無人潜水機が撮影「KAZU 1」の新画像を公開 海上保安庁

2022/05/08 18:54:00

無人潜水機が撮影「KAZU 1」の新画像を公開 海上保安庁 #日テレNEWS

日 テ レnews, 日テレnews

無人潜水機が撮影「KAZU 1」の新画像を公開 海上保安庁 日テレNEWS

北海道・知床半島の沖合で観光船が沈没し、14人が死亡、12人が行方不明となっている事故で、民間の調査船による無人潜水機を使った捜索が行われ、新たな画像が公開されました。

海上保安庁は、無人潜水機が撮影した新たな「KAZU 1」の画像2枚を公開しました。しかし、新たな手がかりは発見されていないということです。一方、北海道・斜里町内の献花台には、大型連休の最終日も各地から人が訪れ、花を手向け手を合わせていました。

続きを読む:
日テレNEWS »

不気味なモーテルでループを繰り返すホラーゲーム『オキサイド・ルーム 104』Nintendo Switch版が発売開始。ループするたびに不穏さが増していく謎めいたシナリオが展開

WildSphereはマルチエンディングホラーゲーム『オキサイド・ルーム 104』のNintendo Switchデジタル版を、本日12月8日に発売開始した。 続きを読む >>

午後から無人潜水機で調査 観光船事故 新たな手がかり見つからず北海道・知床半島沖の観光船沈没事故で、海底の船体調査にあたる民間の作業船が7日午後、現場に近い網走港に入り、その後、無人潜水機を使った調査を始める見込み。海上保安部などでは6日、北方領土の国後島の西側まで範囲を広げ、沈没した観光船「KAZU I」の行方不明者を捜索したが、新たな手がかりは見つかっていない。また「KAZU I」の船体調査にあたる民間の作業船「新日丸」は、7日午後3時に現場に近い網走港に入る見込みで、その後、無人潜水機を使い、現場周辺のくわしい調査を行う。一方、観光船の運航会社の桂…

民間無人潜水機 捜査開始 今後は“飽和潜水”で捜索へ北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、民間業者の作業船が8日から、無人潜水機による捜索を開始した。海上保安庁は、この無人潜水機がとらえた画像を公開した。「KAZU I」の名前が記された船体と、後部の出入り口付近がうつされている。この事故は知床半島沖で観光船「KAZU I」が沈没し、14人が死亡、12人が行方不明となっているもの。8日からは、沈没現場で民間業者の作業船「新日丸」が、無人潜水機による捜索を開始した。海保などによると、これまでに行方不明者発見につながる新たな手がかりは見つかって…

海難専門船が網走港到着 無人潜水機で調査へ―不明12人捜索、発生2週間・知床事故:時事ドットコム北海道・知床半島沖で26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故は7日、発生から2週間を迎え、第1管区海上保安本部(小樽市)などは行方不明者12人の捜索を続けた。午後には、海難事故を専門とする民間業者のサルベージ船「新日丸」が網走港に入港。早ければ同日中に沈没現場に向け移動し、8日以降に無人潜水機による調査を行うとみられる。

ロシア、観光船捜索の協力継続 国境警備局、北方領土付近 | 共同通信ロシア外務省は6日、北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故を巡り、ロシ... 北方領土は日本領ですからね?条約無視して不法占拠してるんですからね。 北方領土だけじゃないですよ、南樺太もですよ。

「一緒にされたくない」各地の観光船、安全最優先で運航…利用者に丁寧な説明も : 社会 : ニュース知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故を受け、北海道内各地の観光船では装備の緊急点検などで安全を再確認するとともに、利用者の質問に対して丁寧な説明を心がける動きが進んでいる。 社会による風評被害ですね。 一緒にされたくないと言っても、協会や色んな組織に加入すると運命共同体なんです。

民間の調査船「新日丸」は、高性能の水中カメラを備えた無人潜水機を使って、およそ120メートルの海底に沈没した観光船「KAZU 1」の船内などを捜索しました。 海上保安庁は、無人潜水機が撮影した新たな「KAZU 1」の画像2枚を公開しました。しかし、新たな手がかりは発見されていないということです。 一方、北海道・斜里町内の献花台には、大型連休の最終日も各地から人が訪れ、花を手向け手を合わせていました。 この記事を共有 .北海道・知床半島沖の観光船沈没事故で、海底の船体調査にあたる民間の作業船が7日午後、現場に近い網走港に入り、その後、無人潜水機を使った調査を始める見込み。 海上保安部などでは6日、北方領土の国後島の西側まで範囲を広げ、沈没した観光船「KAZU I」の行方不明者を捜索したが、新たな手がかりは見つかっていない。 また「KAZU I」の船体調査にあたる民間の作業船「新日丸」は、7日午後3時に現場に近い網走港に入る見込みで、その後、無人潜水機を使い、現場周辺のくわしい調査を行う。 一方、観光船の運航会社の桂田精一社長は、死亡が確認された14人を含む乗客の補償について、7日に開かれる説明会で家族に説明する予定。.この事故は知床半島沖で観光船「KAZU I」が沈没し、14人が死亡、12人が行方不明となっているもの。 8日からは、沈没現場で民間業者の作業船「新日丸」が、無人潜水機による捜索を開始した。 海保などによると、これまでに行方不明者発見につながる新たな手がかりは見つかっていないという。.海難専門船が網走港到着 無人潜水機で調査へ―不明12人捜索、発生2週間・知床事故 2022年05月07日15時35分.