ロシア侵攻、防衛白書新章で非難 「抑止力」強調:北海道新聞 どうしん電子版

2022/05/11 14:15:00

ロシア侵攻、防衛白書新章で非難 「抑止力」強調:北海道新聞 どうしん電子版

政治, 日ロ

ロシア侵攻、防衛白書新章で非難 「抑止力」強調: 北海道新聞 どうしん電子版

政府の2022年版防衛白書の素案が11日、判明した。ロシアによるウクライナ侵攻について、新たな章を設けて非難。国際秩序の根幹を揺るがし、米国と中国の競争にも影響を与えるとして「重大な懸念を持って注視...

ロシアに関しては北方領土への最新装備配備の動きから、前年の「注視していく」から表現を大幅に強め、情勢認識を引き上げた。米国は「核の傘」を含む抑止力によって、日本を守る「拡大抑止」を提供していると強調した。

続きを読む: 北海道新聞 »

秋田 由利本荘【動画】氾濫発生の芋川 田んぼが冠水 午前10時 | NHK

【NHK】13日午前10時15分ごろ、秋田県由利本荘市を流れる芋川の近くで撮影された映像です。茶色く濁った水が川からあふれ、川と河… 続きを読む >>

立憲・小熊氏がウクライナ渡航 国会の許可得ず、役職停止:北海道新聞 どうしん電子版立憲民主党の小熊慎司幹事長代理が大型連休中、国会の許可を得ずにウクライナへ渡航していたことが分かった。衆院議院運営委員会の山口俊一委員長が10日、記者団に明らかにした。小熊氏もフェイスブックなどで同... 規則を破るのが立憲ですね!

リス通ります!手作り看板で注意 別海・中西別小児童、のぼりも:北海道新聞 どうしん電子版【別海】リスが通るので気をつけて!!―。国道243号沿いの中西別ふれあいセンター前に、中西別小4年生3人の手による看板とのぼりがお目見えした。社会科の学習で児童が発案した取り組みだ。 看板は畳1...

北海道経営未来塾 道外研修2年ぶり復活 活動計画決まる:北海道新聞 どうしん電子版道内の若手経営者を育成する北海道経営未来塾(長内順一塾長)は、第7期となる本年度の活動計画を決めた。新型コロナウイルス禍で中止していた道外への研修講座を2年ぶりに復活させるほか、道内外の著名経営者ら...

トビから高病原性鳥インフル検出 道内初、釧路で回収:北海道新聞 どうしん電子版道は10日、釧路市で4月29日に回収した衰弱したトビ1羽から致死率の高い高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたと発表した。...

中川町で発見のテリジノサウルスは新種 北大などの研究で判明:北海道新聞 どうしん電子版上川管内中川町で2000年に発見された恐竜の化石が、肉食から草食に変化を遂げ、「謎の恐竜」とされるテリジノサウルス科の新種であることが、北大総合博物館の小林快次(よしつぐ)教授(古脊椎動物学)らの研... a

道議会政活費訴訟、知事側は争う姿勢 札幌地裁で初弁論:北海道新聞 どうしん電子版道が2020年度に道議会会派の自民党・道民会議に交付した政務活動費(政活費)に違法な支出があるとして、札幌市民オンブズマン(代表・島田度(わたる)弁護士)が鈴木直道知事を相手取り、同会派に計約440...

政府の2022年版防衛白書の素案が11日、判明した。ロシアによるウクライナ侵攻について、新たな章を設けて非難。国際秩序の根幹を揺るがし、米国と中国の競争にも影響を与えるとして「重大な懸念を持って注視していく」と明記した。注目分野を特集する「別冊」では「抑止力」を取り上げ、他国に侵略を思いとどまらせる力は不可欠だと防衛体制を強化する必要性を主張した。 ロシアに関しては北方領土への最新装備配備の動きから、前年の「注視していく」から表現を大幅に強め、情勢認識を引き上げた。 米国は「核の傘」を含む抑止力によって、日本を守る「拡大抑止」を提供していると強調した。 より詳しい記事は電子版会員専用です。 .立憲民主党の小熊慎司幹事長代理が大型連休中、国会の許可を得ずにウクライナへ渡航していたことが分かった。衆院議院運営委員会の山口俊一委員長が10日、記者団に明らかにした。小熊氏もフェイスブックなどで同国を訪れたことを紹介している。立民の西村智奈美幹事長は退避勧告地域であり非常に問題だとして、小熊氏を注意し幹事長代理の役職を1カ月停止にしたと発表した。 外務省はウクライナ全土の危険情報を最高度の「レベル4」(退避勧告)にしている。松野博一官房長官は記者会見で「取りやめるべきだった。渡航はどのような目的であれ、やめるよう求めている」と批判した。 より詳しい記事は電子版会員専用です。.リス通ります!手作り看板で注意 別海・中西別小児童、のぼりも 05/10 19:25 更新 【別海】リスが通るので気をつけて!!―。国道243号沿いの中西別ふれあいセンター前に、中西別小4年生3人の手による看板とのぼりがお目見えした。社会科の学習で児童が発案した取り組みだ。 看板は畳1枚分ほどで、女子2人と男子1人が道路に飛び出すエゾリスと標語を描いた。のぼりはリスのシルエットを添え「リスがわたります」と呼びかけ。これも3人の絵と標語を基に10本が完成した。 残り:.道内の若手経営者を育成する北海道経営未来塾(長内順一塾長)は、第7期となる本年度の活動計画を決めた。新型コロナウイルス禍で中止していた道外への研修講座を2年ぶりに復活させるほか、道内外の著名経営者らを招いた講演会を通して見聞を広げてもらう。 道外の研修講座では、東京の若手経営者との交流会を開き、コロナ禍の打撃への対処法や経営上の悩みなどについて意見交換。また、首相官邸や国会、大手企業を訪れ、政治家や経営トップから政策や経営者の心構えなどを聞く。 残り:.