口ずさめる歌作りの名人 小林亜星さん死去(写真=共同)

口ずさめる歌作りの名人 小林亜星さん死去

2021/06/14 20:02:00

口ずさめる歌作りの名人 小林亜星さん死去

ドラマ「寺内貫太郎一家」では息子役の西城秀樹さんと本気で格闘し、何度もちゃぶ台をひっくり返す頑固おやじ役がぴったりだったし、「象印クイズ ヒントでピント」の難問を見事に解くキャプテン役も忘れられない。広くお茶の間に親しまれた人気者だった。本業の作曲でも、誰もが口ずさめる親しみやすいメロディーを量産した。マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン、ズンズンズンズンズンズンズンズンピンポンパポン……。呪

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

照ノ富士の横綱昇進正式決定 令和初 横綱誕生は4年半ぶり | NHKニュース

【NHK】日本相撲協会は21日、都内で臨時の理事会を開き、大相撲名古屋場所で好成績を挙げた大関・照ノ富士の横綱昇進を正式に決め、第…

小林亜星さん死去88歳、心不全 作曲家「北の宿から」など - おくやみ : 日刊スポーツ「北の宿から」などで知られる作曲家で、ドラマ「寺内貫太郎一家」の主演でも親しまれた小林亜星さんが5月30日、心不全のためなくなっていたことが14日、分かった。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 亜星ロス 速すぎる旅立ちに、困惑気味 心よりご冥福を

作曲家、小林亜星さん死去 「寺内貫太郎一家」「北の宿から」などを手がけた作曲家で、俳優としても活躍した小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため死去したことが14日、分かった。88歳だった… パッとサイデリア〜好きだった 小林亜星さんも亡くなってしまったのですね。昭和のお茶の間には良く出た人だった。たしか糖尿病をもっていたと思うけど、すごい元気な人だと思っていた。心よりお悔やみ申し上げます。 このドラマは好きだった。演技は下手だけど存在感あったなぁ。作曲家だと知ったのはドラマの後だった。息子役の西城秀樹さんに、婆ちゃん役の樹木希林さんも先に 逝かれた・・。合掌。

小林亜星さん「パッ!とさいでりあ」「チェルシー」「北の宿から」作曲一覧 - おくやみ : 日刊スポーツ「北の宿から」などで知られる作曲家で、ドラマ「寺内貫太郎一家」の主演でも親しまれた小林亜星さんが5月30日、心不全のため亡くなっていたことが14日、分かった。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

小林亜星さん死去 「北の宿から」「この木なんの木」:朝日新聞デジタル「北の宿から」「ガッチャマンの歌」「日立の樹(この木なんの木)」といった歌謡曲やCMソング、アニメや特撮の主題歌など、多くの人に親しまれた楽曲を手がけた作曲家、作詞家、俳優、タレントの小林亜星(こば… 寺内貫太郎一家、子供の時にいつも楽しみにして観ていました。 なんか、自分の子供時代の一つが喪失した悲しい気持ちです。 ご冥福をお祈りします。 寺内貫太郎一家 子どもながら大好きな家族ドラマでした。 昭和のど真ん中だったのですね。 ご冥福をお祈りします。 合掌

RSウイルス急増、20年抑制の反動か 乳幼児に重症リスク(写真=共同)乳幼児が肺炎を引き起こすこともある「RSウイルス感染症」の感染者が急増している。2021年の感染者数の水準は過去3年を上回り、感染地域も広い。流行の詳しい原因は不明だが、20年は新型コロナウイルス対策で感染が抑えられたことから、その反動として免疫が弱い子どもが多い状況にある可能性が指摘されている。重症化リスクもあり注意が必要だ。「この時期にこれほど多いのは珍しい」。長崎市で「やなぎクリニック」

RSウイルス急増、20年抑制の反動か 乳幼児重症リスク(写真=共同)乳幼児が肺炎を引き起こすこともある「RSウイルス感染症」の感染者が急増している。2021年の感染者数の水準は過去3年を上回り、感染地域も広い。流行の詳しい原因は不明だが、20年は新型コロナウイルス対策で感染が抑えられたことから、その反動として免疫が弱い子どもが多い状況にある可能性が指摘されている。重症化リスクもあり注意が必要だ。「この時期にこれほど多いのは珍しい」。長崎市で「やなぎクリニック」 全員が罹患する感染症なら、煽っても意味がないのでは? style コロナウイルス感染で、気をつけている人が多いのに、なぜRSウイルス感染症は急増しているんだろう?