東京2020, Tokyo 2020, 陸上競技, 男 子 50km 競歩, 競歩, 川野将虎, 陸上, 東京オリンピック2020, 川野将虎, 五輪, オリンピック

東京2020, Tokyo 2020

50キロ競歩 川野将虎が日本勢最高の6位、アクシデントから失速 - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ

50キロ競歩 川野将虎が日本勢最高の6位、アクシデントから失速 #東京2020 #Tokyo2020 #陸上競技 #男子50km競歩 #競歩 #川野将虎

2021/08/06 3:33:00

50キロ競歩 川野将虎 が日本勢最高の6位、アクシデントから失速 東京2020 Tokyo2020 陸上競技 男子50km競歩 競歩 川野将虎

川野将虎 (22=旭化成)は3時間51分56秒で日本勢最高の6位だった。後半に入っても2番手集団につけていたが、気温が上昇して厳しいコンディションとなる中で吐き… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

川野将虎(22=旭化成)は3時間51分56秒で日本勢最高の6位だった。後半に入っても2番手集団につけていたが、気温が上昇して厳しいコンディションとなる中で吐き気を催したか、41キロ付近で倒れ込むアクシデント。それでも闘争心を失わずに2位集団に戻ったものの、失速した。前日に20キロで銀メダルを獲得した池田向希と同じ静岡県出身で、東洋大から旭化成に進んだ同級生。前日の同僚に続く快挙を目指したが、力尽きた。19年の全日本50キロ高畠大会で3時間36分45秒の日本新記録を樹立し、五輪代表切符をつかんだ。50キロ競歩が五輪で実施されるのは、今回が最後。大会前には「道なき道を切り開いてくださった先輩方がいて、今の自分がある。金メダルを目標に最後しっかりと調整していくことが今できる責務」と話していた。強い思いを胸にレースに挑んだ。メダル獲得とはならなかったが、懸命に歩き抜いた。

大相撲 横綱 白鵬 現役引退の意向固める 史上最多45回優勝 | NHKニュース セブン‐イレブン限定「生チョコアイス」ごろごろ感と贅沢なくちどけ - ライブドアニュース 『アイドリッシュセブン』3期・第2クール、来年放送開始 新規ビジュアル公開 - ライブドアニュース 続きを読む: 日刊スポーツ »

9/11から20年、世界はどう変わった 偏見や治安は - BBCニュース

あれから20年、世界はどのように変わったのか。イスラム教徒のおかれた状況や、空の旅の安全、文化への影響について考える。

陸上短距離陣総崩れ 400mリレーは大丈夫か - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ男子200メートルで日本は3人とも予選敗退となった。日本歴代2位の20秒08の自己ベストを持つサニブラウン・ハキーム(22=タンブルウィードTC)は21秒41… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

金井大旺が転倒、110m障害決勝進出ならず 今季終了後は歯科医師の道へ - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ陸上男子110メートル障害の金井大旺(25=ミズノ)が準決勝2組で転倒して、決勝進出を逃した。スタートで飛び出したが、中盤のハードルで足を引っかけて前のめりに… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

マラソン大迫傑「あとは自分の力を出せれば」8日、五輪が現役ラストレース - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ東京 オリンピック (五輪)男子マラソン代表の大迫傑(30=ナイキ)が4日、オンラインで取材対応し、8日のレースに向けて「順調で、充実した練習ができている。あとは… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

男子400mリレー決勝進出 桐生祥秀を第3走者に起用し6大会連続 - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ金メダルを期待されている男子400メートルリレーの日本は予選を通過し、6大会連続となる決勝進出を決めた。予選1組の38秒16で3着だった。日本は第1走者から多… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

男子400mリレー、米国が予選落ち 2組6着に終わる - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ19年世界選手権金メダルの陸上大国米国が、予選落ちした。2組に登場して38秒10の同組6着で敗退した。着順で決勝に進出する3着以内に入れず、タイム順で救われる… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

稲見萌寧6番イーグルで上位猛追 グリーン奥ラフから5メートル直接沈める - ゴルフ - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ稲見萌寧(22)が6番でイーグルを奪うなど、通算5アンダーとして上位を猛追している。首位に4打差の16位から発進して2番で初バーディーを奪うと、5番パー5でも… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)