たくさん食べて体重を増やす! 越冬準備の「エゾモモンガ」(tenki.jpサプリ 2020年10月26日) - tenki.jp

【たくさん食べて体重を増やす! 越冬準備の「エゾモモンガ」】 北海道では紅葉が見頃をむかえ、山や峠では雪の便りがきこえる時期となりました。冬眠..

2020/10/26 14:33:00

【たくさん食べて体重を増やす! 越冬準備の「エゾモモンガ」】 北海道では紅葉が見頃をむかえ、山や峠では雪の便りがきこえる時期となりました。冬眠..

北海道では紅葉が見頃をむかえ、山や峠では雪の便りがきこえる時期となりました。冬眠をする動物たちは北海道の厳しい冬を越すために、巣を整えたり食糧をたくわえたりしています。そして、冬眠をしない動物たちも食糧の保存に大忙しです。北海道にしか生息しない“キュート系”のエゾモモンガも、この時期はモリモリ食べて体重を増やし、越冬の準備をはじめています。

樹上で生活し、食べることも住むことも木に頼っています。モモンガなので、両手両脚を広げて滑空し、木から木へと移動します。その距離は数十m。条件がよければ100m以上も飛ぶことができます。食に関しては、ほぼ完全な植物食。春はシラカバやハンノキなどの若芽、夏から秋にかけてはシラカバやカエデの実、ミズナラのドングリなど、冬はシラカバ、ハンノキ、カラマツなどの冬芽や花穂を食べます。冬眠しない。木にあいた穴に住む。一つの巣穴に身を寄せ合って越冬エゾモモンガは、木にあいた樹洞(じゅどう)とよばれる穴を巣穴としています。この穴は、元々はキツツキやアカゲラがあけたもので、もう使われなくなった古い巣穴をエゾモモンガがねぐらにして再利用します。

アメリカ発のVTuberエージェンシー「VShojo」 Twitch創設メンバーが立ち上げ - ライブドアニュース コロナで営業を停止した米国の飲食店 客が約31万円のチップをおくる - ライブドアニュース ザクザク食べるペヤング!「ペヤングソースやきそば」のソースとかやくの風味を再現した揚げ煎餅が発売 - ライブドアニュース

巣穴の出入り口は直径が4~5cmほど。エゾモモンガにはちょうどよい大きさです。ここにヤマブドウなどの樹皮を細かく裂いて敷きつめ、寝床にします。巣の深さは30cmほどになることも。冬眠しないエゾモモンガにとって、この巣穴のよしあしはとても重要です。冬の間はこの巣穴に仲間たちが集い、身を寄せ合って寒さを乗り越えます。そのため、巣穴の保温性が高いことが、エゾモモンガが越冬するためにはとても大切な条件となるのです。ただ、冬眠しないからといって、冬の間も夏と同じように生活するというわけではなく、動きが必要最小限に抑えられます。そのため、冬は活動時間が極端に短くなります。

越冬するために、秋になるとモリモリ食べて体重を増やすエゾモモンガと同じく、北海道で冬眠しない“キュート系”のエゾリスは木の実を主食とするので、秋になると地面のあちこちに木の実を埋めて貯蔵し、それを冬の食糧とします。一方、冬になると活動時間が極端に短くなるエゾモモンガは、越冬のためにドングリなどを大量に食べて皮下脂肪を増やします。そのため、体重は夏に比べると15~20%も重くなります。体重が2割も増えるということは、人間に換算すると、60kgの人が12kg増えて、72kgになるということになります。秋のエゾモモンガは、さぞやプックリと太っていることでしょうね。

続きを読む: tenki.jp »

アルツハイマー病の元バレリーナ、「白鳥の湖」聞いて踊りを思い出す スペイン - BBCニュース

アルツハイマー病を患う女性が、チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」の振り付けを思い出し、踊る動画が話題となっている。

モモンガにしろリスにしろエゾと名の付くものは皆北海道辺りに住むらしいな。 やはりエゾの漢字書きは“蝦夷”と云うことか… 写真しか見てないけど、なんちゅうかわいさ! ちなみに俺は、越冬のために ポッコリ腹になつてるんじゃありません あしまらず⁉️

寒いときに鳥肌が立つ理由を分かりやすく解説(tenki.jpサプリ 2020年10月26日) - tenki.jp気温が下がってくる秋冬や、暑い屋外から急に冷房の効いた涼しい室内に入ってきたときなどに、鳥肌が立った経験がある方は多いでしょう。鳥肌が立つときのぞわぞわした感覚が好きだという方は少なく、多くの方は不快な思いをしますが、実は寒いときに鳥肌が立つのには、きちんとした理由があります。今回は、知っているようで知らない、寒いときに鳥肌が立つ理由をわかりやすくご説明します。

10月25日は台湾光復節。日本と台湾の歴史を学ぶ1日にしよう(tenki.jpサプリ 2020年10月25日) - tenki.jp新型コロナウイルスの感染拡大以前は、気軽に行ける海外旅行先として人気のあった台湾。2019年には日本から台湾への観光客が200万人を突破したとニュースになりましたが、日本と台湾の歴史まで知っているという人は、それほど多くありません。そこで、少しでも多くの人に日本と台湾の関係について知ってもらうために、10月25日の台湾光復節に合わせて、両国の歴史や関係について詳しくご紹介します。

秋の花を、今を、心だけでなく留めておこう。その方法は?(tenki.jpサプリ 2020年10月24日) - tenki.jpすっかり気候も秋を感じるようになりました。植物も、そろそろ衣替えの時期になってきています。移りゆく季節を感じる時は、どんな時でしょう?今回は、お出かけスポットに行かなくても、庭先やあちらこちらで見かけることのできる身近な「秋の花」についてフォーカスしてみます。手折らなくとも、持って帰ることのできる方法も…みなさん、分かりますか?

貴重な瞬間が見えた! 絶景「朝日を切り裂く日本一の武蔵・スカイツリー」(tenki.jp) - Yahoo!ニュース25日午前6時前、東京都池袋のサンシャイン60展望台屋上から「日本一大きな刀」で「朝日を切り裂く」スカイツリーが見えました。(協力:サンシャイン60展望台) 新聞屋さんの? と思ってしまった。苦笑 なんだか神秘的ですね~~

りえさん手帖:攻める - 毎日新聞毎日新聞 2020年10月26日 東京朝刊 「脱税できるかな」は最高に面白かったよ… 西原さんの漫画は笑えるけど、毎日新聞の記事は笑えないから色々アレですね。

「週5の疲れが…2日で取れるわけない…」 意識ひくめのアザラシの言葉、社会人の心に響いてしまう「ちょうど思ってたところ」(2020年10月26日)|BIGLOBEニュース意識ひくめのアザラシ“オレアザラシ”の発する言葉がTwitterで反響を呼んでいる。「週5の疲れが…2日で取れるわけない…」――このオレアザラシのイラストは、イ……(2020年10月26日 6時0分0秒)