全世界で総額7兆円以上のアプリ課金が2021年上半期に行われる、前年同期比24.8%増

全世界で総額7兆円以上のアプリ課金が2021年上半期に行われる、前年同期比24.8%増

2021/06/29 13:00:00

全世界で総額7兆円以上のアプリ課金が2021年上半期に行われる、前年同期比24.8%増

アメリカのアプリ調査会社「Sensor Tower」が、2021年上半期のApp StoreとGoogle Playのアプリ課金やダウンロード数に関する調査結果を報告しました。2021年上半期のアプリ課金額はApp StoreとGoogle Playを合計して649億ドル(約7兆1720億円)に達し、2020年上半期に記録した520億ドル(約5兆7460億円)を24.8%も上回ったとのことです。

Global App Spending Approached $65 Billion in the First Half of 2021, Up More Than 24% Year-Over-YearSensor Towerによると、App StoreとGoogle Playを合わせた課金総額は2020年上半期が520億ドル(約5兆7460億円)、2021年上半期が649億ドルとなっており、前年同期比で24.8%も増加しているとのこと。ところが、2019年上半期から2020年上半期にかけての成長率は29.3%だったそうで、成長率自体は減少しています。

前澤友作さんを乗せたソユーズロケット打ち上げ 6時間かけてISSに - ライブドアニュース 前澤さん宇宙へ 打ち上げ中継 - Yahoo!ニュース 「最後は研究者として…」 山中伸弥さん、iPS研究所の所長退任へ - ライブドアニュース

App StoreとGoogle Playの課金総額の推移が以下の通り。ストアごとに見ると、App Storeでの課金額は340億ドル(約3兆7570億円)から415億ドル(約4兆5860億円)で22.1%増、Google Playでの課金額は180億ドル(約1兆9890億円)から234億ドル(約2兆5860億円)で30%増となっています。Google Playの方が成長率が高い点について、Sensor Towerは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が継続的に影響しているフィリピンなどの市場が推進しています」と述べました。

非モバイルゲームアプリの課金額ランキングが以下の通り。App StoreとGoogle Playを合わせたランキングで見ると、ショートムービー共有アプリの「TikTok(中国版TikTokのDouyinと合算)」が1位となっています。Sensor Towerによると、消費者は2021年上半期に9億2000万ドル(約102億円)以上をTikTokに費やしたとのこと。課金額の2位は動画プラットフォームの「YouTube」、3位は出会い系アプリの「Tinder」、4位は漫画・小説アプリの「ピッコマ」、5位がディズニーのストリーミングサービスである「Disney+」と続いています。 headtopics.com

一方、App StoreとGoogle Playを合算した2021年上半期のアプリダウンロード数は725億回と推定されており、2020年上半期の713億回から1.7%増加しました。この成長率は、2019年上半期から2020年上半期にかけての25.7%を大幅に下回っています。アプリストアごとのダウンロード数を見ると、App Storeが前年同期比で10.9%減、Google Playが前年同期比6%増となっています。これは、iOSユーザーが多いアメリカなどではCOVID-19の影響が薄れてきた一方、Androidユーザーが多いインドなどでは依然としてパンデミックの影響が強い点が影響している可能性があるとのこと。

モバイルアプリのインストール数ランキングが以下の通り。App StoreとGoogle Playの合算ランキングを見ると、「TikTok」「Facebook」「Instagram」「WhatsApp」「Telegram」「Messenger」が続き、2020年上半期に3位だったZoomは7位となっています。また、アプリ課金の大部分を占めているモバイルゲームの課金額推移が以下の通り。2021年上半期におけるゲームへの課金額は、App Storeが前年同期比13.5%増の260億ドル(約2兆8730億円)、Google Playは前年同期比24.7%増の187億ドル(約2兆660億円)となっており、両ストアの総額は前年同期比17.9%増の447億ドル(約4兆9400億円)に達しました。なお、2019年上半期から2020年上半期の成長率は25.5%であり、2020年上半期から2021年上半期の成長率は伸び悩んでいるように見えますが、Sensor Towerは「これは業界の低迷を示すものではなく、COVID-19パンデミックの極端な状況における関心の高まりが、後になって正常化したことを示しています」と述べています。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

