どこか癖がある世界初トロンボーンのリズムゲーム『Trombone Champ』が話題に。間違えるとふにゃけた音色に、正しく音楽を奏でろ!

2022/09/22 15:03:00

開発元のHoly Wowが先日公開した世界初のトロンボーンのリズムゲーム『Trombone Champ』のプレイ動画が今話題となっている。

電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?, ニュース

どこか癖がある世界初のトロンボーン型 リズムゲームTrombone Champ 』がシュールすぎて話題に 右から流れてくるノーツをマウスを上下に動かしてタイミングよくボタンを押すことで処理。間違えると‘‘ふにゃけた音色‘‘に

開発元の Holy Wow が先日公開した世界初のトロンボーンの リズムゲームTrombone Champ 』のプレイ動画が今話題となっている。

』のプレイ動画が今話題となっている。

続きを読む:
電ファミニコゲーマー »

「本当はどこから来たの」 英王室関係者に再三聞かれた黒人活動家「暴力だと感じた」 - BBCニュース

故エリザベス女王の側近だった王室関係者が、バッキンガム宮殿の集まりに招かれたイギリス出身の黒人慈善活動家に対して「本当は」どこから来たのか繰り返し尋ねるなどしたことが明らかになり、謝罪するとともに王室での職を辞任した。当事者となったフラニ氏はBBCに対して、自分への再三の質問は「尋問」のようで、暴力だと感じたと話した。 続きを読む >>

JJジョンソンとは😀 ゴーストオブツシマ でやったわ miiじゃん

脱力トロンボーンゲーム『Trombone Champ』が愛と注目を集める。音程が外れた方が楽しい、問題児系リズムゲーム - AUTOMATONデベロッパーの Holy Wow は9月16日、トロンボーンリズム音楽ゲーム『 Trombone Champ 』を発売した。対応プラットフォームはPC( Steam )。発売から間もない本作は、海外のメディアやSNSで妙な注目と愛を集めているようだ。

脱力トロンボーンゲーム『Trombone Champ』が愛と注目を集める。音程が外れた方が楽しい、問題児系リズムゲーム - AUTOMATONデベロッパーの Holy Wow は9月16日、トロンボーンリズム音楽ゲーム『 Trombone Champ 』を発売した。対応プラットフォームはPC( Steam )。発売から間もない本作は、海外のメディアやSNSで妙な注目と愛を集めているようだ。

“禁欲”で世界を救う青少年の読み切り漫画『オナ禁エスパー』が話題に&3年ぶりの「東京ゲームショウ」リアル開催、ドミノ・ピザ執行役員がクルーを休ませるため現場に出て売上3倍など【今週のゲーム&アニメの話題ランキング】【よくわかる】先週Twitterで話題になったゲーム・アニメ業界の出来事 ・3年ぶりリアル開催の「東京ゲームショウ」で『幻想水滸伝 I&II HDリマスター』が正式発表 ・『原神』アニメ化の長期プロジェクトが始動。制作はufotable ・読み切り漫画『オナ禁エスパー』が話題に みんなエスパーだよのパクリやん TGSで一番盛り上がったと言っていいでしょう 幻想水滸伝!

沖縄県民が投稿した台風対策、一石二鳥の「巨大氷袋」が話題に - ライブドアニュース【一石二鳥】沖縄県民投稿の台風対策に反響「巨大氷袋」で事前の備え ポリ袋などに水を入れて凍らせることで、停電した際に冷凍庫の持ちが良くなるそう。また、解凍すれば調理用の水や飲み水として使うこともできる。投稿には、袋は二重にするなどの注意点も寄せられた。 これは良いことを知った!

台風対策「ポリ袋を使った巨大氷」が話題に 停電時に冷凍庫の持ちがよくなるアイデア - トピックス|Infoseekニュース台風で3日以上の停電を経験したことがある沖縄県民が、袋があればすぐにできて役立つ備えを紹介しています。長期の停電で【トピックス】

「米原以外全部間違ってる」「本当の米原はもうちょっとだけ人がいる」映画『ブレット・トレイン』の“米原駅”が話題に - ライブドアニュース【弾丸列車】映画『ブレット・トレイン』の“米原駅”が話題に Twitterでは「米原」と検索すると「ブレット・トレイン」とサジェストされるほどの注目ぶり。「米原以外全部間違ってる」「本当の米原はもうちょっとだけ人がいる」などの声があがっている。

