ブラッド・ピット『ブレット・トレイン』9月公開決定、劇場用予告&場面写真が一挙到着 ─ 人生最悪の120分間が幕を開ける | THE RIVER

2022/05/26 2:01:00

ムビチケ情報も

ブレット・トレイン, ブラッド・ピット

ブラッド・ピット ブレット・トレイン 』9月公開決定、劇場用予告&場面写真が一挙到着💥 人生最悪の120分間が幕を開ける🚅 ブレット・トレイン ブラッド・ピット

ムビチケ情報も

主演のが演じるのは、世界で最も運の悪い殺し屋レディバグ。ブリーフケースを奪うよう謎の女性から電話越しに指令を受けたレディバグは、気合たっぷりに“東京発・京都行”の超高速列車に乗り込む。しかし、それは彼にとって人生最悪な120分間の始まりだった。劇場版予告では、乗りこんでくるキャラ濃すぎの殺し屋たちが、全く身に覚えのないレディバグに次々と襲い掛かる。ブリーフケースを奪ってすぐ降りるだけの、簡単な任務のはずだったが……。弾丸列車と化した時速350kmの車内で繰り広げられる、決死のバトル。予期せぬ最悪が折り重なり、終着点・京都に向けて絶望が加速する。やがて繋がる殺し屋たちの過去の因縁。予告の最後で真田広之演じるエルダーがレディバグに諭す「お前の運命だ」という言葉が意味するものとは?

日本版ポスターでは、「殺し屋しか、乗ってこねぇ」と、ボロボロのTシャツに傷だらけのブラッド・ピットが困り顔でぼやき、東京から京都までの間にいったい何があったのか、想像を掻き立てるビジュアルとなっている。さらには、2022年5月27日(金)より、本作のムビチケ前売券(カード/オンライン)が発売開始となった。ムビチケカードは特別デザインの乗車券型で、ムビチケカード購入特典は「オリジナル手汗ぬぐい」となっている。この手汗ぬぐいを持って、レディバグと共に手に汗握る最悪の120分間を体感しよう。

続きを読む: THE RIVER »

クジラ12頭に囲まれるも「楽しかった」 アルゼンチン沖でパドルボーダー - BBCニュース

アルゼンチンのモンテ・エルモソ沖で16日、パドルボードを楽しんでいた男性2人の目の前にクジラが現れた。気がつくと12頭ものクジラに囲まれていたという。 続きを読む >>

楽しみ🥰

ブラッド・ピット主演・伊坂幸太郎原作『ブレット・トレイン』9・1公開、特報解禁伊坂幸太郎の小説「 マリアビートル 」を、 ブラッド・ピット 主演で、『デッドプール2』の デヴィッド・リーチ 監督が映画化した『 ブレット・トレイン 』の日本公開日が、9月1日に決定した。日本版ポスターと劇場版予告、殺し屋たちの場面写真が新たに解禁された。 ブラッド・ピット 演じる世界で最も運の悪い殺し屋レディバグ。ブリーフケースを奪うよう謎の女性から電話越しに指令を受けたレディバグは、気合たっぷりに<東京発・京都行>の超高速列車に乗り込む。しかし、それは彼にとって人生最悪な120分間の始まりだった。

トム・クルーズがスタントを止めない理由 ─ 「準備こそ全て」「その世界を体験してほしい」 | THE RIVERトム・クルーズ、スタントを止めない理由とは?🏃 「誰もジーン・ケリーにこうは聞きませんでしたよね。“なんで踊るんだ?”って」 トム・クルーズ トムクルーズ トップガン ミッションインポッシブル

『バッドボーイズ』第4作は「今も進行中」 ─ ウィル・スミス平手打ち後の進捗、米ソニー会長が言及 | THE RIVER『バッドボーイズ』第4作は「今も進行中」 ウィル・スミス平手打ち後の進捗、米ソニー会長が言及 「車が発進していなかったので、かけるブレーキはありませんでした」 ウィル・スミス ウィルスミス バッドボーイズ

「ストレンジャー・シングス」シーズン4、配信直前予告が公開 ─ 少年少女らが裏側の世界の脅威に挑む、仲良しグループに亀裂も? | THE RIVER「ストレンジャー・シングス」シーズン4、配信直前予告が公開! 少年少女らが裏側の世界の脅威に挑む、仲良しグループに亀裂も?💥 Netflx ストレンジャーシングス

『ミッション:インポッシブル』最新作、初映像が米公開 ─ キトリッジ遂に登場、トム・クルーズが崖から決死ダイブ | THE RIVER『ミッション:インポッシブル』最新作、初映像が米公開🎬 キトリッジ、第1作から遂にカムバック。イーサン・ハントに”選択”を迫る。 来日中のトム・クルーズが崖からバイクダイブする驚愕のアクションも💥 ミッションインポッシブル トム・クルーズ トムクルーズ 本当?

