Hyundai、FIFA World Cup 2022™ 期間中11月24日(木)より 「FIFA World Cup 2022™応援試乗キャンペーン」開催

2022/11/22 11:48:00

Hyundai、FIFA World Cup 2022™ 期間中11月24日(木)より 「FIFA World Cup 2022™応援試乗キャンペーン」開催

Hyundai、FIFA World Cup 2022™ 期間中11月24日(木)より 「FIFA World Cup 2022™応援試乗キャンペーン」開催

Hyundai Mobility Japan 株式会社のプレスリリース(2022年11月22日 17時10分)Hyundai、FIFA World Cup 2022(TM) 期間中11月24日(木)より [FIFA World Cup 2022(TM)応援試乗キャンペーン]開催

素材をダウンロード リンクをコピー Hyundai Mobility Japan 株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、代表取締役社長:趙 源祥、以下Hyundai)はFIFA World Cup 2022™の開幕したことを受け、2022年11月24日(木)~12月19日(月)の期間で「FIFA World Cup 2022™応援試乗キャンペーン」を開催します。 Hyundai Motor Companyは、FIFA World Cup 2022™の公式自動車パートナーを務めています。今回2022年ワールドカップ開催を迎え、「Goal of the Century(世紀のゴール)」プロジェクトを開始しました。 「Goal of the Century」はサッカーチームの選手がゴールのためにワンチームで努力するように、すべての人が持続可能な世界という一つの大きい目標に向かって一緒に進むことを目的としたプロジェクトです。サッカー、音楽、アート、写真、ファッション分野の影響力のあるアンバサダーで構成された"Team Century"と一緒に、持続可能な一つの世界を実現するための取り組みを行います。 今回「Goal of the Century」の一環として開催する、「FIFA World Cup 2022™応援試乗キャンペーン」では、Hyundaiの施設*でEV「IONIQ 5」とFCEV「NEXO」に試乗することで、「Goal of the Century」の一員であるジェレミー・スコット氏がデザインした「Goal of the Century サステナブル ジャージ」を抽選で20名様にプレゼントします。また各試乗拠点先着で100名様に「Goal of the Century オリジナルステッカーセット」を配布します。 ぜひこの機会に、持続可能な世界の実現を目指すHyundaiの革新的なモビリティライフをご体感ください。 <FIFA World Cup 2022™ 試乗して応援キャンペーン 概要> ■キャンペーンページ: ■キャンペーン名称 :FIFA World Cup 2022™応援試乗キャンペーン ■キャンペーン期間 :2022年11月24日(木)~12月19日(月) ■プレゼント内容 :Goal of the Century サステナブル ジャージ(抽選で20名様) Goal of the Century オリジナルステッカーセット(各拠点先着100名様) ■ 試乗可能拠点: ・Hyundai Customer Experience Center 横浜(神奈川県横浜市港北区北新横浜2丁目2-1) ・Hyundai Mobility Lounge 丸の内(東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング内) ・Hyundai Citystore 福岡(福岡県糟屋郡粕屋町酒殿字老ノ木192-1 イオンモール福岡ノースモール1階) ・Hyundai Citystore 名古屋(愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1 オートプラネット名古屋内) ■参加方法:.イングランド、ウェールズ、ベルギー、デンマーク、ドイツ、オランダ、スイスのサッカー連盟は共同声明で、「FIFAは、われわれのチームの主将がフィールドでこの腕章を着用した場合、スポーツ制裁を科す意向を明示している」と説明。「選手たちを、処分を含むスポーツ制裁を受けるような状況に置くことはできない。よって、各主将にはサッカーW杯で腕章を着用しないように指示した」と述べた。 FIFAの規定では、同連盟によって承認されていない衣服を着用した選手にはイエローカードが出される可能性がある。2枚目のイエローカードを提示された選手は退場処分となる。.欧州の各チームは、同性愛が違法とされるカタールでLGBTQ(性的少数者)への扱いが問題になっていることを受け、多様性と包括性を推進する「OneLove」活動を開始し、虹色のキャプテンマークを試合で着用することを決めた。 これに対してFIFAは19日、全チームの主将に対して「Football unites the world」や国連( )が推進する「Share the meal」活動など、別の社会的メッセージを伝える腕章を着けることを求めた。 それでもドイツ主将のマヌエル・ノイアー(.)について、開催国カタールの人権問題に対する西側諸国の批判を「偽善」と呼び、同国でのW杯開催を強く擁護した。 今回のW杯は、カタールの移民労働者や女性、LGBTQ(性的少数者)への扱いに対する懸念が開幕前の話題を独占してきた。主催者のいら立ちは明らかで、カタール側は自国が「人種差別」や「ダブルスタンダード(二重基準)」の標的になってきたと反論し、地域で画期的と称賛される労働条件、安全面の改革を実行してきたと主張している。 ドーハで記者会見に臨んだインファンティーノ会長は、批判に対して「今回のモラルに関する一方的な手ほどきは、まったくの偽善だ」と手厳しい言葉を使い、「現在の状況は極めて不当だ」と話した。 ビールの販売も開幕前の大きな話題となっている。アルコール摂取を厳しく禁じるイスラム教国のカタールは、開幕わずか2日前の18日に方針を一転させ、会場周辺でのビールの販売を禁止した。.

