オーストラリア発!日本も考えるべき「対中戦略」3つの新しい観点とは(奥山 真司)

2022/01/16 0:00:00

【新着記事】奥山 真司:オーストラリア発!日本も考えるべき「対中戦略」3つの新しい観点とは 19世紀の探検家が遺した地図に見るヒント #SAKISIRU #サキシル #米中冷戦

Sakısıru, サキシル

【新着記事】奥山 真司: オーストラリア発!日本も考えるべき「対中戦略」3つの新しい観点とは 19世紀の探検家が遺した地図に見るヒント SAKISIRU サキシル 米中冷戦

ここ数年間の国際政治の動きの速さにはすさまじいものがある。新型コロナの世界的な大流行(パンデミック)の影響もあるが、中心にあるのは、アメリカと中国の対立だ。 もちろん表面的には経済面での対立の激化があり、日本でも対立の余

ところが「インド太平洋構想」の中核をなす「クアッド」を構成する国々(米日印豪)の中で、日本は最も急速に高齢化が進んでおり、しかも経済的にも縮小傾向が続いている。国際政治にも影響を及ぼす日本の高齢化(krblokhin /iStock)これは、オーストラリアが正面から中国と外交的に対峙し、インドは相変わらずどっちつかずの態度を見せつつもヒマラヤを超える国境ではにらみ合いを続けて、中国製のアプリを禁止するような状況と比べると、実に頼りない状況だ。逆にいえばそれだけ中国を「インド太平洋」という枠組みの中に引き込むだけの力量や「伸びしろ」をまだ持っているのが日本だともと言える。

原著者もこの本が日本で翻訳されたことをとても喜んでいる様子だが、それは現在中国との関係が最悪になっているオーストラリア側から「准同盟国」として協力してほしいとする、日本に対する並々ならぬ熱意や期待の証左ともなっている。中国の台頭にどこまで耐えられるか今後の中国の台頭は「インド太平洋」という新たな戦略のレンズから見れば実に困難ではある。だが、日本政府は安心して何もしなくて良い、というものではない。原著者は引き続き各国の外交による連携が不可欠であることを強調しており、中国の台頭を抑えるためにはアメリカをいかにこの地域に関与させ、ミドルパワーであるオーストラリアや日本、そしてインドや東南アジア諸国などが外交力を発揮できるかにかかっている、とする。

続きを読む: SAKISIRU (サキシル)「先を知る、新しい大人のメディア」 »

��#154�ۥ�����з褬���塪 ���������Ǥޤ����Υ��åץ���С��ǥ���!?/��ź������ݻ����� | ����ư�� - netkeiba.com

������󤬥ߥ饯�륷��åȤǷ�����ž!? ���ݻ���������ȤΥ�����з褬���褤����塪 ��4H�Ǥϡ��ɤ��餬�󤯤ޤ���Ф��뤫�򶥤��ȥɥ饳���з�ɤ򳫺š������Ǹ�����󤬸��������ǤȤϡġ� ���� No.1���Ͼ��󥵥��ȡ�netkeiba.com�פζ���ư��netkeibaTV��ͽ�ۤ�졼������Ω�Ķ���ư������������桪 続きを読む >>