ】『トップガン マーヴェリック』「もう二度とできない」危険な撮影とは? ─ ジョセフ・コシンスキー監督が語る (C) 2022 Paramount Pictures Corporation.