外為法、権限どこまで 東芝総会問題で問われる説明責任

外為法、権限どこまで 東芝総会問題で問われる説明責任

2021/06/11 20:01:00

外為法、権限どこまで 東芝総会問題で問われる説明責任

東芝の株主総会に経済産業省が介入した疑いが生じている問題は、政府が海外からの民間投資にどこまで関与できるのかという論点を浮かび上がらせた。外為法では国の安全保障の観点から必要と判断すれば投資を制限できる。梶山弘志経産相は東芝からの情報収集は外為法の運用の枠内との考えを示したが、東芝との関わりや法律の運用についてわかりやすく説明することも欠かせない。東芝は量子暗号やインフラ関連の技術力では世界的

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

通信アプリ利用させる「おとり」捜査 世界700か所で800人逮捕 | NHKニュース

【NHK】アメリカやヨーロッパの捜査機関は、独自に開発した通信アプリを「おとり」に使った国際的な合同捜査によって世界700か所で一…