次期SEは「iPhone SE+5G」か。2023年は5.7インチSEが登場する可能性 - Engadget 日本版

次期SEは「iPhone SE+5G」か。2023年は5.7インチSEが登場する可能性 / 01月18日 01:00 PM #engadgetjp

Engadgetjp, Engadget

2022/01/18 16:35:00

次期SEは「iPhone SE+5G」か。2023年は5.7インチSEが登場する可能性 / 01月18日 01:00 PM engadgetjp

次期iPhone SEの製品名が「iPhone SE+5G」になることや、2023年には5.7インチ画面の新型が登場するかもしれないとの予想が伝えられています。

。Next SE model is rumored to be called SE+ 5G and will have a 4.7" LCD. Previously said the next SE model, SE3, would either have a 5.7" or a 6.1" display. It is now looking like it will be 5.7". May be launched in 2023 rather than 2024.

— Ross Young (@DSCCRoss)アップルは現行モデルを単に「iPhone SE」と呼んでおり、次期モデルの製品名がそれとは異なる可能性が出たのは今回が初めてのことです。とはいえ、先代と同じ4.7インチ画面とすれば、これまで大画面モデル用とされた(iPhone 7 Plusなど)「Plus(+)」が付くとしたら奇妙なことにも思えます。また「5G」という言葉も、13年以上も前の「iPhone 3G」への先祖返りのようでもあり、少しあり得にくい感もあります。またYoung氏は、以前もう1つの「iPhone SE」についても言及しています。そちらは2024年よりも2023年に発売される可能性が高いとしつつ、画面は5.7インチか6.1インチになるとのことです。

続きを読む: Engadget 日本版 »

視覚障害がある方の投票について解説

みんなの選挙 NHK 続きを読む >>

iPhone 13に電話ノイズキャンセリング機能なし問題、バグではなく正式仕様だと明らかに - Engadget 日本版iPhone 13シリーズでは過去モデルで使えた電話のノイズキャンセリング機能が使えなくなっていますが、それはバグではなくアップルが意図して削除していたことが明らかとなりました。

iPhone 13に電話ノイズキャンセリング機能なし問題、バグではなく正式仕様だと明らかに - Engadget 日本版iPhone 13シリーズでは過去モデルで使えた電話のノイズキャンセリング機能が使えなくなっていますが、それはバグではなくアップルが意図して削除していたことが明らかとなりました。

描いたイラストが武器になる!対戦アクション『ドローウェポン3D』:発掘!スマホゲーム - Engadget 日本版星の数ほどあるスマホゲームの中から、話題になっているもの、気になったもの、何か面白そう、そんなタイトルをひたすらご紹介していきます!今回ご紹介するのは『ドローウェポン3D』です。

超PayPay祭、スーパーとドラッグストアで最大30%還元 2月1日〜28日開催 - Engadget 日本版スマホ決済のPayPayは、「超PayPay祭 PayPayお買い得市」を、2022年2月1日から2月28日まで実施します。

ドコモ、5Gミリ波で「緻密なエリア構築」を可能にする『置くだけアンテナ』開発 - Engadget 日本版NTTドコモは、5Gで利用している28GHz帯(ミリ波)や、6Gに向けて開拓している、さらなる高周波数帯の電波において、きめ細やかなエリア構築を可能にするアンテナを開発しました。

第5世代iPad Air、2022年春に登場?A15チップや5G、センターフレーム対応の噂 - Engadget 日本版今年(2022年)春に第3世代iPhone SEが発表されると噂されていますが、それと同時に第5世代iPad Airが登場するとの予想が伝えられています。

一致しています 。 Next SE model is rumored to be called SE+ 5G and will have a 4.7" LCD. Previously said the next SE model, SE3, would either have a 5.7" or a 6.1" display. It is now looking like it will be 5.7". May be launched in 2023 rather than 2024. — Ross Young (@DSCCRoss) アップルは現行モデルを単に「iPhone SE」と呼んでおり、次期モデルの製品名がそれとは異なる可能性が出たのは今回が初めてのことです。とはいえ、先代と同じ4.7インチ画面とすれば、これまで大画面モデル用とされた(iPhone 7 Plusなど)「Plus(+)」が付くとしたら奇妙なことにも思えます。また「5G」という言葉も、13年以上も前の「iPhone 3G」への先祖返りのようでもあり、少しあり得にくい感もあります。 またYoung氏は、以前 もう1つの「iPhone SE」についても言及しています。そちらは2024年よりも2023年に発売される可能性が高いとしつつ、画面は5.7インチか6.1インチになるとのことです。 これまでの噂話を総合すると、次期iPhone SEは先代の「4.7インチ画面や正面にTouch ID内蔵のホームボタン」などの(iPhone 8と同じ)筐体デザインを引き継ぎながらも、最新のA15 Bionicチップを搭載して5G対応するといったところです。その次のSEモデルについては、iPhone XR/11のような全画面デザインとなり側面Touch IDボタンを備えるとの予想が