続きを読む:
PR TIMESライフスタイル »
Loading news...
Failed to load news.

欧州各チーム、LGBT支持の腕章着用を断念 カタールW杯【11月22日 AFP】W杯カタール大会(2022 World Cup)に出場するイングランドやドイツなど欧州7チームは21日、国際サッカー連盟(FIFA)から処分を警告されたことを理由に、LGBTなど性的少数者の権利を訴える虹色の腕章の着用を断念したと表明した。 中東でやるのは自殺行為。 価値観の全く違う土地でこういうのを押し付けるのであれば覚悟した方が良い。

独などが反差別の腕章着用へ FIFAと衝突の可能性 カタールW杯【11月20日 AFP】20日に開幕するサッカーW杯カタール大会(2022 World Cup)で、「OneLove」のメッセージと虹色のマークが入った腕章を着けようとする欧州のチームと、代わりに別の社会活動を支持する腕章を提案する国際サッカー連盟(FIFA)との間で、衝突が起こる可能性が生じている。 やってる国を失格にすりゃいいじゃん 国によって文化、宗教観が違うわけだし自分の国は同性愛者を認めてるからお前の国もそうしろは間違ってる。 てかこれを認めたら日本も死刑廃止だの捕鯨禁止だの好き放題言われてしまう。 言っちゃあ悪いが、世界的に優秀とされるスポーツ選手はそのスポーツの卓越した素晴らしさが故に人々から応援されているわけで、その基礎である自らの身を置くスポーツで他の要素をあれやこれや言い出すことはいかがなものか。他の機会に意見すればいい。

西側の主張は「偽善」 FIFA会長がカタールW杯批判に反論【11月20日 AFP】国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長が19日、開幕目前となったW杯(2022 World Cup)について、開催国カタールの人権問題に対する西側諸国の批判を「偽善」と呼び、同国でのW杯開催を強く擁護した。 平気で、時代はEVとか言っちゃうからね

イングランド代表がW杯で膝つき サウスゲイト監督が表明【11月21日 AFP】サッカーイングランド代表のギャレス・サウスゲイト(Gareth Southgate)監督は20日、強い「包括性」のメッセージを発するため、W杯カタール大会(2022 World Cup)でチームは試合前に膝をつくと明かした。 独などが反差別の腕章着用へ FIFAと衝突の可能性 カタールW杯

カタールW杯開幕戦、試合途中に多くのファンが席を後に【11月21日 AFP】20日に行われたサッカーW杯カタール大会(2022 World Cup)開幕戦のカタール対エクアドルの試合では、開催国が0-2と追いかける展開となる中、試合終了を待たずに多くのファンが席を後にした。

カイセドにムシアラ、W杯でブレーク必至の若手6人カイセドにムシアラ、W杯でブレーク必至の若手6人 FIFAWorldCup Qatar2022 WorldCup2022 ワールドカップ W杯カタール大会