菅義偉, 年末調整

変わる年末調整 ネット化対応、準備はOK?

変わる年末調整 ネット化対応、準備はOK?

2020/10/26 20:04:00

変わる 年末調整 ネット化 対応、準備はOK?

菅義偉 政権が 成長戦略 の1丁目1番地に位置づけるデジタル改革。今後具体策が矢継ぎ早に出てくるはずだが、前政権時代に決まり一足早く始まったのが 年末調整 の電子化だ。住宅ローン減税など紙の書類でやり取りしてい

■日本企業の風物詩、年末調整「今年も年末が近い……」。多くの会社員にとって年内カウントダウンの風物詩といえば、早いところでは既に配られ始めている年末調整の書類だろう。「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」や「保険料控除申告書」といった漢字の多い、それだけで難解さを醸す例の書類だ。ちなみに今年からは「給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」という冗談としか思えないような名前の申告書も登場している。年末調整は法律で定められた雇用主の義務。会社は毎月従業員に給与を支払うと同時に納めるべき所得税の額を粗々計算して天引きしている。年末に1年間の給与総額が確定し次第、差額を「調整」して年明けに納税する。調整後、取り過ぎなら従業員に還付、少なければ追加徴収する仕組み。12月の給与がいつもより多めに感じられるのはそのせいだ。

【定番】87歳でクリーム最大量に 15年ぶりに刷新した定番赤箱『ビスコ』を新旧食べ比べ ! - ライブドアニュース 羽生結弦カレンダー販売サイトに不正アクセス、1469人の情報流出か - ライブドアニュース 朝日新聞419億円赤字、社長退任の意向 中間決算9年ぶり

■「とりあえずハンコ」の裏の大事な節税チャンス多くの会社員にとっては「いまひとつ何だか分かんないけど名前書いて判を押して返す書類」といった存在だろう。だが実は個人の節税につながる大事なプロセスだ。扶養する人が増えたり、災害で被害を受けたり、保険料を支払ったりした際、「それでは負担が大変でしょう」という趣旨で給与総額から差っ引いて、その部分には税金がかからないようにしてくれるのが「所得控除」の仕組み。年末調整時の書類提出はこの控除を受けるために欠かせない手続きなのだ。ローンを組んで住宅を取得した際、借入金残高の1%相当額を原則10年間控除してくれる住宅ローン減税も2年目から年末調整の対象だ(初年度は確定申告が必要)。こちらは税額から直接差し引く「税額控除」方式なので節税効果はより大きくなる。

■紙でのやりとりは会社の作業量が膨大自分が当てはまる控除を受けるためには年末が近づくにつれ、金融機関と会社員本人、勤め先との間で紙の書類が飛び交うのが例年だった。まずは金融機関から「控除証明書」の圧着はがき等が自宅に届く。なくさずに保管しておき、会社から申告用紙が配られたら必要事項を記入の上、証明書を添付して提出する。「あれ? はがきどこいった」という事態も時に発生。再発行してもらった経験のある人もいるだろう。大変なのが提出を受けた会社側だ。親切な会社では会社員本人が記入しなくて済むよう、あらかじめ必要事項を印字して配布したり計算を代行したり、誤記や計算間違いのチェック、検算をしたりするために担当部署が総出で対応。その上で7年間は書類を保管する必要があった。

当事者の社員の認識が「なんか小難しい書類」程度でとどまっていられたウラには会社側の膨大な手間暇があった――これが去年までの年末調整だ。今年から可能になった電子化が導入されるとどうなるか? 「主語」が一気に会社員本人になる。金融機関から送られる電子データを社員自らが専用ソフトに取り込んで申告書を作成、会社に提出する。そのために国税庁は10月からホームページ上で専用ソフトの無償提供を始めている。「使わないといけないということでなく、使えば便利なので取り入れて欲しいという趣旨」(国税庁)という言葉に励まされ、のぞいてはみたが117ページに及ぶマニュアルを見た瞬間、「紙でお願いします」と心の中でつぶやいた。

電子化は段階的に進められるが最終形では政府が運営する個人向けサイト「マイナポータル」を活用する。控除に必要な証明書を発行する金融機関が「マイナポータル連携」の機能を導入すれば、個人は自分が必要な複数データをマイナポータルから一括ダウンロードすることも可能になった。■金融機関、社員、会社ともに準備不足今年からこのプロセスを完遂し便利さを享受できる人はごく限定的だ。データを送付する金融機関、受け取る企業双方に事前のシステム対応が必要。金融機関で今年からマイナポータル連携可能と発表したのは26日現在、生命保険会社が8社、住宅ローン減税関係では住宅支援機構1社にとどまり損害保険会社はゼロだ。当然受け入れる企業側でも動きは鈍い。

何よりもカギを握る個人のマイナンバーカード保有率はようやく20%台に乗せたばかり。5000円が還元されるマイナポイントで認知度は高まったが今度は「自治体窓口での引き取りは2カ月後しか予約がとれない」といった声も聞こえる。国税庁の電子化の手引きには「初年度においては2カ月前には従業員に周知しましょう」とあるが、2カ月前に聞いてもカードは急につくれない。 続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

オバマ前大統領、アメリカの分断や陰謀論を懸念 BBCインタビュー - BBCニュース

バラク・オバマ前米大統領はBBCアーツのインタビューで、ドナルド・トランプ大統領就任以降に生じたアメリカの分断を元に戻すには、大統領選挙1回では難しいと述べた。

日経新聞!目を覚めよ! うちは今年まだ紙です‥ 日本國民需要知道COVID-19的真相! どうせ確定申告するので、年末調整で保険料証明とか提出するのやめた。 白紙で出してた。 日経読む層なら株式投資してるだろうから年末調整はムダだからマイナンバーカード使って確定申告した方が楽 デメリットは還付額の受け取りが遅くなるぐらい いっそ全部デジタル化するなら、全員確定申告しちまえば? それは知らなかった、 素敵な情報を ありがとうございます❤ (ღ˘⌣˘ღ) 遅すぎるしまだ不十分 株と為替の損益には対応していない 日本のインフラは高齢者すぎて腹が立つ