<0カ月からの育児塾>赤ちゃんとの関わり方 生活リズム、産前に下調べを 泣いたらすぐ抱っこ、耳傾けて:北海道新聞 どうしん電子版

2022/11/28 6:00:00

赤ちゃんとのかかわり方👶 5つのポイントって❓ 生活リズムや抱っこも大事ですが、育児する側の心と体のケアも欠かせません👩‍🍼🧑‍🍼 記事👉 <0カ月からの育児塾>

赤ちゃんとのかかわり方👶 5つのポイントって❓ 生活リズムや抱っこも大事ですが、育児する側の心と体のケアも欠かせません👩‍🍼🧑‍🍼 記事👉 <0カ月からの育児塾>

育児のノウハウを、北海道助産師会会長の高室典子さん(札幌)に聞く「0カ月からの育児塾」。これまでは実技中心でしたが、連載2年目を迎え、今回からは育児をする人の心と体のケアや、周囲の支援方法をテーマに...

<0カ月からの育児塾>赤ちゃんとの関わり方 生活リズム、産前に下調べを 泣いたらすぐ抱っこ、耳傾けて 11/25 05:00 育児のノウハウを、北海道助産師会会長の高室典子さん(札幌)に聞く「0カ月からの育児塾」。これまでは実技中心でしたが、連載2年目を迎え、今回からは育児をする人の心と体のケアや、周囲の支援方法をテーマに進めていきたいと思います。 今回は、初めての赤ちゃんとの関わり方です。伝えたい「五つのポイント」があります。 残り:.【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部(小樽)と道警は26日午前、知床半島先端に近い沿岸部で集中捜索を始めた。潜水士ら8人が文吉港や啓吉湾付近の海岸を捜索する。 残り:.▽1963年4月5日夕刊6面=「よくぞ戦った 北海健児*頼みの逆転ならず 拙攻で先制機つぶす」 【甲子園】北海か下関商か。第三十五回選抜高校野球大会は六日、甲子園球場で最終日を迎え、道民の期待をになう名門北海高と古豪下関商の間で優勝が争われた。奇跡的な逆転劇を演じて勝ち残った北海高ナインは静かな一夜をあかして深々と朝の空気をすいこんだ。紫紺の大優勝旗を目前にして、そのひとりひとりの顔には道産子の意地と根性がみなぎっていた。 高校球児が憧れる「甲子園」で春夏通じて北海道勢として初めて決勝に進んだのは、北海高(豊平区)だった。この日の夕刊7面は第35回選抜大会の決勝で古豪・下関商業高(山口県)に敗れ、準優勝した「北海ナイン」を「よくぞ戦った」とたたえた。 決勝当日は札幌を「興奮のウズ」に巻き込み、「家庭でも、職場でも、街頭でも、市民の目と耳が、テレビとラジオに集中」。期待が大きかっただけに、北海高が0―10で敗退すると、唇をかみしめ「テレビの前から立ち去ろうともしない市民も多かった」。 その後、冬期間に土の上で練習できない雪国のハンディなどで長く「優勝旗」に手が届かなかった北海道勢だが、駒大苫小牧高が2004年、05年に夏の大会を連覇。北海高は、夏が全国最多の39回、春は13回の出場を重ね、16年の夏の大会でも準優勝した。 ◇.<四島よ私たちの願い 日ロ交渉停止>19 逆境でも伝え続けていく 千島連盟別海町支部の事務局長・秋庭優子さん(64)=別海町= 11/26 11:18 「時間がたって元島民も少なくなっていく。組織に新しい風を入れるにはどうすればいいのか」。千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)別海町支部の事務局長、秋庭優子さん(64)は、思いを巡らせている。 ビザなし交流開始翌年の1993年に前任者から声をかけられ、支部の相談員の職を預かった。「あまり深く考えずに引き受けたんですよ」。町内出身で、両親も島で暮らしたことはない。千島連盟の支部では珍しい、島民関係者ではないスタッフだ。 残り:.

続きを読む:
北海道新聞 »
Loading news...
Failed to load news.

知床の観光船事故、1管と道警が集中捜索 潜水士1カ月ぶり投入:北海道新聞 どうしん電子版【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部(小樽)と道警は26日午前、知床半島先端に近い沿岸部で集中捜索を始めた。潜水士ら...

<札幌アーカイブス1922-2022>㊵ センバツで北海準V(1963年4月5日夕刊6面):北海道新聞 どうしん電子版▽1963年4月5日夕刊6面=「よくぞ戦った 北海健児*頼みの逆転ならず 拙攻で先制機つぶす」 【甲子園】北海か下関商か。第三十五回選抜高校野球大会は六日、甲子園球場で最終日を迎え、道民の期...

<四島よ私たちの願い 日ロ交渉停止>19 逆境でも伝え続けていく 千島連盟別海町支部の事務局長・秋庭優子さん(64)=別海町=:北海道新聞 どうしん電子版「時間がたって元島民も少なくなっていく。組織に新しい風を入れるにはどうすればいいのか」。千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)別海町支部の事務局長、秋庭優子さん(64)は、思いを巡らせている。 ビザ...

中国、コロナ規制に抗議続出 デモ発生、習指導部逆風:北海道新聞 どうしん電子版【北京共同】中国で新型コロナウイルスの感染者が増加し外出規制が強まる中、住民らの抗議が26日までに各地で広がった。インターネットの交流サイト(SNS)では、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で群衆がデモ活...

おみくじもサムライブルー 日本代表の躍進後押し:北海道新聞 どうしん電子版サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の開催に合わせ、福岡県太宰府市の太宰府天満宮では、おみくじの色を日本代表の「サムライブルー」に変え、チームの躍進を後押ししている。 2006年のドイツ...

貨物列車、音だけのドラマ 説明控えめ、異色の5分番組:北海道新聞 どうしん電子版「貨物列車から生まれる音のドラマ。今夜もあなたのまちで走り続けています」。日付が変わる少し前、しっとりしたナレーションに迫力ある走行音が続く。AIR―G'が月曜から金曜まで午後11時55分に放送する...