『バットマン:ロング・ハロウィーン』や『スパイダーマン:ブルー』、『ハルク:グレイ』をはじめとする「カラーシリーズ」などの作品で知られるティム・セイル氏が逝去

2022/06/17 14:23:00
『バットマン:ロング・ハロウィーン』や『スパイダーマン:ブルー』、『ハルク:グレイ』をはじめとする「カラーシリーズ」などの作品で知られるティム・セイル氏が逝去

『バットマン:ロング・ハロウィーン』、『スーパーマン・フォー・オールシーズン』、『スパイダーマン:ブルー』、『ハルク:グレイ』をはじめとする「カラーシリーズ」などの作品で知られるコミックアーティストのティム・セイル氏が6月17日、亡くなったことが明らかになった。

電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?, ニュース

バットマン :ロング・ハロウィーン』や『スパイダーマン:ブルー』『ハルク:グレイ』などの作品で知られる ティム・セイル 氏が逝去 享年66歳。90年代の バットマン シリーズの印象をつくりあげた立役者のひとり。DC、 マーベル の両方で活躍しコミック界に大きな影響を与えた。

バットマン :ロング・ハロウィーン』、『スーパーマン・フォー・オールシーズン』、『スパイダーマン:ブルー』、『ハルク:グレイ』をはじめとする「カラーシリーズ」などの作品で知られるコミックアーティストの ティム・セイル 氏が6月17日、亡くなったことが明らかになった。

氏が6月17日、亡くなったことが明らかになった。享年66歳。It’s with a heavy sadness that I must announce that Tim Sale passed away today. He passed with the love of his life beside him, and loves all of you very much. Please share photos and stories under this post, as we hope to share them with the community.

— Remembering Tim Sale (@ArtBySale)DCコミックとマーベルコミックの両方で活躍したベテランのアーティストであるセイル。細密なコマの構図と、大胆なページ使い、印象的な黒塗り、色使いなどが特徴の個性的なアーティストであった。80年代前半にアーティストとしてのキャリアをスタートし、90年代初頭にジェフ・ローブと共にバットマンのアンソロジーシリーズ『バットマン:レジェンズ・オブ・ザ・ダークナイト』のために一連のハロウィン特別号を制作。この作品がきっかけでコミック業界で脚光を浴びるようになった。

続きを読む: 電ファミニコゲーマー »

Level 4 Full-Stack Self-Driving System

Level 4 Full-Stack Self-Driving System 続きを読む >>

麒麟川島 ブルーピリオドがきっかけで元マネジャーが芸大合格「マネから親友になった」 - ライブドアニュース

麒麟川島 ブルーピリオドがきっかけで元マネジャーが芸大合格「マネから親友になった」 - ライブドアニュース【転身】「ブルーピリオドがきっかけ」麒麟・川島の元マネジャーが芸大合格 川島が勧めた同作に「ハマりすぎて平日は吉本に勤め、休日は芸大の予備校に通っていた」といい、1年で東京芸大に合格。現在も親交があり「芸人とマネからいい親友になった」と明かした。 マネージャー何歳だったんだろ? 1年で合格って元々相当才能あったんだろうな リアルブルーピリオドで草www

“親愛なる隣人”「スパイダーマン」が愛される理由…正義のヒーローながら“普通の青年”らしさに親近感 | WEBザテレビジョン“親愛なる隣人”「スパイダーマン」が愛される理由…正義のヒーローながら“普通の青年”らしさに親近感【ほか画像あり📷】 スパイダーマン アベンジャーズ トビー・マグワイア サム・ライミ アンドリュー・ガーフィールド トム・ホランド ディズニープラス

インテル、イベントでArk搭載ノートのデモ機を展示。「Arc A380」のデモ動画もインテルは17日、イベント「Blue Community Project Kick Off」を開催し、記者会見を行なった。会見では、IntelのGPU「Arc A380」や、Intel Arcを搭載したノートPCについても言及された。

「ビッグマック」新製品名で販売続く、マクドナルド撤退のロシアロシアにあるマクドナルドのフランチャイズ店のほとんどは12日、新ブランド名と新オーナーの下で営業を再開したが、一部の店舗では同社の「ビッグマック」が販売されている。ただ、製品名は「ボリショイ・バーガー」や「ビッグ・バーガー」に代わった。 しかし、それにしてもみんなマクドナルドのネタが好きだね そんなに大騒ぎすることなのかな 西側の象徴ってコトなんだろうな

トランスフォームするタカラトミーの月面探査ロボ「SORA-Q」、商品化が決定!『トランスフォーマー』や『ゾイド』のDNAをを受け継ぎ、タカラトミーとJAXAが共同開発で作った月面探査ロボ「「SORA-Q(ソラキュー)」が、期待通りプロダクト・モデルとして商品化されることになりました。