Netflix版「デアデビル」製作者、ディズニープラス新作に「ほろ苦い」思いを吐露 | THE RIVERNetflix版「デアデビル」製作者、ディズニープラス新作に「ほろ苦い」思いを吐露 デアデビル マーベル

に決定した。あわせて、日本版ポスター、劇場版予告、場面写真が到着している。 主演の が演じるのは、世界で最も運の悪い殺し屋レディバグ。ブリーフケースを奪うよう謎の女性から電話越しに指令を受けたレディバグは、気合たっぷりに“東京発・京都行”の超高速列車に乗り込む。しかし、それは彼にとって人生最悪な120分間の始まりだった。  劇場版予告では、乗りこんでくるキャラ濃すぎの殺し屋たちが、全く身に覚えのないレディバグに次々と襲い掛かる。ブリーフケースを奪ってすぐ降りるだけの、簡単な任務のはずだったが……。 弾丸列車と化した時速350kmの車内で繰り広げられる、決死のバトル。予期せぬ最悪が折り重なり、終着点・京都に向けて絶望が加速する。やがて繋がる殺し屋たちの過去の因縁。予告の最後で真田広之演じるエルダーがレディバグに諭す「お前の運命だ」という言葉が意味するものとは? 日本版ポスターでは、「殺し屋しか、乗ってこねぇ」と、ボロボロのTシャツに傷だらけのブラッド・ピットが困り顔でぼやき、東京から京都までの間にいったい何があったのか、想像を掻き立てるビジュアルとなっている。 さらには、2022年5月27日(金)より、本作のムビチケ前売券(カード/オンライン)が発売開始となった。ムビチケカードは特別デザインの乗車券型で、ムビチケカード購入特典は「オリジナル手汗ぬぐい」となっている。この手汗ぬぐいを持って、レディバグと共に手に汗握る最悪の120分間を体感しよう。 場面写真 .ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 JASRAC許諾番号:9009642142Y31015 / 9009642140Y38026 | JRC許諾番号:X000003B14L | e-License許諾番号:ID26546 このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。.』のプレミア上映を迎えたトムは、『雨に唄えば』(1952)をはじめとする伝説のミュージカル俳優ジーン・ケリーを例に挙げながらこう答えた。「 誰もジーン・ケリーにこうは聞きませんでしたよね。“なんで踊るんだ?”って かく語るトム、ただ好きだからという理由だけでスタントを行っているわけではない。映画という一種の芸術を愛する者としての立場からも、トムはアクションに対して並々ならぬ情熱を捧げるのだ。トムはこれまでのキャリアを振り返り、以下のように続ける。 「 そして、芸術の境界をもっと押しやりたいとも。どうやったらアクションを使って観客を没入させてあげられるか。どう楽しませられるだろうか。何ができるだろうか。こう考え続けてきました。」 このように考え、行動してきた先に実を結んだ成果の一つが、『ミッション:インポッシブル』シリーズだ。1960〜70年代のテレビドラマ「スパイ大作戦」を映画化した本シリーズは、ハリウッドを代表するアクション作品として知られるが、当時トムは周りの友人から「それはひどいアイデアじゃないか。テレビドラマだぞ」と言われ、映画化の可能性すら一蹴されたという。 それでも諦めなかったトムの創造精神は、プレミア上映の場で彼が会場に向けて語った次の言葉に表されているであろう。「 僕は、物語は尽きないものだとを知っています。常に未来のことを見据えながら、こう考えているんです。“次は何だ。何だろうか”と 」。そして、命がけの任務を全て成功させてきたトムはこうも語る。「準備こそ全て。その姿を皆さんが見逃したとしても問題ありません。僕は人に仕事の裏側を見てほしくないし、見てもらいたいとも思いません。 ただその世界を体験してほしいんです.のインタビューに応じた米ソニー・ピクチャーズのトム・ロスマン会長が、「ウィル・スミスのビンタ騒動後、『バッドボーイズ4』に急ブレーキがかかったとの報道がありましたが……」と話題を振られ、こう返答している。 「 いいえ、その報道は正しくありません。あの映画はずっと開発中で、今も進行中です。車が発進していなかったので、かけるブレーキはありませんでした。 あれは非常に残念な出来事で、私はコメントする立場ではないと思います。ウィル・スミスとは旧知の仲で、彼が良い人だと知っているということ以外は。あの出来事は、とても善良な人が世界の目の前で非常に悪い立場になってしまった例であり、私は彼の謝罪と後悔が真摯であることも、許しと贖罪も信じています。」 ロスマン会長はスミスを擁護しているが、実際に第4作がどれほど前進しているのかは不明。既報では、スミスが続編の脚本を受け取ったばかりだったと伝えられていた。 なお『バッドボーイズ4』の他には、Netflix製作によるスミス主演の新作映画『Fast and Loose(原題)』の製作が一時中断されたことも報じられている。こちらについては、プロジェクトの復活・進捗状況は届いてない。 あわせて読みたい.