九州北部 長時間続く大雨に最大級の警戒を(日直予報士)

【九州北部 長時間続く大雨に最大級の警戒を】 福岡県、佐賀県、長崎県には引き続き大雨特別警報が発表されており、土砂災害などに対..

2020/07/07 2:13:00

【九州北部 長時間続く大雨に最大級の警戒を】 福岡県、佐賀県、長崎県には引き続き大雨特別警報が発表されており、土砂災害などに対..

福岡県、佐賀県、長崎県には引き続き大雨特別警報が発表されており、土砂災害などに対して最大級の警戒が必要です。梅雨前線はあす8日朝にかけて、対馬海峡に停滞した状態が続く見込みです。前線の位置が変わらないため、九州北部にはこの後も次々と活発な雨雲が流れ込みます。繰り返し非常に激しい激しい雨あるいは猛烈な雨が降り、総雨量はさらに増えていきます。九州北部では長時間にわたる警戒が必要となっています。

同じような場所で長時間、大雨が降っているため、九州北部では広い範囲で土砂災害の危険度が高くなっており、川は水位が高くなっています。梅雨前線は、あす8日朝にかけても対馬海峡付近に停滞し続け、その後、あす8日夜にかけてはゆっくりと九州を南下する見込みです。梅雨前線の位置がほとんど変わらないため、九州北部ではあす8日朝にかけても繰り返し非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨が降る恐れがあります。 続きを読む: tenki.jp »

eye:ヒロシマ 6人の75年 - 毎日新聞

1945年8月6日午前8時15分、米軍が広島に投下した原子爆弾は市街地の上空約600メートルで爆発し、多くの市民の命を奪った。あの日からまもなく75年。広島市によると、これまでの原爆の関連死者数は約32万人にのぼるという。

BABYLONBU5TER いつもおもうのですが、「最大級の警戒を」……って誰に言ってるんでしょう❓️ BABYLONBU5TER 2020年7月7日 雨雲レーダーは分りやすいように、わざと日本列島の上空のみの表示なんですかね? これだけ見ると、日本列島の上空のみに雨雲が発生しているようにしか見えない、、知ってる方いますか? 中四国は大丈夫? 以前、初めて九州を訪れた時、一番感じたことは「雨の強さが違う!」ということだった。とにかく関東に比べたら降雨の勢いがすごい! 由布院から乗車した久大本線特急が豪雨で停車してる時の車両の屋根を叩く雨音に大いに不安を煽られた。 熊本から鹿児島方面に移動するときもひどかった・・。

九州北部 土砂災害や洪水の危険度が急上昇(日直予報士)九州北部周辺で活発な雨雲が帯状にまとまってきており、昼ごろから非常に激しい雨のエリアが広がってきています。長崎県や佐賀県、福岡県、大分県で土砂災害や浸水、洪水の危険度が急に上がってきている所があります。九州北部でも状況は悪化してきており、早めの避難、身の安全の確保が肝心です。 2014年に起きた広島土砂災害のような事が九州北部でまた起こるかもしれないってことかな((((;゜Д゜))))ガクブル やー こっちに来よる!😆

九州北部、7日も猛烈な雨の恐れ…気象庁「地盤の緩みなど警戒を」 : 社会 : ニュース気象庁の6日午後5時半過ぎの発表によると、梅雨前線が東シナ海から対馬海峡を通り東北地方にのびており、前線は8日ごろにかけて西日本から東北地方に停滞する見込みという。そのため、西日本から東北地方の広い範囲で、7日にかけて 浮き輪と水着を準備しないと。

九州北部 土砂災害や洪水の危険度が急上昇(日直予報士)九州北部周辺で活発な雨雲が帯状にまとまってきており、昼ごろから非常に激しい雨のエリアが広がってきています。長崎県や佐賀県、福岡県、大分県で土砂災害や浸水、洪水の危険度が急に上がってきている所があります。九州北部でも状況は悪化してきており、早めの避難、身の安全の確保が肝心です。 2014年に起きた広島土砂災害のような事が九州北部でまた起こるかもしれないってことかな((((;゜Д゜))))ガクブル やー こっちに来よる!😆

九州北部、7日も猛烈な雨の恐れ…気象庁「地盤の緩みなど警戒を」 : 社会 : ニュース気象庁の6日午後5時半過ぎの発表によると、梅雨前線が東シナ海から対馬海峡を通り東北地方にのびており、前線は8日ごろにかけて西日本から東北地方に停滞する見込みという。そのため、西日本から東北地方の広い範囲で、7日にかけて 浮き輪と水着を準備しないと。

8日にかけて広範囲で長引く大雨 各地の雨のピークは(日直予報士)九州から関東甲信、東北は局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、8日にかけても大雨が長く続くおそれがあります。地方ごとに雨のピークをまとめました。 、、、!、、

北陸 8日にかけて大雨 浸水・土砂災害・河川増水に要警戒(日直予報士)梅雨前線が8日にかけて北陸地方に停滞する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、広い範囲で雨雲が発達するでしょう。北陸地方の各地で大雨となる見込みです。低地の浸水や土砂災害、河川の増水に警戒してください。