米倉涼子×綾野剛×横浜流星、Netflixシリーズ「新聞記者」インタビュー

Netflixにて全世界独占配信中のNetflixシリーズ「新聞記者」(全6話)で主演を務める米倉涼子、共演の綾野剛、横浜流星の3人へのインタビューを実施。

米倉涼子, 綾野剛

2022/01/22 4:59:00

米倉涼子 × 綾野剛 × 横浜流星 Netflix シリーズ「 新聞記者 インタビュー 「作品を見て、自分が出てないところで本気で泣いていた」という 米倉涼子 。作品に深くかかわった3人の心に最も響いたものとは? 米倉涼子 綾野剛 横浜流星 藤井道人 新聞記者 Netflix ネトフリ

Netflix にて全世界独占配信中の Netflix シリーズ「 新聞記者 」(全6話)で主演を務める 米倉涼子 、共演の 綾野剛 横浜流星 の3人への インタビュー を実施。

本作は、2019年に公開された映画『新聞記者』の制作会社スターサンズとNetflixが共に企画製作したドラマシリーズ。進行形の政治問題やスキャンダルに真正面から切り込み、日本社会を覆う同調圧力、分断、メディアの機能不全などを観客に鋭く突きつけ、日本アカデミー賞最優秀賞主要賞を始め日本中で高い評価と賛否両論を巻き起こした映画『新聞記者』を、新たなキャスト、新たな物語でリブート。ただし、監督は映画版に引き続き、藤井道人が務めた。“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役を綾野、そして新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役を横浜が演じた。

――本作について、心に響いたこと、記憶に残りそうなことは?いろんなことが響き過ぎているから一番は選べないんですが、みんながどんな風に生きていって、どんな風に我慢して、どんな風に夢を見て一歩を踏み出すか、というのを描いた作品だと思います。みんな貫きたいことや言いたいこともあるけど、護らないといけないこともあって、それぞれの我慢がすれ違うこともある。作品を見て、自分が出てないところで本気で泣いていた自分がいる、という不思議な体験もさせていただきました。誰だって何かしらを我慢して、社会は回っているんだなということ改めて感じました。

続きを読む: ORICON NEWS(オリコンニュース) »

この作品がこれほどの反響を呼ぶのは、 日本人の大半が、 これこそが真実なんだと考えているからに他ならない。 認諾で裁判を終わらせるなど、 いまだ安倍離れのできない自民党は、 よくよく考えるべきだろう。 米倉涼子 綾野剛 横浜流星 藤井道人 新聞記者 Netflix ネトフリ 🧠🤪🐵💀👴💀🏚⬅️👹👹 Netflix 新聞記者 米倉涼子 誹謗中傷🐵👴殺害予告🐵👴精神病🐵👴🏥トヨタイムズ👴💀豊田章男👴💀超貧乏🐵👴超低身長🐵👴💀日テレ💀職業🐵💀ツイッターのアルバイト 偽スタイリスト🐵💀優哉🐵💀アパート襲撃🐵👹ZOZO💀👹前澤友作🐵💀👹

【引用】書き換え は二月下旬から四月にかけて行われ、昭恵夫人 の関与を示す 決裁文書 の文言が削除された。つまり、首相答弁と整合性を合わせようとしたのである。 (週刊文春 2018.3.22号) 新聞記者

新聞記者・米倉涼子を支える愛犬「まず起きて、一番にワンちゃん」/連載3 - 芸能 : 日刊スポーツ Netflix シリーズ「 新聞記者 」(全6話配信中)は、 米倉涼子 (46)にとって初のネット配信 ドラマ 主演作となった。新分野挑戦を支える陰には、愛犬の存在があるよ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

新聞記者

横浜流星、美しい横顔と東京タワーが“絵になる…!”『DCU』オフショットに「スーツ姿が素敵」「どちらも綺麗」 | WEBザテレビジョン 横浜流星 、美しい横顔と東京タワーが“絵になる…!”『DCU』オフショットに「スーツ姿が素敵」「どちらも綺麗」 DCU 日曜劇場 横浜流星

米倉涼子「新人感覚」初顔合わせ藤井監督と撮り直しの日々/連載2 - ドラマ : 日刊スポーツ女優 米倉涼子 (46)が主演する Netflix シリーズ「 新聞記者 」(全6話配信中)について語る連載の第2回。初顔合わせとなった 藤井道人 監督(35)との撮影の日々… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「ぐるナイ」ゴチ新メンバー予想が白熱 志尊淳?高杉真宙?佐野勇斗?横浜流星?/デイリースポーツ online日本テレビ「ぐるナイ」の人気企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」が20日、放送された。 昨年末で女優の中条あやみと俳優の松下洸平がクビになり、この日は男女2人の新メンバーが発表。ネット上は予想で盛り上がった。

米倉は「作品を見て、自分が出てないところで本気で泣いていた自分がいる」と語るほど、本作への自信をのぞかせる。作品に深くかかわった出演者の心に最も響いたものとは? 本作は、2019年に公開された映画『新聞記者』の制作会社スターサンズとNetflixが共に企画製作したドラマシリーズ。進行形の政治問題やスキャンダルに真正面から切り込み、日本社会を覆う同調圧力、分断、メディアの機能不全などを観客に鋭く突きつけ、日本アカデミー賞最優秀賞主要賞を始め日本中で高い評価と賛否両論を巻き起こした映画『新聞記者』を、新たなキャスト、新たな物語でリブート。ただし、監督は映画版に引き続き、藤井道人が務めた。 “新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役を綾野、そして新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役を横浜が演じた。 ――本作について、心に響いたこと、記憶に残りそうなことは? いろんなことが響き過ぎているから一番は選べないんですが、みんながどんな風に生きていって、どんな風に我慢して、どんな風に夢を見て一歩を踏み出すか、というのを描いた作品だと思います。みんな貫きたいことや言いたいこともあるけど、護らないといけないこともあって、それぞれの我慢がすれ違うこともある。作品を見て、自分が出てないところで本気で泣いていた自分がいる、という不思議な体験もさせていただきました。誰だって何かしらを我慢して、社会は回っているんだなということ改めて感じました。 横浜 僕自身も亮と同じで、政治とか世の中の出来事に対して少し他人事な部分があったんですけど、亮は就活をしていく中で変わっていく。松田さんのいる東都新聞の最終面接で「あらゆる出来事に他人事でなく自分事として捉えられる記者になりたいです」と言うんです。そのせりふがすごく響きました。僕自身も自分事として捉えられる大人になりたいと感じましたし、改めていろいろなことを考えるきっかけになりました。 綾野