史上初・ダービー馬4頭が激突したジャパンカップは三冠馬コントレイルが勝利

史上初・ダービー馬4頭が激突したジャパンカップは三冠馬コントレイルが勝利

2021/11/28 9:51:00

史上初・ダービー馬4頭が激突したジャパンカップは三冠馬コントレイルが勝利

三冠馬3頭の激突となった2020年のジャパンカップに続き、2021年のジャパンカップは史上初めてダービー馬4頭が戦うレースとなりました。

レースはワグネリアンやアリストテレスが前方へ行く展開。途中、最後方に控えていた2017年の菊花賞馬・キセキが一気に進出してそのまま最終コーナーを先頭で回りましたが、直線に入るとオーソリティが先頭に。その後ろからコントレイルがシャフリヤールと並ぶようにして足を伸ばし、オーソリティを1馬身押さえ、ラストレースで有終の美を飾りました。2着はオーソリティ、2番人気のシャフリヤールは3着に入りました。コントレイルに騎乗した福永祐一騎手はレース後、涙を拭いながら「立派な走りをしてくれた」とコントレイルを絶賛。「いいポジション取りができたので、あとは馬を信じるだけでした」と語りました。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

可愛いモンスターたちを育て働かせて食べられるサバイバルクラフトゲーム『パルワールド』の最新映像が公開。ボス戦では容赦なく仲間をオトリにし、ともに銃で狙撃する

ポケットペアは、広大な世界で不思議な生物「パル」を育てて戦ったり、労働させたりするサバイバルクラフトゲーム『PALWORLD(パルワールド)』の最新映像を公開した。 続きを読む >>

発走直前のオッズは1番人気がコントレイルで単勝1.7倍、2番人気がシャフリヤールで単勝3.7倍。3番人気はコントレイルの同期で2020年・2021年のアルゼンチン共和国杯(GⅡ)を連覇したオーソリティで単勝7.1倍。マカヒキは単勝71.9倍で11番人気、ワグネリアンは単勝88.4倍で13番人気となりました。 レースはワグネリアンやアリストテレスが前方へ行く展開。途中、最後方に控えていた2017年の菊花賞馬・キセキが一気に進出してそのまま最終コーナーを先頭で回りましたが、直線に入るとオーソリティが先頭に。その後ろからコントレイルがシャフリヤールと並ぶようにして足を伸ばし、オーソリティを1馬身押さえ、ラストレースで有終の美を飾りました。2着はオーソリティ、2番人気のシャフリヤールは3着に入りました。 コントレイルに騎乗した福永祐一騎手はレース後、涙を拭いながら「立派な走りをしてくれた」とコントレイルを絶賛。「いいポジション取りができたので、あとは馬を信じるだけでした」と語りました。 この記事のタイトルとURLをコピーする