自宅での抗体カクテル療法 大阪府、国内1例目実施へ

自宅での抗体カクテル療法 大阪府、国内1例目実施へ

2021/09/17 11:35:00

自宅での抗体カクテル療法 大阪府、国内1例目実施へ

大阪府の吉村洋文知事は17日、新型コロナウイルスの自宅療養者を対象に重症化を防ぐ「抗体カクテル療法」の投与を同日夕に実施すると発表した。府によると、在宅での抗体カクテル療法は全国初で、厚生労働省のモデル事業の1例目となる。同省はモデル事業を通じて課題を整理し、全国展開する方針だ。抗体カクテル療法を投与できるのは、これまでコロナ患者を受け入れる病院や臨時の医療施設に指定された宿泊療養施設に限られ

抗体カクテル療法を投与できるのは、これまでコロナ患者を受け入れる病院や臨時の医療施設に指定された宿泊療養施設に限られていた。吉村氏は同日、記者団に「カクテル療法の裾野を広げ、自宅で亡くなる人を一人でも減らしたい」と述べた。吉村氏によると、葛西医院(大阪市)の医師が17日の夕方にも重症化リスクのある感染者の自宅を訪れ、抗体カクテル療法を投与する。モデル事業では、府と医療機関が協力し、安全体制を確保するとしている。 続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

国産温州みかん ベトナムへ初輸出 和歌山 有田川町で出発式 | NHKニュース

【NHK】国産温州みかんのベトナムへの輸出が解禁されたことを受けて、全国で初めて和歌山県特産のみかんが輸出されることになり、有田川…

焼き鳥屋の親父、外車購入。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗通い。スナックのママ、複数回海外旅行。バーのマスター、今年1日も働かなく2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1400万以上・1ヶ月120万円の飲食店の協力金8割の使い道 国民1人14万以上負担 払わされるの国民 重症化リスクの高い人を優先して欲しい コロナでの、死亡者を如何に減らすかは自治体があらゆる医師の協力をどれだけ得られるかに 掛かっていると思う。 医師が無理な負担が掛からない 様に、自治体が体制を整える 努力の見せ所ではないでしょうか やることが遅いのに「やっています」感を出すのだけは上手い。 目立ちたがり知事。

宿泊療養施設内に診療所新設へ 大阪府、医師ら常駐し治療可能に | 毎日新聞大阪府の吉村洋文知事は15日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が入所する宿泊療養施設内に診療所を新設する考えを表明した。医師や看護師が常駐し、対面での治療を通じて体調異常の早期把握や重症化の予防を目指す。21日から10月8日まで、診療所を運営する事業者を公募し、同月中の開設を目指す。

スケボー西矢椛選手ら感動大阪大賞 大阪府、メダリスト23人に | 毎日新聞大阪府は15日、東京五輪・パラリンピックでメダルを獲得した大阪ゆかりの選手23人に府民栄誉賞にあたる「感動大阪大賞」を贈ると発表した。東京五輪で日本史上最年少の13歳で金メダルを獲得したスケートボードの西矢椛(もみじ)選手=松原市立松原中2年=らで、年内に贈呈式を開く。 普通に府民栄誉賞でいいでしょ 感動大阪大賞だと安っぽい 公安調査庁の調査対象団体 日本共産党のお気持ち