「燃える氷」回収技術が一歩前進 新潟・上越沖で調査

国産の次世代資源として注目されているメタンハイドレート。新潟大学などと回収技術開発を進めているシンクタンク、独立総合研究所(東京)が7月上旬、多くのメタンハイド…

2021/08/02 6:02:00

「燃える氷」回収技術が一歩前進 新潟・上越沖で調査 多くのメタンハイドレートが存在するとされる新潟県上越市沖の海底などを調査したところ、新たな知見が得られたという。

国産の次世代資源として注目されているメタンハイドレート。新潟大学などと回収技術開発を進めているシンクタンク、独立総合研究所(東京)が7月上旬、多くのメタンハイド…

穏やかな海底「ドーム状の大規模な膜を海底に設置して、その下でメタンハイドレートを採掘。メタンだけを分離してパイプで洋上のプラットホーム(回収生産基盤)まで運ぶというものだ。海中に漏れ出たメタンもドーム内にためて回収できることから、高い回収率が期待できる。また、膜で覆うことで採掘時の懸濁物(水中に混ざっている物質)が外に漏れず、周辺環境への影響も抑制できる」--今回どのような調査を行ったのか「上越市の直江津港から北に40キロほどのところに、多くのメタンハイドレートが存在するとされる海域がある。その水深約900メートルの海底に超音波ドップラー流速計(ADCP)を1週間ほど設置し、海底付近の海流速度のデータを収集してきた。流れの速さを把握することで、ドーム状の膜に取り付けるアンカー(重し)の強さをどの程度にすればいいかなどがみえてくる」

バーミヤン 彼らは「異教の文化を守りたい」と言った|サイカルジャーナル|NHK NEWS WEB 滑走路にカメ 大惨事の恐れも - Yahoo!ニュース 台風16号、週末に急発達する見込み 週明けには猛烈な勢力に? - ライブドアニュース 続きを読む: 産経ニュース »

白黒まだら模様の「パンダウナギ」水族館に 和歌山 すさみ町 | NHKニュース

【NHK】体の色が白と黒のまだら模様で「パンダ」のように見えるウナギが和歌山県すさみ町の水族館で展示されています。

竹島の近海もかなりあると聞きます。 あっちの方も近年は北朝鮮の船より中国船が多かったんじゃないの 国家予算が開発費になっている? 燃料を燃やす行為が環境にいいと共通認識にすればいいはず。 再生可能(するか!)エネルギーなるウソを暴くことが先だ! 青山繁晴先生と奥様の千春博士の悲願まであと少し。 資源小国の嘘と隣国の非望を打ち砕き、既得権益者達の妨害に負けず、有効に採掘して利用出来るようになって欲しい。 メタンはCH4で炭素を含むが、二酸化炭素を削減する上でメタンハイドレートは、有効なのか、無効なのか、どちらなのだろうか。 虎吉サイエンス tulalalan 科学技術の広報は色んなのがある。研究所や個人がマスコミに依頼する場合も。 まー、どういう見方をするかは個人の裁量です。

Hiramatz 実用化早急に望みます! こういう技術を政府は支持しなければなりません! 日本海は恵みの海、大切にしよう。 どこぞの国から、海底調査ついでに魚も持って行かれないように気をつけてほしい。 あそこの漁船は胡散臭い。

だれか環境相に教えたって 「海面に到達したメタンは大気中に出ていく。これを放置しておくと、メタンは二酸化炭素よりも温室効果が高いため、より温暖化を進行させてしまう。温暖化対策の面からもこのメタンは回収したほうがいい」 事実はともかく世界の流れに沿うと強く主張していって欲しい 千春博士のお名前が…!うれしい。 これの存在と実用化は私の中の都市伝説みたいなもんだな また海警が来よるから発表したらあたんよ。 佐渡島はこれが目的? 中国固有の領土だと騒ぎだすかな? 軌道に乗ることを祈ってます。 エネルギー戦争に勝利するためには、まだ極秘にしてください