【新聞に喝!】「女性の権利」に垣間見る朝日の思惑 イスラム思想研究者・飯山陽

開催中の東京五輪の話題のひとつは、五輪史上で初めてトランスジェンダー女性の出場が認められたことだ。ニュージーランドの重量挙げ選手、ローレル・ハバード(43)が…

2021/08/01 7:47:00

【新聞に喝!】「女性の権利」に垣間見る朝日の思惑 イスラム思想研究者・飯山陽 日頃、女性の権利についてやかましい朝日新聞が、トランス女性がからむ問題においては女性の権利をいとも簡単に退けるのは異常である。

開催中の東京五輪の話題のひとつは、五輪史上で初めてトランスジェンダー女性の出場が認められたことだ。ニュージーランドの重量挙げ選手、ローレル・ハバード(43)が…

朝日新聞デジタルは6月13日、「ジェンダー平等の意味や自分らしく生きることの価値について議論が広がりそう」とこの決定を称賛。さらに、「トランスジェンダー女性が競技上有利という科学的根拠は、既存の研究を網羅した分析で見つかっておらず」と公正さを強調したが、これには異論がある。スポーツ科学者のロス・タッカー氏は数年前から科学的根拠に立脚し、男性ホルモンのテストステロン治療を受けた後でも、トランス女性は生物学的女性よりパフォーマンス面で大きな優位性を保っていると指摘している。テストステロン値が一定以下ならば女性競技への出場を認めるという、五輪ガイドラインに対する反論だ。

深田恭子、活動再開後初の公の場「適応障害」で一時休養 - ライブドアニュース ポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」21年冬に“ピカチュウ&イーブイになれる”パーカー発売 - Peachy - ライブドアニュース ゼンカイジャーでまさかの「テニスの王子様」意識? 視聴者歓喜も東映「こんなことになるなんて...」 - ライブドアニュース

6月22日には英紙タイムズにその旨を寄稿してもいる。タッカー氏は、スポーツは人権でありトランス女性にもその権利は保障されねばならないが、「包括性」を優先させてトランス女性に女性競技への出場を認めることは、生物学的女性の「公平性」を犠牲にすることになると警鐘を鳴らす。そもそもこれまでなぜスポーツ競技が男女別で行われてきたかというと、男女間の生物学的な違いが大きいからである。男性は女性と比べて、スピードに関しては平均して10%、筋力やパワーに関しては20~30%有利であり、競技を男女別にしない限り、特にエリートレベルのスポーツにおいては女性の勝利の可能性は失われるとタッカー氏は述べる。

イスラム思想研究者の飯山陽氏今でこそ女子スポーツは世界的に認められる存在となったが、ここに至るまでには女性たちの長く厳しい闘いがあった。トランス女性の権利のために、女性の活躍の場や機会、公平性や安全性が失われるようなことはあってはならない。日頃、女性の権利についてやかましい朝日新聞が、トランス女性がからむ問題においては女性の権利をいとも簡単に退けるのは異常である。トランス、女性、男性という「階級」を生み出し、この順番で優先されねばならないという「序列」を押し付け、社会を分断し混乱させようとする、朝日の思惑が垣間見える。 headtopics.com

続きを読む: 産経ニュース »

子どもを乗せた電動アシスト自転車 転倒をどう防ぐ? - みんなでプラス - NHK

買い物や子どもの送迎に便利な電動アシスト自転車。ところが、「1ミリ革命」プロジェクトで「自転車事故」をテーマにご意見を募集したところ、電動アシスト自転車について「転倒しそうで怖い」「転倒して子どもに...

トイレ問題も、女性専用車両も、多様性を語るなら、トランス枠を作れば、解決なのに。女性の領域を侵害するのが目的で、結局のところ、女性の権利を剥奪したいのかなとも思えてくるんですよねぇ...。ついでに、男女平等の履き違えもやめて欲しいところです...。 身体は女でも心が男な人が、男子選手としてオリンピックに出てるか? 女性のままではいるみたいだけど。 イチモツがついた女子は見かけても、胸が膨らんだ男子は見ないよ。(俺が知らないだけ??) ビル・ガーツ「中国共産党の目的はアメリカを破壊し、😃世界覇権をとることだ、今日になっても、米国政府はそれを認識してない」 来自 YouTube いかにいい加減な新聞社かこのことでもよくわかります。多くの国民は騙されません❗

朝日というより世の中への警笛ですよね〜。女性の権利をいとも簡単に退けるのは本当に以上だとおもいますよ。 2500年前に既に親孝行の概念があったんですよ。 そろそろ進化しましょう。 ファッキン日本人。 「男だけどLGBTで心は女です」と申告するだけで女子トイレも女風呂も入れるようになる世の中を求めているんですよね? 権利主義者は頭おか T男は黙って女性と一緒に大会などの競技にでて T女は女性の大会に男性の体の優位性を持ち込む 女性に被害を齎す高尚なLGBTなどの考え方の末という なんとも本末転倒な世の中 人類始まって数千年こんな阿保な考えに辿り着いて後押しする馬鹿がいる世界になった訳だが 真面ならこんな変化は拒絶する

ビル・ガーツ「中国共産党の目的はアメリカを破壊し、世界覇権をとることだ、今日になっても、⚠️米国政府はそれを認識してない」 来自 YouTube 渦中のローレル・ハバードは NZでは男性として重量挙げ記録ホルダー(;´Д`) その彼が彼女になって 彼女として重量挙げに参加となると。。。 女性の重量挙げ選手の心中は なんとも言えない気分になるじゃろ? 今後、それぞれの競技分野で 同じことがおきたら、 女性アスリート界やってられんぞ? >日頃、女性の権利についてやかましい朝日新聞が、トランス女性がからむ問題においては女性の権利をいとも簡単に退けるのは異常である。トランス、女性、男性という「階級」を生み出し、この順番で優先されねばならないという「序列」を押し付け、社会を分断し混乱させようとする、朝日の思惑が垣間見

これさ、ほんとうにそうなんだけども。。。 これについて 産経新聞による批判だからと 脳筋左翼が否定に走るのは 女性アスリートに対する本当の脅威じゃ(;´Д`) >競技を男女別にしない限り、特にエリートレベルのスポーツにおいては女性の勝利の可能性は失われるとタッカー氏は述べる。

その通り( *`ω´)ノ こんなことが日常化すれば女性アスリートの 努力がむくわれぬ‼ >タッカー氏は、スポーツは人権でありトランス女性にもその権利は保障されねばならないが、「包括性」を優先させてトランス女性に女性競技への出場を認めることは、生物学的女性の「公平性」を犠牲にすることになる 策略?個別の権利を利用して優位に立ち人々権利を奪う。これには警戒。ベジタリアン、別姓、○ハラ、多様性、環境とか。コロナも?元気な陽性者の数で煽り経済や自由を破壊する。そして自殺者増加にもなる。命を盾にして命を奪う。 ホラの門のハマスニダーだ ↑ソースは?