サイバー攻撃、進む分業 「侵入口」100ドルで闇取引

サイバー攻撃、進む分業 「侵入口」100ドルで闇取引

2021/07/31 21:03:00

サイバー攻撃、進む分業 「侵入口」100ドルで闇取引

企業のネットワークシステムなどに対するサイバー攻撃で「分業」が進んでいる。過去1年弱の間に、システムへの侵入に使うログイン情報などのデータが少なくとも900件以上売り出され、多くが100ドル(約1万1000円)前後で取引されていた。ハッカーなど犯罪者が購入し、サイバー攻撃の急増につながっているとの指摘がある。侵入口となるデータは「初期アクセス」と呼ばれ、パソコンを遠隔から操作する「リモートデス

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

9/11の20周年追悼式典、ニューヨークなど3か所で - BBCニュース

2001年9月11日にハイジャック攻撃を受けた米ニューヨークの世界貿易センタービル跡地、国防総省、ペンシルヴェニア州シャンクスヴィルの3カ所で、追悼式典が行われた。ペンシルヴェニア州での式典では、攻撃当時に大統領だったジョージ・W・ブッシュ氏が演説した。

国際法は戦争の自由を謳っているんでしょ? サイバー戦争は必ずしも悪くはない。 互いにシステムの脆弱性を攻撃して、その結果システムは強固になり安定する。 日本も情けなくなりましたね!