「人は魅力的な食べ物の誘惑から逃れるためならいくらまで支払うのか?」を調べる実験が行われる

「人は魅力的な食べ物の誘惑から逃れるためならいくらまで支払うのか?」を調べる実験が行われる

2021/10/23 15:00:00

「人は魅力的な食べ物の誘惑から逃れるためならいくらまで支払うのか?」を調べる実験が行われる

目の前にあるおいしそうな食べ物の誘惑に勝てず、つい食べてしまった経験がある人は多いはず。甘いお菓子が子どもの自制心をテストするマシュマロ実験に用いられるように、食べ物への欲求と自制心の間には深い関係があります。そんな自制心と食べ物の関係を調べた研究により、「人は食べ物を我慢することをどのくらいのコストと考えるのか?」が確かめられました。

そこで、ニューヨーク大学グロスマン医学部精神科のキャンディス・ライオ助教授らの研究チームは、ダイエットをしている人を集めてさまざまな状況に置き、その上で「魅力的な食べ物の誘惑から逃れるためにいくらの費用を支払うか」を測定する実験を行いました。実験は、「自制心のコスト」を定量化する手法を確立することを目指して実施されたとのこと。実験の結果、被験者からは「チョコレートブラウニーなどの魅力的な食べ物を30分間目の前にして我慢するくらいなら、10ドル(約1100円)を払う」との報告が得られました。また、被験者がストレスを感じている時や、魅力的な食べ物を食べないようにするための動機付けが与えられている時には、自制心のコストが増大することも分かりました。

マンダム スプレー108万本を自主回収へ 子どもに健康被害 | NHKニュース 伊藤かずえさんの「シーマ」レストア後の姿お披露目 「サーキットで走ってみたい!」 - ライブドアニュース JR東、30年ごろまでのワンマン運転検討 - ライブドアニュース

全体として、被験者が自制心を試されることを避けるために支払うお金は、目の前の食べ物が被験者にとって魅力的であればあるほど高くなる傾向が見られたとのこと。研究チームは、自制心のコストの増大には、魅力に抵抗することへの拒否感が反映されているのではないかと考えています。今回の研究結果について、ライオ氏は「自制心の欠如は私たち人間が日々直面している問題ですが、その背景にある認知プロセスや、我慢を回避するためにどのような行動を取るかについては、ほとんど解明されていませんでした。今回の研究では、人々が自制心の試練から逃れるために支払える金額はいくらかを測定するとともに、その決定が誘惑の強さや動機付け、ストレスなどによってどのような影響を受けるかを測定することができました」と話しました。

また、論文の共著者であるニューヨーク大学のポール・グリムチャー氏は、この研究の意義について「今回のアプローチにより、その時々で変動する『自制心のコスト』を指標にして、心理学・経済学・医療政策の研究に役立てることができるようになります」と述べました。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

愛子さま 成年行事 ティアラや白いドレス姿 祝意に笑顔で一礼 | NHKニュース

【NHK】今月1日に20歳になった天皇皇后両陛下の長女の愛子さまは、5日、皇居で成年の行事に臨み、報道陣からの祝意に「ありがとうご…