昨年コロナ対策中に英首相官邸でクリスマスパーティー 官邸は否定するが…… - BBCニュース

イギリスで昨年12月に厳しい感染対策が敷かれていた期間中、首相官邸で多人数のクリスマスパーティーが開かれていたと報道されているが、官邸はこれを否定している。

高齢者の外出、銀座で39%増 接種進み安心感新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、高齢者の人出が増え始めた。感染リスクの低下による安心感が外出を後押ししている。ワクチンの効果が高まる2回目の接種後は高齢者の人出が一段と増すとみられる。感染力の強い変異ウイルスが広がるなか、人流が拡大すれば再び医療が逼迫しかねないとの懸念も出ている。NTTドコモの携帯電話の位置情報データによると、6月最後の土日(26~27日)の東京・銀座の午後3時台の人 こんなに綺麗に年代別で出るんですね。ワクチン接種が個人消費に繋がるいい例です。 #引きこもりは老人の生き甲斐を奪いますよ‼️😡

5月の小売販売額8.2%増、3カ月連続プラス経済産業省が29日発表した5月の商業動態統計速報によると、小売業販売額は前年同月比8.2%増の11兆9470億円だった。増加は3カ月連続で、百貨店やコンビニエンスストアが前年同月を上回った。2020年5月は政府が1回目の緊急事態宣言を出し、外出自粛で小売業販売額は大きく落ち込んだ。今年5月も3回目の宣言が出ていたが、地域が限られたことなどから前年同月よりも販売額は増え 家の近くの焼き鳥屋の親父、外車買いました。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗行ってます。スナックのママ、越境どころか海外旅行に出発。バーのマスター、今年1日も働かなくて2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1100万円・1ヶ月120万円の飲食店の、時短協力金8割の使い道 国民一人10万以上負担

マグロ漁獲枠2割増を提案 7月の国際会議は難航かマグロ漁獲枠2割増を提案 7月の国際会議は難航か 政府は7月に開かれる2022年の漁獲枠を協議する国際会議に、「前年比20%増」の増枠を提案した。 厳しい漁獲管理によって資源回復が進んだためで、漁獲枠拡大を求めるのは4年連続だ。 日本の広い領海の中だけで回遊して育つクロマグロが、水産庁天下り先の大型巻網漁船の赤ちゃんマグロ漁で激減している上に、市場では小さすぎて売れ残る。 この状況、何か変わったっけ? 条件に大型(成魚)のみの限定くらいは必要だろう。

高齢者の外出、銀座で39%増 接種進み安心感新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、高齢者の人出が増え始めた。感染リスクの低下による安心感が外出を後押ししている。ワクチンの効果が高まる2回目の接種後は高齢者の人出が一段と増すとみられる。感染力の強い変異ウイルスが広がるなか、人流が拡大すれば再び医療が逼迫しかねないとの懸念も出ている。NTTドコモの携帯電話の位置情報データによると、6月最後の土日(26~27日)の東京・銀座の午後3時台の人 こんなに綺麗に年代別で出るんですね。ワクチン接種が個人消費に繋がるいい例です。 #引きこもりは老人の生き甲斐を奪いますよ‼️😡

5月の小売販売額8.2%増、3カ月連続プラス経済産業省が29日発表した5月の商業動態統計速報によると、小売業販売額は前年同月比8.2%増の11兆9470億円だった。増加は3カ月連続で、百貨店やコンビニエンスストアが前年同月を上回った。2020年5月は政府が1回目の緊急事態宣言を出し、外出自粛で小売業販売額は大きく落ち込んだ。今年5月も3回目の宣言が出ていたが、地域が限られたことなどから前年同月よりも販売額は増え 家の近くの焼き鳥屋の親父、外車買いました。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗行ってます。スナックのママ、越境どころか海外旅行に出発。バーのマスター、今年1日も働かなくて2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1100万円・1ヶ月120万円の飲食店の、時短協力金8割の使い道 国民一人10万以上負担