衆議院選挙注目選挙区 一騎打ち“背水の陣”対決 大分2区 | NHK政治マガジン

一騎打ち“背水の陣”対決 大分2区 衆院選 注目選挙区 自民党の選挙区での議席獲得が続く中、社民党が比例代表での復活当選で議席を確保してきた「社民の牙城」。 今回は、自民の大ベテランvs立民から初立候補の前議員対決。

2021/10/28 14:31:00

一騎打ち“背水の陣”対決 大分2区 衆院選 注目選挙区 自民党の選挙区での議席獲得が続く中、社民党が比例代表での復活当選で議席を確保してきた「社民の牙城」。 今回は、自民の大ベテランvs立民から初立候補の前議員対決。

投票日が10月31日に迫った衆議院選挙。各地の注目区のルポ、4回目は与野党候補の一騎打ち。自民党の大ベテランと、社民党を離党し、立憲民主党に加わった前議員がともに背水の陣で臨む「大分2区」だ。(志賀祥吾、中野碧)大分2区は“社民の牙城”大分2区は、九州北部豪雨...

小選挙区制度になってからは、自民党に敗れることが続き、選挙区での議席獲得は政権交代した2009年の選挙の1度だけ。社民党の国会議員が減少する中、それでも、比例代表での復活当選で議席を確保してきた。「社民の牙城」というのはこんな経緯だ。自民の大ベテランvs立民から初立候補 前議員対決この大分2区に立候補したのが、届け出順に、自民党の前議員で、公明党が推薦する衛藤征士郎(80)、立憲民主党の前議員で、国民民主党県連と社民党県連合が支持する吉川元(55)の2人。衛藤は地元・玖珠町の町長を2期務めたあと、参議院議員となり、その後、衆議院に鞍替えして、当選を重ねてきた。その当選回数は12回、大ベテランだ。村山内閣では防衛庁長官を、野党時代には衆議院の副議長を務めた。

対する吉川は香川県出身。2012年、元社民党幹事長の重野安正の後継として立候補し、これまでの当選3回はすべて比例復活だ。去年、社民党が事実上分裂した際に離党し、立憲民主党に合流。今回が立憲民主党の前議員として初めての選挙戦となる。 続きを読む: NHKニュース »

大丈夫だよ……セラピー犬がワクチン接種する子供を安心させ 米カリフォルニア州 - BBCニュース

犬の「オリー」は6歳のゴールデンドゥードル。新型コロナウイルスワクチンを受ける子供たちを安心させることが、彼の大事なお仕事だ。

立憲民主党だけなぜオリジナルマスクしてるの? なぜ Dappi の報道しないのですか? まさか 自民党 からの口封じ?? くれぐれも選挙が終わった後に軽々しく報道しないでくださいね!! ネトウヨDappiの正体を追え テレビは投票日前に報道を Dappiの報道まだですか Dappiを信じるネトウヨがキモい Dappiをかばう海乱鬼がキモい もっとテレビで衆院選取り上げてください。 比例制度のせいで国民の意思が壊されてる… 「娘と連絡がつかない」…ファイザー接種女子大生、19日後に死亡=韓国 10/14(木) 15:16配信 副反応疑い報告:コロナワクチン接種後の死亡者数が 1312人に。 資料1-3-1 新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要 (ファイザー) 資料1-3-2 (モデルナ) ファイザー+モデルナ 1,268+44=1312

資料1-1-1 コロナワクチン副反応疑い報告状況 7.症状別報告件数 P20より。 味覚減退(味覚減退) :1 味覚消失(味覚消失) :2 味覚障害(味覚障害) :27 味覚不全(味覚不全) :6 嗅覚錯誤(嗅覚錯誤) :5 副反応疑い報告状況 【コロナワクチン】 P19より。 脳梗塞(脳梗塞) :240 脳出血(脳出血) :95 脳炎・脳症(脳症) :23 資料1-1-1 副反応疑い報告状況 P18より。 顔面神経麻痺(顔面麻痺) :105 起立障害(起立障害) :57 傾眠(傾眠) :129 資料1-1-1 衛藤征士郎氏は、もういいお年だし、引退するべきだと思いますがねぇ。地元にゃ、何の功績も無いし…🤔

衆議院選挙注目選挙区 “名門”対決の行方は 長野3区 | NHK政治マガジン長野県から出た唯一の総理大臣、羽田孜。衆議院選挙で、その羽田の選挙区が、長野県東部、戦国武将・真田氏の城跡で知られる上田市などを含む長野3区だ。ただ、この選挙区には「羽田家」とともに、もう1つ、歴史を歩んできた“名門”の一族がある。元官房長官の井出一太郎らを輩出し... コロナでの長期的かつ膨大な犠牲は、適切な政策をした結果ではなく、「感染拡大しても政権へのダメージはないよ」と幹部が言ってしまうような自民党の国民をなめ切った、利権優先非科学的腐敗政治の結果であることを忘れてはならない。 自民の歴史に残る大敗を実現したい もう終わりでいいだろ自民党 NHKへ 台湾問題 国連の裁定に委ねる。 欧米だけが国家ではない。 バードマン(最小王) 政党間を渡り歩く政治家は信用できません。