【ライブ配信】慰霊の日 沖縄全戦没者追悼式【6月23日午前11時50分】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

2022/06/23 1:05:00

【ライブ配信】慰霊の日 沖縄全戦没者追悼式【6月23日午前11時50分】 #沖縄全戦没者追悼式 #慰霊の日 #動画 #okinawa #沖縄

【ライブ配信】慰霊の日 沖縄全戦没者追悼式【6月23日午前11時50分】 沖縄全戦没者追悼式 慰霊の日 動画 okinawa 沖縄

慰霊の日である6月23日(木)午前11時50分から、沖縄全戦没者追悼式が糸満市摩文仁の平和祈念公園で開催されます。沖縄タイムスは式典の模様をライブ配信します。

Copyright (c) 2022 The Okinawa Times All rights reserved.梅雨明けした青空の下、高校野球の応援をする生徒たち=20日午前、タピックスタジアム名護(竹尾智勇撮影) 梅雨の期間は5月4日から47日間だった。期間中は多くの観測地点で、平年に比べて約2倍の降水量を記録。名護は1204・5ミリ(平年比2・93倍)、宮古島は観測史上最大となる1033・5ミリ(平年比2・85倍)、那覇は1072・5ミリ(平年比2・43倍)を観測した。 21日は二十四節気の一つ「夏至」。一年を通じ最も昼が長くなり、夜が短くなる。気象台によると、向こう1週間はおおむね晴れる予報となっている。(社会部・東江郁香).Copyright (c) 2022 The Okinawa Times All rights reserved.県内では草分け的存在の島澤喜芳さん(69)=南城市=が74年ごろにサーフィンを始めた時、米須海岸は既に「スーサイド」と呼ばれていた。嘉手納基地勤務の米国人が摩文仁の崖を指さして「(自死者が飛び降りた場所は)あの丘か」と質問された記憶があるという。 英語の意味を知っていた島澤さんは「心に引っかかるものがあった。沖縄戦当時、命を懸けて歩いていた海岸で、ぼくらは遊んでいいのかと思うこともあった」と振り返る。 「シーサイド」と聞き間違えるサーファーもいれば、「サーフィンに夢中で意味を考えたことはなかった」と話す男性(64)もいる。 ■サーフィン大会で黙とう サーフィンの糸満市長杯の競技前、沖縄戦の戦没者に黙とうをささげる参加者=2004年、糸満市の米須海岸(浦崎暁さん提供) 糸満市の米須海岸にある県内有数の人気サーフィンスポット「スーサイド」では、糸満市長杯サーフィンコンテストも行われている。2002年に第1回が開催される時、波乗りのポイント名について「公的な大会の会場名としてどうか」「名前を変えると沖縄であった歴史が忘れられてしまうのでは」とサーファーらで議論になった。 定着した地名ということで名称変更の話は消えたが、戦没者に哀悼の意を示そうと大会前に黙とうをささげることになった。 サーファーの間では有名なスポット名でも、地元・米須で知る人はほぼいない。米須自治会の神村進会長(67)は「地域でそう呼ぶ人はいない。いい印象はしない」と戸惑う。 魂魄(こんぱく)の塔で花売りをしていた同区の大屋初子さん(86)は、サーファーとの交流で知っていたが意味までは分からず「いい名前だと思っていたけど気持ち悪いね」と驚く。戦時中は近隣のガマや門中墓に避難し妹を失った。「名前は変えないと駄目だよ」と話す。 ■歴史を考えるきっかけに.

サイト内の記事・写真・その他の著作権は沖縄タイムス社が所有・管理しています。許可なく複写・転載することは固くお断りいたします。.

続きを読む:
沖縄タイムス »
Loading news...
Failed to load news.

待ってた梅雨明け 沖縄、昨年より13日早く きょう「夏至」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス沖縄気象台は20日、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より1日、昨年より13日早い梅雨明けとなった。統計が始まった1951年以降、12番目に早い。 梅雨の期間は5月4日から47日間だった。期間中は多くの観測地点で、平年に比べて約2倍の降水量を記録。

オミクロンの新たな派生型4人、沖縄県内で初確認 県「市中感染の可能性ある」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス沖縄県は20日、新型コロナウイルスのオミクロン株の派生型「BA・5」の感染者4人を県内で初確認したと発表した。同派生型ウイルスは、現在主流のBA・2よりも感染力が高いとの報告がある。県の宮里義久感染対策統括監は「市中感染が起きている可能性があり、今後増えていくことが考えられる」と述べた。

「なぜこんな名前が付いたのか」 “自殺”を意味する沖縄の人気サーフィンスポット サーファーら葛藤も | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス多くのサーファーが波を求めて押し寄せる沖縄県糸満市の米須海岸は、通称「スーサイド(Suicide)」と呼ばれる県内有数の人気サーフィンスポットだ。英語で自殺を意味する言葉で、沖縄戦当時、米軍に追い詰められた人々が近隣の崖から身を投げたことに由来し、米兵が名付けたといわれている。 個人のブログ等では悲観した住民が喜屋武岬から身を投げたなどの記述がみられますけど、そもそも沖縄戦で日本兵や住民が喜屋武岬などから身を投げたなどという話は聞いたことがないですね。そのうちそういう話になりそうな気はしますが・・・

歩行者はねて「急いでいるから後で戻る」と逃走 無免許運転の22歳逮捕 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス沖縄県警豊見城署は20日、無免許で運転し歩行者をはねて逃げたとして、無免許過失運転致傷と道交法違反(事故不申告)の疑いで、浦添市内間の自称飲食店従業員の容疑者(22)を逮捕した。歩行者の男性(44)は首などに軽症を負った。調べに対して、容疑を認めている。 コレが年がら年中沖縄戦の話を垂れ流して、 若者に命の尊さを刷り込んで来た 沖縄の『平和教育』とやらの成果かね? コレが米兵だったら大騒ぎだったよな。 何で名前公表しないの? ひき逃げは重罪です。 この犯罪者の在住地域と氏名を記事にしましょう。米兵米軍関係者に対し普段書いている記事と同様に、沖縄県民、その他都道府県民や外国籍、平等に犯罪を記事にしてください。 もちろん何年何十年過ぎようが遡って記事にしますよね?

妻に暴行、全治3カ月のけがをさせたとして停職 陸自那覇駐屯地 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス陸上自衛隊那覇駐屯地は20日、2021年2月に与那原町の自宅で妻に押し倒すなどの暴行をして全治3カ月のけがをさせたとして、第15旅団司令部に所属する3等陸佐の30代の男性を停職7カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は20日付。 男性は2月に、県警に傷害容疑で逮捕されたが、その後不起訴になった。 で?

「めちゃくちゃ興奮した」 まさかの“金粉クワガタ”を発見 これほどの個体は初めてと驚く高校生 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス沖縄県立辺土名高校サイエンス部の金城勇斗さん(17)=3年=と仲井間憲汰さん(15)=1年=らは14日夜、沖縄本島北部で、金粉をまぶしたような模様があるオキナワノコギリクワガタを見つけた。 クワガタ好きの間で「金粉かぶり」などと呼ばれている個体で、体長は4センチほど。