がん

がん

虫に寄生する殺虫キノコ、漢方生薬「冬虫夏草」の成分を用いた抗がん剤が開発される

<漢方の生薬「冬虫夏草」の含有成分「コルジセピン」由来の抗がん剤が開発された> ...

2021/10/17 4:00:00

虫に寄生する殺虫キノコ、漢方生薬「冬虫夏草」の成分を用いた抗がん剤が開発される <漢方の生薬「冬虫夏草」の含有成分「コルジセピン」由来の抗がん剤が開発された>

<漢方の生薬「冬虫夏草」の含有成分「コルジセピン」由来の抗がん剤が開発された> ...

しかし、冬虫夏草から抽出されるコルジセピンを抗がん剤として用いるためには課題がある。まず、コルジセピンを「ヒト由来平衡ヌクレオシド輸送体1(hENT1)」によってがん細胞へと輸送させる必要がある。また、リン酸化酵素「アデノシンキナーゼ(ADK)」によって活性抗がん代謝物「3'-dAMP」に変換されなければならない。コルジセピンは、代謝酵素「アデノシンデアミナーゼ(ADA)」により血液中ですぐに分解され、わずか1.6分で血漿で半減してしまうという欠点もある。これらの要因により、コルジセピンは抗がん代謝物を腫瘍に効率的に届けづらく、体内での実際の効力が大幅に減少してしまう。

「鶴とかムリ~」「折れなすぎワロタ」…ギャルが折った折り鶴、ガチャで販売 20代女性社長「最高にクレイジーなものを」 - ライブドアニュース 【47%オフ】「ドミノ・ピザ」全品・全サイズが対象!デリバリー限定、12日までだよ。 - Peachy - ライブドアニュース 『M-1』決勝、オズワルド・錦鯉・ランジャタイら9組決定 5組が初ファイナル - ライブドアニュース

そこで、「NUC-7738」では、「ヒト由来平衡ヌクレオシド輸送体1」によらずにがん細胞へアクセスできるようにするとともに、「アデノシンキナーゼ」が不要となるよう事前に活性化させた。また、「アデノシンデアミナーゼ」から保護する機能を備え、血液中で分解しづらくした。 続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

オランダ、新型ウイルス対策強化に市民が反発 暴動に発展 - BBCニュース

オランダ・ロッテルダムで19日夜、新型コロナウイルス対策の規制強化に反発する市民が抗議活動を行い、暴動に発展した。