ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの作品など2022年にパブリックドメインとなる著作物とは?

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの作品など2022年にパブリックドメインとなる著作物とは?

2021/12/03 14:05:00

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの作品など2022年にパブリックドメインとなる著作物とは?

毎年1月1日、著作権保護法による保護期間が終了する著作物や知的創作物が、知的財産権の対象から離れてパブリックドメインとなります。日本の場合、2022年1月1日には、1951年に没した人物が対象となります。パブリックドメインに入った作品を紹介するオンラインジャーナルであるThe Public Domain Reviewが、2022年に新しくパブリックドメインに追加される作品について説明しています。

What Will Enter the Public Domain in 2022? – The Public Domain Reviewパブリックドメインとなった著作物は、知的財産権の侵害を理由として利用の差し止め等を求められることはなくなります。著作権保護法による保護期間は国によって異なり、日本やイギリス、ロシア、EU諸国などは70年と制定されています。一方、カナダやニュージーランド、アフリカ諸国などは50年と制定されています。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

熱海土石流で警察が強制捜査 前の土地所有者の関係先など捜索

去年7月、静岡県熱海市で26人の命が奪われた大規模な土石流災害で、静岡県警は、盛り土を造成した前の土地所有者の関係先などに家宅捜索に入りました。 続きを読む >>