きょう17日の「洗濯指数」 九州~関東は乾く所が多いが急な雨や雷雨に注意(気象予報士 日直主任)きょう17日、九州から関東では洗濯物は「大変よく乾く」や「よく乾く」所が多いでしょう。ただ、午後は急な雨や雷雨に注意が必要です。北陸や東北は厚手の物は湿り気が残りそうです。北海道や沖縄は洗濯にはあいにくの天気で、部屋干しなどで片づけましょう。

ティム・セイル 氏が6月17日、亡くなったことが明らかになった。享年66歳。 It’s with a heavy sadness that I must announce that Tim Sale passed away today.お笑い芸人の麒麟・川島明(43)が16日、東京・品川区の寺田倉庫G1ビルで展覧会「ブルーピリオド展」発表会に出席した。川島は同作のファンで、展覧会のアンバサダーを務める。 山口つばさ氏の漫画「ブルーピリオド」は、美大を目指す男子高校生の受験物語。 川島は発表会で、自身の元マネジャーの仰天転身を明かした。 川島が自身の元マネ、須藤啓志氏に「ブルーピリオド」をすすめたところ、「ハマりすぎて平日は吉本(興業)に勤め、休日は芸大の予備校に通っていた」という。せっかくであればと芸大を目指すことになり、なんと1年で東京芸大に合格。そして「吉本を辞めた。4月から東京芸大の油絵専攻」と、吉本マネから芸大生に転身したという。 現在も須藤氏と親交があり「芸人とマネ(の関係)から人と人、いい親友になった」と笑顔を見せた。 また、川島は昨年3月からTBS系「ラヴィット!」でMCを担当中。MCに就任するにあたって全身脱毛したという。 「物理的に体を奇麗にしないと」とツルツルにしたそうで、同番組のもう一人のMCでこの日の発表会で進行を務めたTBSの田村真子アナウンサー(26)を「気づかなかったです」と驚かせた。 同展は18日~9月27日に同所で。.スパイダーマン 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray] トビー・マグワイア (出演), ウィレム・デフォー (出演), キルスティン・ダンスト (出演), ジェームズ・フランコ (出演), サム・ライミ (監督) ソニー・ピクチャーズエンタテインメント Amazonで詳しくみる アメイジング・スパイダーマン 4K ULTRA HD&ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray] アンドリュー・ガーフィールド (出演), エマ・ストーン (出演), リース・イーヴァンス (出演), デニス・リアリー (出演), キャンベル・スコット (出演), マーク・ウェブ (監督) ソニー・ピクチャーズエンタテインメント Amazonで詳しくみる 【Amazon.は17日、イベント「Blue Community Project Kick Off」を開催し、記者会見を行なった。会見では、IntelのGPU「Arc A380」や、Intel Arcを搭載したノートPCについても言及された。 東京都港区の東京タワー内に4月にオープンした で開催された発表会には、インテル株式会社 代表取締役社長の鈴木国正氏、同社第二技術本部 部長で工学博士の安生健一朗氏、インテルコーポレーション Accelerated Computing Systems and Graphics Group(AXG) VP & GM of Game Ecosystem Business Development & Developer Relationsのリッチー・コーパス氏の3名が登壇した。 イベントでは、昨今の世界半導体市場の動向のほか、インテルが国内ゲーム市場において、PCメーカー、ゲーム会社の賛同を得て育んできたエコシステムについて紹介した。 「PCのシェアは決して落ちていない」鈴木代表取締役社長 昨今の世界半導体市場の動向について、鈴木氏は、2021年の半導体市場が対前年比26.

He passed with the love of his life beside him, and loves all of you very much. Please share photos and stories under this post, as we hope to share them with the community. — Remembering Tim Sale (@ArtBySale) DCコミックとマーベルコミックの両方で活躍したベテランのアーティストであるセイル。細密なコマの構図と、大胆なページ使い、印象的な黒塗り、色使いなどが特徴の個性的なアーティストであった。 80年代前半にアーティストとしてのキャリアをスタートし、90年代初頭にジェフ・ローブと共にバットマンのアンソロジーシリーズ 『バットマン:レジェンズ・オブ・ザ・ダークナイト』 のために一連のハロウィン特別号を制作。この作品がきっかけでコミック業界で脚光を浴びるようになった。 この単発作品は人気を博し、1996年から1997年にかけて発表されたシリーズ『バットマン:ロング・ハロウィーン』で再びジェフ・ローブとタッグを組み、ふたりの名前はアメリカはもちろん、日本国内のアメコミファンにも知れ渡った。 『バットマン:ロング・ハロウィーン』はバットマンの出自やキャリアを細かく描き、クリスマスやバレンタインデーなどの有名な祝日にヴィランと戦うバットマンを描いている。 この作品はクリストファー・ノーランの .