【解説】 パンデミックで在宅勤務、より快適に過ごすには? - BBCニュース

BBCニュース - 【解説】 パンデミックで在宅勤務、より快適に過ごすには?

2020/11/24 15:30:00

BBCニュース - 【解説】 パンデミックで在宅勤務、より快適に過ごすには?

新型コロナウイルスのパンデミックを受け、何百万人もの人が初めて自宅にオフィスを置く必要に迫られた。自宅で仕事をしながらより快適に過ごすにはどうしたらいいだろうか?

日光を浴びると脳がセロトニンというホルモンを分泌する。セロトニンは人を落ち着かせ、集中力を高め、気持ちを明るくして、不安感を抑える作用がある。英建築事務所アサエル・アーキテクチャーでウェルビーイング(人が健康で幸せな、良好な状態にあること)を担当するベン・チャノン氏も、「日光による恩恵は大きい」と話した。「日光は、人間の空間に対する感覚や睡眠の調整に非常に大きく影響するので、これが出発点になる。新型ウイルス対策にみんなが疲れ果てている今、これは非常に重要だ」その上でチャノン氏は、「実はみんなが思っているより、採光は調整しやすい」のが助かると言う。

東京都 新型コロナ 新たに1026人感染確認 再び1000人超に | NHKニュース 野党は入院できないTweet拡散 - Yahoo!ニュース 「東京オリンピック開催への葛藤 “選手として賛成、国民として反対”」陸上・新谷仁美|オリンピック・パラリンピック【NHK】五輪・パラ特集|NHKニュース

まずは、できることなら机を窓の近くに置くこと。カーテンを目いっぱい開けて、窓の外側と内側をきれいにすること。窓に汚れが付いていると室内に入ってくる日光の量が大幅に減るからだ。さらに、鏡を使って日光を部屋中に取り込んだり、壁を白や明るい色に塗ることで光を反射させたりすることも有効だ。もし可能なら2階以上の部屋や、天井の高い部屋を選べば、日光をたくさん取り込める。騒音をシャットアウトする「仕事をしていても、とても気が散ってしまう原因になる」、「小さいざわめき音より、鋭い騒音の方が問題だ」と博士は言う。

脳にはさらに、音の変化を感知する部位もあり、「騒音が止んだことで気が散ってしまうこともある」という。英ニューカッスル大学のエイドリアン・リーズ教授(神経学)は、「騒音は人間の闘争・逃走反応を刺激する」と説明した。ストレスの元となる音は脳の扁桃体という部位を刺激し、扁桃体は信号を出す。この信号を視床下部という別の部位が受け取り、血液中にアドレナリンを放出する。これによって血圧が上昇する。リーズ教授はまた、「その音が自分にとってどういう意味をもつものかも、一部関係する」と指摘した。たとえば自分の子どもの泣き声は、同音量の自動車の騒音と比べて、無視するのがとても難しいはずだ。 headtopics.com

耳栓で十分と言う人もいるだろうが、より効果を高めたい場合は、軟らかい素材の家具や分厚いカーペット、重いカーテンなどが音を吸収するため、多くの建築家が勧めている。それでも騒音が気になるなら、カーペットの下に板を敷く、天井の素材を変える、壁に防音材を貼るなども有効だ。また、日光を遮り過ぎないシャッターを窓に設置するという方法もある。整理整頓を心がける複数の研究によると、ストレスホルモンのコルチゾールは、散らかった状態で上昇する。部屋が散らかっていると相反する刺激が脳に送られてしまい、脳が無用な信号を排除しにくくなるからかもしれない。

英サリー大学の環境心理学者、エレノア・ラトクリフ博士は、「部屋が散らかっていると刺激過多になる。それが問題だ」と話した。基準値内のコルチゾールで、時折上昇が見られるのは全く健康なことだ。しかし恒常的にコルチゾールが高い状態が続くと、不安症やうつ、頭痛、睡眠障害などにつながる。ラトクリフ教授は、「自分が何をどう必要としているのか、考える必要がある」とアドバイスする。のんびりする場の自宅が多少は雑然としているのは、特に問題ないかもしれない。しかし、自宅がオフィスになった場合、「何をどう必要とするかの状態が変わったため、気が散る原因を減らす必要がある」

続きを読む: BBC News Japan »

スイカ模様のガスタンク「リンゴ皮むき工法」で解体 千葉 富里 | NHKニュース

【NHK】全国有数のスイカの産地、千葉県富里市で街のシンボルとして親しまれてきたスイカの模様が描かれたガスタンクの解体工事が進めら…

パウエル弁護士 : CIA 長官は、直ちに解任されるべきだ。我々は、国民に、この国がいかに腐敗しているのかを明らかにする! このニュースの完全版は以下のリンクYouTube にてご覧ください