独新政権、中国に人権で強硬か 8日発足

ドイツで8日、中道左派、社会民主党(SPD)のショルツ財務相を首班とする3党連立内閣が発足する。次期政権は連立合意で中国を「競争相手」と位置付け、人権侵害に厳し…

2021/12/07 11:05:00

ドイツ新政権、中国に人権で強硬か…8日発足 次期政権は連立合意で中国を「競争相手」と位置付け、人権侵害に厳しい姿勢を示しており、対中貿易を重視したメルケル政権の路線を軌道修正する可能性がある

ドイツで8日、中道左派、社会民主党(SPD)のショルツ財務相を首班とする3党連立内閣が発足する。次期政権は連立合意で中国を「競争相手」と位置付け、人権侵害に厳し…

ドイツで8日、中道左派、社会民主党(SPD)のショルツ財務相を首班とする3党連立内閣が発足する。次期政権は連立合意で中国を「競争相手」と位置付け、人権侵害に厳しい姿勢を示しており、対中貿易を重視したメルケル政権の路線を軌道修正する可能性がある。安全保障をめぐっては、来年に予定される核兵器禁止条約の初の締約国会議にオブザーバー参加すると表明する一方、米国との核協力を維持する方針を確認した。第2与党となる「緑の党」のベーアボック次期外相は先週、独紙のインタビューで、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で人権侵害が広がっているとし、「自治区産の製品を市場から締め出せば中国に打撃となる」と述べた。人権状況改善の圧力をかけるため、供給網の遮断も辞さないとの提案だ。在ドイツ中国大使館はただちに「政治家は中独関係を客観的に考えよ」との声明を出し、警戒感を示した。

続きを読む: 産経ニュース »

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』2023年日本公開決定、イーサン・ハントの集大成 ─ 特報映像も到着 | THE RIVER

決死スタントも炸裂 続きを読む >>

素晴らしい! 現代のキーワード”人権”。覇権主義とは相対するから、中国にとっては痛い所だね。日本は別にアメリカもドイツも友だちではないんだけれども、世界はバランス均衡で保たれているから、 常に様子見ですよ。いつも。誰もが。 早速、北京五輪ボイコットかなwww officematsunaga メルケルさんは「東」のお方ですから。見事にドイツは真っ赤っか。ショルツさん政権は中国を「競争相手」とも言っているけれど、「パートナー」とも言っていますよ。赤からピンクになるくらいかな。 officematsunaga メルケルから180度ターンですねw ドイツはEUの中心だからドイツが動けばEUも動く。さらに、欧州のかつての植民地だった国も動く。ドイツが動けばかなりのインパクトを中国に与えられる❗

ドイツが…。 左派連合と報道されてたけど、対中強硬なら日本にとってはメルケルよりずっといい。 というか移民推進・媚中のメルケルを保守というのは不思議。 「軌道修正する可能性」...「可能性」だけでなく実行してくれたらまたドイツが好きになるけどな。 元世界25位選手、ワクチン接種を後悔「身体にいくつかの問題が起きている」 (2021.09.29付の記事) FIFA所属のサッカー選手の試合中などの「心臓突然死」が2021年に「 500%増加した」とイスラエルのメディアが全リスト付きで詳細な数を報じる (2021年11月21日付の記事)

論文)ワクチン接種率が高いほど、過剰死亡率が高くなる The higher the vaccination rate, the higher the excess mortality Prof. Dr. Rolf Steyer and Dr. Gregor Kappler, 16 November 2021 Contact: rolf.steyeruni-jena.de , mailg-kappler.de ワクチン接種後の「心筋炎」などは “重大な副反応” 厚労省 2021年12月4日付記事 抜粋《厚生労働省によりますと、国内でも先月14日までに、男性100万人当たりモデルナでは10代で81.79人》

ワクチン「後遺症、私も同じ」 社会的サポート求める声、全国から多数 2021.11.30(火) 付の記事 ワクチン接種を強制していることも人権侵害だと思います。 習近平のやっていることは誰が見てもおかしい。ヒトラー政権も国民の賛成90%以上が独断を与えて潰えた。 日本も岸田じゃアウトだろうな 子の連れ去りで新法案準備 日本に厳しい措置も―米下院:時事ドットコム jijicomより

ドイツ・社会民主党(SPD)のショルツ財務相(ロイター=共同) ドイツで8日、中道左派、社会民主党(SPD)のショルツ財務相を首班とする3党連立内閣が発足する。次期政権は連立合意で中国を「競争相手」と位置付け、人権侵害に厳しい姿勢を示しており、対中貿易を重視したメルケル政権の路線を軌道修正する可能性がある。安全保障をめぐっては、来年に予定される核兵器禁止条約の初の締約国会議にオブザーバー参加すると表明する一方、米国との核協力を維持する方針を確認した。 第2与党となる「緑の党」のベーアボック次期外相は先週、独紙のインタビューで、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で人権侵害が広がっているとし、「自治区産の製品を市場から締め出せば中国に打撃となる」と述べた。人権状況改善の圧力をかけるため、供給網の遮断も辞さないとの提案だ。在ドイツ中国大使館はただちに「政治家は中独関係を客観的に考えよ」との声明を出し、警戒感を示した。 連立合意は台湾の国際機関への参加を支持した。台湾海峡の現状変更は「相互合意に基づく平和的なものでなければならない」と明記し、中国の武力威嚇を牽制(けんせい)した。戦後ドイツの連立合意で台湾政策が盛り込まれたのは初めてだ。