インターネットによるデジタルコミュニケーションが浸透する前はどのような通信を行ってきたのか?

2022/01/25 2:00:00

インターネットによるデジタルコミュニケーションが浸透する前はどのような通信を行ってきたのか?

インターネットによるデジタルコミュニケーションが浸透する前はどのような通信を行ってきたのか?

インターネットを用いると、あらゆる情報を全世界に対して即時に送受信することができます。しかしながら、あらゆる場所で現在のような高速インターネットが利用できるようになったのはごく最近の出来事であり、それ以前にはどのような通信が行われていたのかという簡単な歴史を、Cloudflareに買収を受けたアプリプラットフォームEagerがブログで解説しています。

「クック・ウィートストーン電信(The Five-Needle Telegraph)」は1830年ごろに発明された通信方法で、1組のワイヤーで電力を供給しながら、ワイヤーの電圧を変化させることで文字を入力するポインターを駆動させ、メッセージを送信するというもの。この電信では20文字しか伝えられずアルファベットのうちCやJなど使えない文字があったため、さらに発展して1840年ごろに完成したのがによる電信です。モールス符号は、キーの長押し・短押しを組み合わせるだけで全ての文字・数字を表現できる点でシンプルかつ有用でした。

続きを読む:
GIGAZINE(ギガジン) »

松下幸之助が説いたイノベーションの極意、「謙虚さ」が経営で何よりも大切な理由【入山章栄・動画】

松下幸之助の最強「イノベーション術」を徹底解説!人気経営学者の入山章栄氏が名著を経営理論で読み解く動画解説シリーズ。第69回は、松下幸之助『道をひらく』編の第3弾。知の探索・知の深化理論や企業行動理論を切り口に、レジェンド経営者がたどり着いた「イノベーションを起こす極意」に迫ります。 続きを読む >>