ウクライナ中部の商業施設にミサイル攻撃、2人死亡

2022/06/27 19:12:00

ウクライナ中部の商業施設にミサイル攻撃、2人死亡

ウクライナ中部の商業施設にミサイル攻撃、2人死亡

【6月28日 AFP】(更新)ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領は27日、中部クレメンチュク(Kremenchuk)の商業施設がロシア軍のミサイル攻撃を受けたと発表した。

ウクライナ大統領府副長官はテレグラムで、これまでに2人が死亡、約20人が負傷しており、うち9人が「重体」だと発表。救助活動は現在も続いているという。 同市が位置するポルタワ( .Copyright (c) 2022 The Okinawa Times All rights reserved..オスロでは同日、性の多様性を祝う「プライド」行進が予定されていた。警察勧告に従い行進は正式には中止されたが、それでも事件現場近くを数百人が行進した。 事件は、LGBTQ+(性的マイノリティーの人たち)に人気の「ロンドン・パブ」の中とその近く、ジャズクラブ「ヘル・ニルセン」と、もう一軒別のパブで起きた。調べによると、現地時間午前1時15分ごろに銃撃が始まった。 目撃者たちによると、容疑者はバッグから銃を取り出し発砲し始めた。その場にいた人たちは、地面に伏せたり逃げ出したりしたという。目撃者は、店内に80~100人が集まっていたと話している。 銃撃で2人が死亡したほか、21人が負傷。そのうち10人は重傷という。 警察は通行人たちの助けを得て、数分後に銃撃犯を拘束。現場で武器2丁を押収した。そのうちひとつは、自動小銃だったという。 警察によると、容疑者はノルウェー国籍の男性。 ノルウェーのヨーナス・ガール・ストーレ首相は同日夜、BBC番組「ニューズアワー」に対して、容疑者は今年5月に当局の職務質問を受けているものの、当時は危険性はないと判断されていたと話した。 ノルウェーの情報機関PSTによると、容疑者は2015年以来、「イスラム過激派の疑い」があり、精神病の病歴もある人物として、当局が把握していたという。 警察は事件について、「これは憎悪犯罪(ヘイトクライム)だと捉えるだけの理由がある」として、「『プライド』行進そのものが標的だったのか、ほかに動機があるのか調べている」と説明した。 ノルウェーはテロ警戒態勢を最高レベルに引き上げたものの、同国の情報機関は、攻撃が続くという兆候は得ていないと明らかにした。.

続きを読む:
AFPBB News »

中国の「ゼロコロナ」抗議 緊迫の5日間を振り返る - BBCニュース

中国のいくつかの大都市で、新型ウイルス対策の規制に反対する抗議行動があった。きっかけとなった火災が発生した24日から、抗議行動が最も激しくなった週末の26、27日を経て、警察が警戒の強化に乗り出した28日に至るまで、緊迫の5日間を振り返る。 続きを読む >>

沖縄の天気(6月28日)晴れ 所によりにわか雨や雷雨 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス小笠原諸島に太平洋高気圧があって、ほとんど停滞しています。沖縄地方はおおむね晴れていますが、にわか雨の所もあります。27日から28日にかけての沖縄地方は、高気圧に覆われておおむね晴れますが、所によりにわか雨や雷雨があるでしょう。沖縄地方の沿岸の海域では、波がやや高いでしょう。

ノルウェー 首都で男が銃を乱射 2人死亡 21人けが | NHK【NHK】ノルウェーの首都オスロで男が銃を乱射し、これまでに2人が死亡し21人がけがをしました。警察は現場の近くにいた42歳の男を… イラン系ノルウェー人の男。 世界的に世情が不安定に成っていると感じる‼️😢😢 🧕中東系に支配される北欧

北欧オスロで性的少数者に人気のバー乱射、2人死亡 イスラム主義テロ事件と警察 - BBCニュース北欧ノルウェーの首都オスロの中心部で25日未明、性的少数者に人気のバーとその周辺で乱射事件があり、2人が死亡し21人が負傷した。42歳男性が殺人や殺人未遂、テロ行為などの容疑で逮捕された。捜査当局は、「イスラム主義テロ」による事件だとしている。 互いに憎しみ合うのはやめましょう!?一方的かもしれないですね!人種も宗教も国籍も党派も超えてお互いに理解し合えたら❗️いいのにね⁉️勿論同性愛者も⁉️

新規感染147人、2人死亡/青森県|速報|Web東奥青森県によると27日午後4時半現在、県内で新たに147人の新型コロナウイルス陽性が判明した。居住地別に青森市12人、八戸市61人、弘前保健所管内5人、五所川原保健所管内7人、むつ保健所管内12人、上十三保健所管内39人、三戸地方保健所管内11人。感染者2人が死亡した。新規クラスター(感染者集団)が、八戸市、弘前保健所管内、むつ保健所管内で各1件、合わせて3件発生した。このほか、検査せず症状などから医師が感染したと判断する「みなし陽性」が4人だった。

商業施設にミサイル、2人死亡 ウクライナ大統領がロシア非難:時事ドットコムウクライナのメディアによると、中部ポルタワ州クレメンチュクの商業施設に27日夕、ロシア軍のミサイルが命中した。施設は炎上し、少なくとも2人が死亡、20人が負傷した。敷地内には当時、1000人以上がいたという。 ゼレンスキー大統領は通信アプリで「被害者数は想像すらできない」と表明。「(商業施設は)ロシア軍にとってまったく脅威ではなく、戦略的価値もない。人々が日常生活を送ろうとしていただけだ」と述べ、ロシア側を非難した。

ウクライナ大統領府副長官はテレグラムで、これまでに2人が死亡、約20人が負傷しており、うち9人が「重体」だと発表。救助活動は現在も続いているという。 同市が位置するポルタワ( .Copyright (c) 2022 The Okinawa Times All rights reserved..オスロでは同日、性の多様性を祝う「プライド」行進が予定されていた。警察勧告に従い行進は正式には中止されたが、それでも事件現場近くを数百人が行進した。 事件は、LGBTQ+(性的マイノリティーの人たち)に人気の「ロンドン・パブ」の中とその近く、ジャズクラブ「ヘル・ニルセン」と、もう一軒別のパブで起きた。調べによると、現地時間午前1時15分ごろに銃撃が始まった。 目撃者たちによると、容疑者はバッグから銃を取り出し発砲し始めた。その場にいた人たちは、地面に伏せたり逃げ出したりしたという。目撃者は、店内に80~100人が集まっていたと話している。 銃撃で2人が死亡したほか、21人が負傷。そのうち10人は重傷という。 警察は通行人たちの助けを得て、数分後に銃撃犯を拘束。現場で武器2丁を押収した。そのうちひとつは、自動小銃だったという。 警察によると、容疑者はノルウェー国籍の男性。 ノルウェーのヨーナス・ガール・ストーレ首相は同日夜、BBC番組「ニューズアワー」に対して、容疑者は今年5月に当局の職務質問を受けているものの、当時は危険性はないと判断されていたと話した。 ノルウェーの情報機関PSTによると、容疑者は2015年以来、「イスラム過激派の疑い」があり、精神病の病歴もある人物として、当局が把握していたという。 警察は事件について、「これは憎悪犯罪(ヘイトクライム)だと捉えるだけの理由がある」として、「『プライド』行進そのものが標的だったのか、ほかに動機があるのか調べている」と説明した。 ノルウェーはテロ警戒態勢を最高レベルに引き上げたものの、同国の情報機関は、攻撃が続くという兆候は得ていないと明らかにした。.