衆院選「必ず投票」77%…読売世論調査 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査

衆院選「必ず投票」77%…読売世論調査 #選挙

選挙, 読売新聞社

2021/10/20 17:15:00

衆院選 「必ず投票」77%…読売世論調査 選挙

読売新聞社 衆院選 の序盤情勢を探るために実施した全国世論調査で、投票に「必ず行く」と答えた人は77%だった。 調査方法が異なるため、単純には比較できないが、前回2017年 衆院選 時の調査で「必ず行く」は69%。小選挙区選

調査方法が異なるため、単純には比較できないが、前回2017年衆院選時の調査で「必ず行く」は69%。小選挙区選の投票率は53・68%だった。今回調査の「必ず行く」を年代別にみると、最も高いのは70歳以上の80%。年代が下がるほど割合も下がり、18~29歳では62%だった。支持政党別では、自民支持層で79%、立憲民主支持層で83%、無党派層で66%だった。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

Insight(2022/05/10) - 日経チャンネルマーケッツ

マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。日経チャンネルマーケッツ 続きを読む >>

投票率77%超えって事? ないないないないw メディアの世論調査って…www 自民党自分で作った小選挙区詐欺にはまりそう。 第28回総選挙、昭和33年に執行された選挙が投票率76.99%だ。 この前電話かかってきて、ネットで回答したアンケートだ。必ず投票します👍🏻

[衆院選2021]暮らしの争点、介護・少子化・共生社会を考える : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査31日に投開票の 衆院選 。担い手不足が深刻になっている介護、新型コロナウイルスの感染拡大で加速した少子化への対応など、31日の投開票へ向け、安心して暮らせる社会の実現に向けた問題点を整理した。 Q 介護保険料の上昇が続く

「振り子現象」衆院選では顕著…強い「風」が吹けば、勝敗に大差も : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査2005年以降の過去5回の 衆院選 を振り返ると、第1党の議席率がすべて定数の6割を超え、いずれも大差で勝負がついている。勝敗が明確になるのは、各選挙区で当選者が1人の小選挙区制の特徴だ。 選挙の度に勝敗が大きく入れ替わる 大音量のスピーカーで走り回る候補者は今の環境を理解していないのでは? The straight path to Allah SWT, is the path walked by Prophet Muhammad SAW. Muhammad Qasim saw this in a dream, and he has seen many other events about the future of Muslim ummah. Many Muslims are claiming Muhammad Qasim to be Imam Al-Mahdi.

参加政党多い衆院選、計9党が公認候補…「ファーストの会」から擁立・前埼玉知事の新党結党は断念 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査今回の 衆院選 には、自民、立憲民主、公明、共産、日本維新の会、国民民主、れいわ新選組、社民、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の計9政党が公認候補を擁立して、選挙戦を戦う。 東京の地域政党・都民ファーストの会が

衆院選の女性候補は前回より少ない17・7%…政府目標は「25年までに35%」 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査 読売新聞社 の調べでは、今回の 衆院選 立候補者1051人のうち、女性候補者は186人で全体の17・70%だった。2017年の前回選と比べて23人少なく、割合も0・01ポイント下回った。 今回の 衆院選 は男女の候補者数の均等を

党首第一声をAIで可視化、浮かび上がる政治姿勢や政策の違い : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査 衆院選 の第一声で、各党党首が用いた言葉を分析すると、与野党とも主要争点の「コロナ」「経済」に何度も言及する一方、政治姿勢や重視する政策の違いが浮かび上がった。 演説で多く使われた言葉などを大きな文字で表示する手法を使い 6党だけか。残りもしてあげて。面白い予感がする。それとも、してあるけど掲載できないレベルだったとか?

比例名簿、単独候補の順位優遇で各党に特色 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月19日公示31日投開票 : 選挙・世論調査 衆院選 では、比例選候補の名簿順位に各党の特色が表れた。自民党は党内事情で比例選に回った前議員の大半を上位で優遇した。立憲民主、国民民主両党は単独候補を上位優遇しなかった。 公認争い優遇 自民党の比例単独候補59人のうち これは事実か?

読売新聞社が衆院選の序盤情勢を探るために実施した全国世論調査で、投票に「必ず行く」と答えた人は77%だった。 調査方法が異なるため、単純には比較できないが、前回2017年衆院選時の調査で「必ず行く」は69%。小選挙区選の投票率は53・68%だった。 今回調査の「必ず行く」を年代別にみると、最も高いのは70歳以上の80%。年代が下がるほど割合も下がり、18~29歳では62%だった。支持政党別では、自民支持層で79%、立憲民主支持層で83%、無党派層で66%だった。 衆院選に「関心がある」は、「大いに」59%と「多少は」32%をあわせて計91%だった。「大いに関心がある」との回答を年代別にみると、70歳以上の63%が最も高かったのに対し、18~29歳では47%となり、若年層ほど低い傾向がみられた。