「全電動航空機の世界最速」はいかほど? ロールス・ロイス機が記録塗り替える | 乗りものニュース

電気でこれはスゴイかも!

飛行機, 電動航空機

2022/01/27 4:13:00

電気でこれはスゴイかも! 【「全 電動航空機 の世界最速」はいかほど? ロールス・ロイス 機が記録塗り替える】

電気でこれはスゴイかも!

2021年11月16日、同機は3kmにわたって時速555.9km/hで飛行。これは、従来の最高速度記録を213.04km/h上回るものといいます。またイギリス政府が支援する ACCEL(飛行電動化加速/Accelerating the Electrification of Flight)プロジェクトの一環である同機は、世界記録に挑戦する今回の飛行中に、瞬間最高速度623km/hを達成し、世界最速の全電動航空機となりました。「スピリット・オブ・イノベーション」は、500馬力以上(400KW)の電動パワートレインと、航空機用としては最も高密度のバッテリーパックを搭載。今回の世界記録達成は、技術的な成果であると同時に、次世代全電動アーバンエアモビリティ(日本では「空飛ぶクルマ」とも)やハイブリッドのコミューター航空機向け電動システムや推進システム開発の重要なデータももたらしたとしています。

なお、ロールス・ロイス社によると「スピリット・オブ・イノベーション」は、高度3000mへの上昇時間においても、これまでの最速記録を60秒上回る202秒を達成したとのこと。こちらについては現在「3つ目の世界記録」となるか検証中とのことです。

続きを読む: 乗りものニュース »

エンゼルス大谷翔平の次戦出場は不透明、菊池雄星との対決は「これから判断する」マドン監督 - MLB : 日刊スポーツ

「スター・ウォーズ・ナイト」の主役が、接戦のクライマックスで登場した。エンゼルス大谷翔平投手(27)が、27日(日本時間28日)のブルージェイズ戦で1点を追う… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

ANA北米線、なぜ羽田→成田に? ANAグループ来期輸送計画 国内線はコロナ禍前水準へ | 乗りものニュース2社合同で策定したのは、今回が初とのことです。 【ANA北米線、なぜ羽田→成田に? ANAグループ来期輸送計画 国内線はコロナ禍前水準へ】

日立がサウジで「大学構内の鉄道」運用保守を受注 世界最大の女子大 とんでもない規模! | 乗りものニュース国営で学費も住居も無料なんだとか……。 【日立がサウジで「大学構内の鉄道」運用保守を受注 世界最大の女子大 とんでもない規模!】

京都市バス急行系統&深夜バス消滅へ 一部は民間と共同運行に コスト減図る | 乗りものニュース「ほかの系統を御利用いただいても十分御乗車いただけるため」だそう。 【京都市バス急行系統&深夜バス消滅へ 一部は民間と共同運行に コスト減図る】 知恩院三門前等既存バスでは行けない場所を結ぶ岡崎ループ休止は「他の系統」でどう「ご利用」するのか? 歩けとでも? 十分ご利用出来ないんですが

その名も「ミカン下北」下北沢駅の新高架下施設 3月開業 アクセス道路も整備 | 乗りものニュースなんかほっこりする名前www 【その名も「ミカン下北」下北沢駅の新高架下施設 3月開業 アクセス道路も整備】

新幹線N700S普通車座席モケットでビーズクッション作りました 「のぞみ」30周年記念 | 乗りものニュース駅ホームにある「列番表示器」もポイントです! 【新幹線N700S普通車座席モケットでビーズクッション作りました 「のぞみ」30周年記念】

“ヤマトの貨物機”に何かを思い出す人続出 美容液のチューブ似? 「魔女も乗ってそう」 | 乗りものニュース「メラノCC」…仕入れてみたら似すぎてワロタ。 【“ヤマトの貨物機”に何かを思い出す人続出 美容液のチューブ似? 「魔女も乗ってそう」】

全電動飛行機「スピリット・オブ・イノベーション」(画像:ロールス・ロイス社)。 2021年11月16日、同機は3kmにわたって時速555.9km/hで飛行。これは、従来の最高速度記録を213.04km/h上回るものといいます。またイギリス政府が支援する ACCEL(飛行電動化加速/Accelerating the Electrification of Flight)プロジェクトの一環である同機は、世界記録に挑戦する今回の飛行中に、瞬間最高速度623km/hを達成し、世界最速の全電動航空機となりました。 「スピリット・オブ・イノベーション」は、500馬力以上(400KW)の電動パワートレインと、航空機用としては最も高密度のバッテリーパックを搭載。今回の世界記録達成は、技術的な成果であると同時に、次世代全電動アーバンエアモビリティ(日本では「空飛ぶクルマ」とも)やハイブリッドのコミューター航空機向け電動システムや推進システム開発の重要なデータももたらしたとしています。 なお、ロールス・ロイス社によると「スピリット・オブ・イノベーション」は、高度3000mへの上昇時間においても、これまでの最速記録を60秒上回る202秒を達成したとのこと。こちらについては現在「3つ目の世界記録」となるか検証中とのことです。 【了】