Figureskate, フィギュアスケート, ブレイディテネル, フィギュア

Figureskate, フィギュアスケート

テネル3年ぶり全米選手権V 非公認も自己ベスト - フィギュア : 日刊スポーツ

テネル3年ぶり全米選手権V 非公認も自己ベスト #figureskate #フィギュアスケート #ブレイディテネル

2021/01/16 8:15:00

テネル3年ぶり全米選手権V 非公認も自己ベスト figureskate フィギュアスケート ブレイディテネル

ショートプログラム(SP)首位発進のブレイディ・テネル(22)が3年ぶりの優勝を飾った。フリーもトップの153・21点を記録し、合計232・61点。国際スケー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ショートプログラム(SP)首位発進のブレイディ・テネル(22)が3年ぶりの優勝を飾った。フリーもトップの153・21点を記録し、合計232・61点。国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、公認記録の自己ベスト225・64点を上回る高得点となった。新型コロナウイルスの影響で各選手、調整に苦しんだ今季。その中でテネルが完成度の高さを示した。フリーは冒頭のルッツ-トーループの連続3回転から、大きなミスなくジャンプを着氷。基礎点が1・1倍となる演技後半にもルッツ-トーループの連続3回転、最終盤には3回転フリップからの3連続ジャンプを組み込んだ。演技構成点は全5項目で10点満点の9点台を記録した。

小学生女児狙ったわいせつ容疑の男「精神面で傷つけたかった」 - ライブドアニュース 「ウォーキング・デッド」最終シーズン、夏放送スタート! - ライブドアニュース 栃木県足利 およそ半月ぶり乾燥注意報解除 大地を潤す雨も降り方には注意(日直予報士)

3連覇を目指したSP2位のアリサ・リュウ(15)は演技後半の回転不足などが響いてフリー4位。総合でも4位となった。上位成績は以下の通り。〈1〉ブレイディ・テネル 232・61点〈2〉アンバー・グレン 215・33点〈3〉カレン・チェン 214・98点〈4〉アリサ・リュウ 213・39点〈5〉マライア・ベル 199・95点 続きを読む: 日刊スポーツ »

イギリス初? 「ムーンフラワー」開花をタイムラプスで - BBCニュース

英ケンブリッジ大学の植物園で20日午後、稀少な南米の「ムーンフラワー」が花を咲かせた。