職員の姿ほとんど見ない…外国人実習生の監理団体を許可取り消しに : 社会 : ニュース

職員の姿ほとんど見ない…外国人実習生の監理団体を許可取り消しに #社会

愛知県一宮市, 中部

2021/11/28 8:05:00

職員の姿ほとんど見ない…外国人実習生の監理団体を許可取り消しに 社会

愛知県一宮市 に本部を置く全国有数規模の外国人技能実習生の監理団体「 アジア共栄事業協同組合 」が26日、許可の取り消し処分を受けた。人材育成による途上国への技術移転と国際貢献が目的とされる外国人技能実習制度で、実習生を守る

「職員の姿はほとんど見たことがなく、監理とは到底言えなかった。当時からなぜだろうと思っていた」中部地方で縫製業を営み、同組合から実習生3人を受け入れていた60歳代の男性は、そう打ち明けた。監理団体は3か月に1度、実習生の受け入れ先を訪問し、実習の実施状況を確認する必要がある。男性によると、実習生は職員が来ないことを不安がっていたといい、「ようやく処分が出た。真面目に向き合っている団体が損をする制度ではだめだ」と語った。技能実習生は1993年に受け入れが始まった。2017年に技能実習適正実施・実習生保護法(技能実習法)が施行されると、実習期間は従来の最長3年間から同5年間となり、監理団体は認可法人「外国人技能実習機構」(東京都)による許可制となった。20年末時点、実習生は全国に約38万人いるとされる。

Such Unluckly Moment Has Never Been Seen! The Scariest Sports Accidents

続きを読む: 読売新聞オンライン »

地震火災 消火器で初期消火 逃げるタイミングも解説【実験動画】 | NHK

【NHK】あなたの初期消火が地震後の大規模火災を防ぐ力に。あきらめて逃げるタイミングも解説

貧困ビジネスの一種ですかね そういった類いであれば、もっと根本的な所からキッチリ対策しないといけないと思います やったもん勝ち バレたもん負け 真面目な人が馬鹿をみる社会 警察も検察も権力に忖度 権力があれば逮捕なし これが今の日本の現状 当然愚民どもがこれを容認している笑 無責任国家\(^o^)/ 万歳 認可の段階で何らかの不正があるだろこれ 監理団体は全国に約3500あるが、監理業務が不適切だったり、資格のない他人に名義を貸して監理業務を委託したりするなどの不正が相次ぎ、これまで30団体が許可を取り消されている。

クマに襲われたか、山林に男性の遺体…顔などに深い傷 : 社会 : ニュース北海道夕張市富野の山林で25日、男性の遺体が発見された。死因は外傷性ショックで、道警栗山署は遺体の状況から男性がクマに襲われた可能性があるとみて身元を調べている。 同署の発表によると、男性は同日午後1時15分頃、林道か

神社火災で室町時代の狛犬破損…本殿の柱ぶつかり首も胴体も手足も割れる : 社会 : ニュース新潟県佐渡市二宮の 二宮 ( にくう ) 神社で発生した火災で、同市は24日、境内にあった市有形文化財の 狛犬 ( こまいぬ ) 2体が破損したと発表した。市は専門家の助言を受けて対応を検討する。 同市世界遺産推進課文

カメも「湯ったり」、体に付いた汚れ落とす…マザー牧場 : 社会 : ニュース「いい風呂の日」の26日、千葉県富津市田倉のマザー牧場で「かめの湯」の公開が始まった。 池の縁にカメ用の「打たせ湯」を用意。手ぬぐいを頭や甲羅に載せた2匹のリクガメが、直径約65センチのたらいにつかる姿を見た来園者は「 調理される直前かとおもた

市役所で男性乗ったゴンドラが落下して重傷、切れたワイヤが屋上の作業員に当たり軽傷 : 社会 : ニュース25日午前11時頃、神奈川県南足柄市関本の同市役所本庁舎の正面玄関付近で、防水加工をしていた藤沢市打戻、メンテナンス業の男性(30)が乗るゴンドラが約9メートル下のひさしに落ちた。男性は背中などを強く打ち、全治2か月の 韻踏み?

歌舞伎町の路上で高1女子と3少年、男性殴って重傷負わせる…25万円強奪も : 社会 : ニュース警視庁は25日、 東京都 武蔵野市の都立高校1年の女子生徒(16)と、都内の19歳の少年3人を強盗傷害容疑で逮捕したと発表した。逮捕は15~22日。 発表によると、4人は10月5日未明、新宿区歌舞伎町の路上で、帰宅中だった 高校生でも複数でやれば怖くない?浅はかだね、もう犯罪者だよ。恐ろしい❗️ このキャッシュレス時代に、多額の現金を持ち歩いてることを知った上で計画的に襲ってるのか? もしも自分が 高校生に襲われても 小学生のお駄賃程度しかないけど 詰めが甘い美人局

自宅で12月28日出産、放置し外出繰り返し元日に死なせる…33歳女に猶予付き判決 : 社会 : ニュース 東京都 足立区の自宅で2019年12月に出産した女児を放置して死なせたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた池田知美被告(33)の裁判員裁判で、東京地裁は26日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役4年)の判決を言い渡した 執行猶予はこの手の人の為にならない。 実刑で服役し、厳しい規律のもと、規則正しい生活の中で初めて自分がしたことと向き合える。