Trombone Champ 』のプレイ動画が今話題となっている。 The world's first trombone rhythm game is instantly a GOTY contender.は「世界初のトロンボーンリズムゲームは、発売後すぐさまGOTY候補になった」という見出しで記事を投稿。執筆者であるChristopher Livingston氏がプレイ動画と共に、本作の魅力を熱弁している。 Livingston氏は記事内のゲームプレイ映像にてベートーベンの交響曲第5番を演奏。 を見ていただければわかるように、同氏のプレイ映像は失礼ながら調子外れなメロディーを奏でている。同氏は自身の演奏を、ベートーベンが墓から飛び出して叫びながらゲロを吐くような酷さだと形容。そこまで酷いかどうかは読者の判断にお任せするが、たしかに立派な演奏とは言い難い。 一方Livingston氏によれば、本作のゲームプレイは下手な演奏でも上手な演奏と同じくらい楽しいのだそうだ。筆者も実際に本作をプレイしてみたところ、同氏に負けず劣らず素っ頓狂なメロディーを奏でることになった。しかしながら、たしかに楽しい。調子外れなメロディーを、やたらとノリノリで踊りながら演奏するキャラを見ていると自然と笑みがこぼれてしまう。 リズム音楽ゲームにおいて、ミスをすると綺麗な音が鳴らない、あるいは失敗音が再生されるのは一般的なシステムだ。しかし、失敗時にここまで外れた音が鳴るゲームは珍しい。しかも調子外れな音は前後の演奏とシームレスにつながり、滑らかにおバカなメロディーを形成していく。Livingston氏の説明するように、失敗を重ねても楽しさが担保されているわけだ。 そもそも本作のコンセプトとして、一定の譜面や評価はあるものの、プレイヤーは好きな時に好きな音を出していいとされている。ただ譜面にそって高得点を目指すのではなく、「プレイヤーが実際に音楽を奏でる」ゲームを標榜しているわけだ。つまり、音程はプレイヤーの操作に対してあくまでも正確。脱力モノの音はすべてプレイヤー自身の操作・演奏によって奏でられるのである。 くわえて本作では、多彩なおバカ要素がメロディーと共に畳みかけてくる。演奏の途中から、曲目に合わせた癖の強い背景が展開し、慣れないうちは否が応でも目を奪われる。そうすると譜面のミスがかさんで、さらに摩訶不思議な演奏が展開してしまうのだ。そもそも収録曲や譜面からして何かがおかしい。トロンボーン向けではないと思われるほどハイテンポな曲や、なぜか打楽器の音をそのまま吹く譜面など、おバカ演奏になってしまうのは仕方ない要素もある。一方で経験を積んで、かつ操作を笑いで乱さなければハイスコアを伸ばすことも可能。まともに演奏不能な譜面が用意されているわけでもない。そしてもしかすると、音程の操作を極めれば、かっこいいアドリブ演奏も可能なのかもしれない。 なお本作はSteamユーザーレビューにおいて本稿執筆時点で、295件中96%が好評とする「非常に好評」のステータスを獲得。レビューでは笑いすぎてお腹が痛いといった感想や、自称ベテラントロンボーン奏者による賛辞が寄せられている。日本語レビューでは本作を「オタマトーン」に例える投稿も。オタマトーンとは、国内芸術ユニットである明和電機が生み出した、調子外れな旋律が特徴の可愛らしい電子楽器のこと。たしかに本作で失敗を続けた際の特徴的なメロディーは、オタマトーンの演奏に似ているかもしれない。また、本作との共通点としては無段階で音程が操作できる。そこがふわふわした脱力メロディの源になっている可能性はあるだろう。 なお本作の収録楽曲は20曲。映画などでお馴染みの「ツァラトゥストラはかく語りき」など、聞き覚えのある楽曲がラインナップされている。今後のロードマップも公開中。さらなる楽曲が追加されていくほか、アクセシビリティなど遊びやすい改善が実施されていくそうだ。 ちなみに本作のストアページ説明では本作の売りとひとつとして、「だいたいどの画面でもヒヒ(Baboons)が登場する」点を挙げている。ヒヒとは動物でいうところのヒヒである。たしかにさまざまなゲーム内要素にヒヒが見られ、設定にはヒヒの量や種類も調節可能な項目も存在。また、謎めいたヒヒのメニュー項目も用意されている。なぜヒヒなのか。開発元によれば、真のTrombone Champだけがヒヒの“真の意味”を暴くことができるという。頑張ろう。 『Trombone Champ』はPC(.は「世界初のトロンボーンリズムゲームは、発売後すぐさまGOTY候補になった」という見出しで記事を投稿。執筆者であるChristopher Livingston氏がプレイ動画と共に、本作の魅力を熱弁している。 