マーベルドラマ「デアデビル」の打ち切り、ディズニープラス始動が関係か ─ キングピン役俳優が見解を語る | THE RIVER

うーむ

デアデビル, マーベル

2022/01/18 7:28:00

マーベル ドラマ「 デアデビル 」の打ち切り、 ディズニー プラス始動が関係か? キングピン 役俳優が見解を語る 「あのとき何が起きていたのかは誰もが理解しているし、どうしようもないことだった」 デアデビル マーベル Netflix

うーむ

「長い間この業界にいると、ビジネス的な見方はわかります。理解できなかったのは、大成功したものをなぜ終わらせたのかということ。僕たちは落ち込んだけれど、あのとき何が起きていたのかは誰もが理解しているし、どうしようもないことだった。この業界にいると、物事を受け入れることを学ぶようになります。結局はそういう世界だし、そこで僕たちにできることはまったくないから。」ヴィンセントは「Marvel デアデビル」の終了後も、チャーリー・コックスこそがデアデビル役にはふさわしいと強調し、ときにはシリーズ再開を望む言葉を公に語ってきた。シーズン4が作られなかったことについて、チャーリーとヴィンセントは「お互いの役柄で描けることはもっとたくさんあった」と話し合ってもいたという。奇しくも、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では大きな状況の変化が見えてきたところ。今後、さらなる展開にも期待できるかどうか。

続きを読む: THE RIVER »

「恐ろしく、理解できない」 小学校での銃撃事件でテキサス州知事が会見 - BBCニュース

米テキサス州ユヴァルディの小学校で24日、銃撃事件があり、これまでに複数の児童らの死亡が確認された。アボット州知事は容疑者の男も死亡したと明らかにした。 続きを読む >>

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』トム・ホランド、先輩俳優の◯◯◯に嫉妬していた | THE RIVER【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』トム・ホランド、先輩俳優の◯◯◯に嫉妬していた😑 原因はヒーロー作品の撮影でありがちなアレ。 先輩俳優が証言。 スパイダーマン スパイダーマンNWH トム・ホランド トムホランド

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あの人の出演に『アメスパ』脚本家が反応 ─ 「今、愛と賞賛を得られたのは特別」 | THE RIVER【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あの人の出演に『アメスパ』脚本家が反応💡 「今、愛と賞賛を得られたのは特別」 ※重大なネタバレがあります。必ず映画を観てからお楽しみください🕸 スパイダーマン スパイダーマンNWH

マーベル「ムーンナイト」米予告編&ポスター公開 ─ 心の病を抱えた新ヒーロー、オスカー・アイザック主演 | THE RIVER マーベル 「ムーンナイト」米予告編&ポスター公開!🌙 心の病を抱えた元傭兵、神と契約してヒーローに。 主演は オスカー・アイザック 、ヴィラン役は イーサン・ホーク。 マーベル ディズニー プラス オスカーアイザック イーサンホーク

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』エンディング解説 ─ 選択の意味、新たな疑問、続編の可能性 | THE RIVER【ネタバレ⚠️】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』エンディング解説 🕸選択の意味 🕸新たに生まれた疑問 🕸続編の可能性 ※重大なネタバレがあります。必ず映画を観てからお楽しみください🕷️ スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム マーベル

【ネタバレ考察】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』キャプテン・アメリカの上で揺れた正義、行われた世代交代 | THE RIVER【ネタバレ考察】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』キャプテン・アメリカの上で揺れ動いた正義。そして行われた世代交代。 ピーターの成長を優しく見守るキャップ。そう思える場面が無かったでしょうか?👀 スパイダーマン スパイダーマンNWH キャプテンアメリカ

【ネタバレ解説】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』47個の小ネタまとめ ─ 隠し要素、過去作への愛あるオマージュ、広がるマーベル世界 | THE RIVER【ネタバレ解説】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』47個の小ネタまとめ💥 隠し要素、過去作への愛あるオマージュ、広がる マーベル 世界… いくつ気付いた? ※重大なネタバレが多数あります。必ず映画を観てからお楽しみください🕸️ スパイダーマン マーベル summertosuika (*^3^)/~♡༼ つ ◕‿◕ ༽つ( /^ω^)/♪♪

しかし、どうやらヴィンセントの認識はふたりとは異なるようだ。今回の発言からは、「デアデビル」の終了がディズニープラスのサービス開始に関係していたという見解がうかがえるからだ。ヴィンセントはこうも述べている。 「長い間この業界にいると、ビジネス的な見方はわかります。理解できなかったのは、大成功したものをなぜ終わらせたのかということ。僕たちは落ち込んだけれど、あのとき何が起きていたのかは誰もが理解しているし、どうしようもないことだった。この業界にいると、物事を受け入れることを学ぶようになります。結局はそういう世界だし、そこで僕たちにできることはまったくないから。」 ヴィンセントは「Marvel デアデビル」の終了後も、チャーリー・コックスこそがデアデビル役にはふさわしいと強調し、ときにはシリーズ再開を望む言葉を公に語ってきた。シーズン4が作られなかったことについて、チャーリーとヴィンセントは「お互いの役柄で描けることはもっとたくさんあった」と話し合ってもいたという。奇しくも、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では大きな状況の変化が見えてきたところ。今後、さらなる展開にも期待できるかどうか。 ▼デアデビル の記事