オミクロン対応ワクチン、1月生産開始 ノババックス(写真=ロイター)

オミクロン対応ワクチン、1月生産開始 ノババックス

2021/12/03 3:24:00

オミクロン対応ワクチン、1月生産開始 ノババックス

【ニューヨーク=白岩ひおな】米ノババックスは2日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」に対応した新たなワクチンの生産を2022年1月に始めると発表した。ウイルスが細胞に侵入するための突起である「スパイクたんぱく」と呼ばれる抗原の作製に着手し、数週間以内にオミクロン型を標的とするワクチンの臨床試験を始める。新たなワクチン開発と並行して、今後数週間で同社の現行のワクチンがオミクロン型に効果が

【ニューヨーク=白岩ひおな】米ノババックスは2日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」に対応した新たなワクチンの生産を2022年1月に始めると発表した。ウイルスが細胞に侵入するための突起である「スパイクたんぱく」と呼ばれる抗原の作製に着手し、数週間以内にオミクロン型を標的とするワクチンの臨床試験を始める。新たなワクチン開発と並行して、今後数週間で同社の現行のワクチンがオミクロン型に効果があるかどうかも調べる。ノババックス製のワクチンを接種済みの人の抗体が、オミクロン型を中和できるかどうかのデータをまとめる。ノババックス製のワクチンはインドネシアやフィリピンで緊急使用が認められている。

オミクロン型をめぐっては、製薬各社が相次いで既存ワクチンの効果の検証と新たなワクチン開発に着手している。米製薬大手ファイザーと独ビオンテックは6週間以内にワクチンを改良し、必要ならば100日以内に出荷できると表明した。米バイオ製薬モデルナは新たなワクチンの量産に数カ月かかるとの見通しを示した。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

歌と精緻なドット絵に乗せ、擬人化された動物たちの何気ない日常を慈しむ『The Longest Road On Earth』Nintendo Switch版が配信開始 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

Raw Furyは1月27日(木)、スペインのスタジオ・Brainwash Gangが開発するアドベンチャーゲーム『The Longest Road On Earth』について、Nintendo Switch版の配信を開始した。 続きを読む >>

WHO、オミクロン23カ国に 感染力の情報「数日以内」(写真=ロイター)【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は1日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染が少なくとも23カ国で確認されたことを明らかにした。オミクロン型の性質は不明な点が多いが、感染力の強さの情報について「数日以内」に得られる可能性があるとした。オミクロン型は韓国やブラジルなどでも新たに感染者が見つかっている。一部は海外渡航歴のない人が感染しており、感染源を追えない「市中感染」 이 세상의 것들로 인해 당신의 영혼이 지옥에 떨어질 수 있습니다 RoadToMenengai4 메넹가이4_가는_길 またこのオッサン登場ですか?あんまり見たくないお顔ですね。 死者重症化患者も比例して激増ですよね? 毒性が強いから警戒してるんですよね? 経済止めて自殺者増大したの忘れちゃったかな? 健康な人が死ぬ方がマシなのかな?

[FT]オミクロン型へのワクチン効果、見解は真っ二つに(写真=ロイター)新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」をめぐり、欧米の3大ワクチンメーカーのうち2つが不安を鎮めようと動いた。英オックスフォード大学、独ビオンテックが既存のワクチンで重症化を防げるとの見方を示した。一方、3番手の米モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)はフィナンシャル・タイムズ(FT)紙に対し、既存ワクチンのオミクロン型に対する有効性はかなり低いとの見通しを示し、新た 구원의 햇불 같이 나에게 주님이 RoadToMenengai4 메넹가이4_가는_길 まだ、わからないことを記事にする馬鹿メディア。 どこの国に、{水ワクチン}か、{本物ワクチン}にするかで、まよう? 金額次第ということか?

米経済「供給制約が成長の足かせ」 地区連銀報告(写真=ロイター)【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)は1日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、10月から11月上旬にかけて米経済は「大半の地区で緩やかに拡大した」と総括した。その上で「強い需要にもかかわらず、供給網の混乱や労働力不足が成長の足かせ」となっており、これらに起因する物価上昇も「さまざまな分野で広範囲に及んでいる」と報告した。同報告によると、経済拡大ペースに関する表現は前回と

WHO「次のパンデミック」へ改革遅く ようやく議論(写真=ロイター)【ジュネーブ=白石透冴、細川倫太郎】パンデミック(世界的大流行)への対応力を高めるための世界保健機関(WHO)改革が遅れている。加盟国は1日、情報共有やワクチンの公平な分配などに向けて議論の着手で合意したが、報告の目標時期は2024年だ。感染症の拡散スピードやそのリスクに全くついていけないのが実情だ。「意見の違いを乗り越えて、合意の下地をつくれるということが証明された」。WHOのテドロス事務局

OPECプラス、原油増産ペースを維持へ 1月も(写真=ロイター)【カイロ=久門武史】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくる「OPECプラス」は2日、現行の原油増産を2022年1月も続けると決めた。ロイター通信が伝えた。毎月日量40万バレルずつ増産する従来の方針を維持する。ニューヨーク市場の原油先物は同日、需給の緩みを警戒した売りで一時、前日比5%下落した。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」による需要減を警戒し増産を停止する 結局、世界の需給バランスのギャップを過剰に膨らます先物取引マネーが流入しているから、末端の消費者への価格負担が大きくなる。この世界でだぶついている投資マネーは銭儲けの臭いを金融から物資先物で徘徊して投機マネーに変身するからたちが悪い。また輪をかけてパニック事象の情報操作して先物

NYダウ反発で始まる 急落後の反発を見込んだ買い(写真=ロイター)【NQNニューヨーク=川上純平】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発して始まり、午前9時45分現在は前日比359ドル90セント高の3万4381ドル94セントで推移している。ダウ平均は新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」や米連邦準備理事会(FRB)のテーパリング(量的金融緩和の縮小)加速への警戒を背景に、1日までの2日間で1100ドルほど下げた。短期間で大きく売られたことか コンピュータの買いか? 人の買いか?