感染予防 正しく理解…新型肺炎 広がる不安 : 解説

2020/02/23 12:32:00

日本中, 欧州

感染予防 正しく理解…新型肺炎 広がる不安 : 解説 : 読売新聞オンライン

無断転載を禁止します読売新聞オンラインに掲載している記事や写真などは、日本の著作権法や国際条約などで保護されています。読売新聞社など著作権者の承諾を得ずに、転載、インターネット送信などの方法で利用することはできません。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

不時着した惑星で廃墟のディストピアを探索するSFホラーゲーム『SIGNALIS』が10月27日に発売決定。発表に合わせて予約も開始

ゲームパブリッシングブランドの『PLAYISM』は8月8日、ドイツの2人組ゲーム開発チームrose-engineが手がけるサバイバルホラーゲーム『SIGNALIS』を10月27日に発売すると発表した。 続きを読む >>

読者会員限定記事で広がる不安 この対応の効果はあると思う。しかし今朝の目覚ましテレビを見ていると、39度の発熱、肺炎の診断後抗生物質を投与しても熱が下がらない子供の事が出ていたが、渡航歴を聞かれてコロナ検査を断られたとのこと。 これがマニュアル通りだとすると罹患しても検査を受けられない可能性が高く不安しかない。 地雷はユックリ踏みましょう的な対応でいい筈ない コロナは人工的に作られた細菌兵器で本当の脅威がまだ分かっていない。潜伏期間が異常に長く感染力が驚異的に強い事までは分かっている。海外では軍が対応している 国家の一大事に感染予防の記事が登録しないと読めないとは?読売新聞の社会性を疑う。 有料記事ならここで呟くな。 気になる。 う、販促にハマってる・・・

早く入国制限しろよ! 感染拡大のために会員以外にも読めるようにしてほしいなぁ 今日本は中国のやり方を学ぶべきです。新型ウイルスの肺炎を全国で全力で抑える。感染者を全面的に検査する。すべての大型娯楽活動と人の集まりを停止します。学校が休校する。