約15年前の「無線LANルーター」が今でも販売され続けている理由とは?

約15年前の「無線LANルーター」が今でも販売され続けている理由とは?

2021/01/18 1:00:00

約15年前の「無線LANルーター」が今でも販売され続けている理由とは?

国内の家庭のネットワーク環境は、10Gbpsの回線プランの登場や「Wi-Fi 6」に対応した無線LANルーターの増加など、ここ数年で高速化・高品質化が進んでいます。それにもかかわらず、2005年に発売され記事作成時点まで販売され続けている「無線LANルーター」があると、海外ニュースサイト「Tadium」の編集者であるアーニー・スミス氏が語っています。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

東日本大震災10年 被災地・日本はどう変わったか: 日本経済新聞

東日本大震災から10年。インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

嘗て安価に投げ売りしてた blue‐tooth アクセス・ポイントが売って無い処が残念だね (Parani‐MSP は高過ぎて駄目だよ) 嘗て安価に投げ売りしてた blue‐tooth アクセス・ポイントが売って無い処が辛いね