Livingston氏は記事内のゲームプレイ映像にてベートーベンの交響曲第5番を演奏。 を見ていただければわかるように、同氏のプレイ映像は失礼ながら調子外れなメロディーを奏でている。同氏は自身の演奏を、ベートーベンが墓から飛び出して叫びながらゲロを吐くような酷さだと形容。そこまで酷いかどうかは読者の判断にお任せするが、たしかに立派な演奏とは言い難い。 一方Livingston氏によれば、本作のゲームプレイは下手な演奏でも上手な演奏と同じくらい楽しいのだそうだ。筆者も実際に本作をプレイしてみたところ、同氏に負けず劣らず素っ頓狂なメロディーを奏でることになった。しかしながら、たしかに楽しい。調子外れなメロディーを、やたらとノリノリで踊りながら演奏するキャラを見ていると自然と笑みがこぼれてしまう。 リズム音楽ゲームにおいて、ミスをすると綺麗な音が鳴らない、あるいは失敗音が再生されるのは一般的なシステムだ。しかし、失敗時にここまで外れた音が鳴るゲームは珍しい。しかも調子外れな音は前後の演奏とシームレスにつながり、滑らかにおバカなメロディーを形成していく。Livingston氏の説明するように、失敗を重ねても楽しさが担保されているわけだ。 そもそも本作のコンセプトとして、一定の譜面や評価はあるものの、プレイヤーは好きな時に好きな音を出していいとされている。ただ譜面にそって高得点を目指すのではなく、「プレイヤーが実際に音楽を奏でる」ゲームを標榜しているわけだ。つまり、音程はプレイヤーの操作に対してあくまでも正確。脱力モノの音はすべてプレイヤー自身の操作・演奏によって奏でられるのである。 くわえて本作では、多彩なおバカ要素がメロディーと共に畳みかけてくる。演奏の途中から、曲目に合わせた癖の強い背景が展開し、慣れないうちは否が応でも目を奪われる。そうすると譜面のミスがかさんで、さらに摩訶不思議な演奏が展開してしまうのだ。そもそも収録曲や譜面からして何かがおかしい。トロンボーン向けではないと思われるほどハイテンポな曲や、なぜか打楽器の音をそのまま吹く譜面など、おバカ演奏になってしまうのは仕方ない要素もある。一方で経験を積んで、かつ操作を笑いで乱さなければハイスコアを伸ばすことも可能。まともに演奏不能な譜面が用意されているわけでもない。そしてもしかすると、音程の操作を極めれば、かっこいいアドリブ演奏も可能なのかもしれない。 なお本作はSteamユーザーレビューにおいて本稿執筆時点で、295件中96%が好評とする「非常に好評」のステータスを獲得。レビューでは笑いすぎてお腹が痛いといった感想や、自称ベテラントロンボーン奏者による賛辞が寄せられている。日本語レビューでは本作を「オタマトーン」に例える投稿も。オタマトーンとは、国内芸術ユニットである明和電機が生み出した、調子外れな旋律が特徴の可愛らしい電子楽器のこと。たしかに本作で失敗を続けた際の特徴的なメロディーは、オタマトーンの演奏に似ているかもしれない。また、本作との共通点としては無段階で音程が操作できる。そこがふわふわした脱力メロディの源になっている可能性はあるだろう。 なお本作の収録楽曲は20曲。映画などでお馴染みの「ツァラトゥストラはかく語りき」など、聞き覚えのある楽曲がラインナップされている。今後のロードマップも公開中。さらなる楽曲が追加されていくほか、アクセシビリティなど遊びやすい改善が実施されていくそうだ。 ちなみに本作のストアページ説明では本作の売りとひとつとして、「だいたいどの画面でもヒヒ(Baboons)が登場する」点を挙げている。ヒヒとは動物でいうところのヒヒである。たしかにさまざまなゲーム内要素にヒヒが見られ、設定にはヒヒの量や種類も調節可能な項目も存在。また、謎めいたヒヒのメニュー項目も用意されている。なぜヒヒなのか。開発元によれば、真のTrombone Champだけがヒヒの“真の意味”を暴くことができるという。頑張ろう。 『Trombone Champ』はPC(.ネット上におけるゲーム&コンテンツ関連の話題では、いったいどんな話題がどのくらい注目されているのか? 主要SNS別にデータをまとめていくことで、ゲームファンはもちろん、ゲーム業界で働く方々への情報収集の一助になれば幸いです。 ※調査期間:9月12日~9月18日。ランキングはSocial Insightによる調査データを元に作成しています。 総合ランキング(30位まで、トータルスコア順).

And no, I'm not kidding. Turn up the volume and hear Beethoven like you've never heard it before. .