「木の電池」光った 日本製紙、ドローンやスマホに

製紙に使うパルプが原料で、需給が逼迫するレアメタルを使わない「木の電池」。LED豆電球が3秒間強く輝きました。日本製紙は電気自動車(EV)への応用も視野に入れています。

2021/12/07 6:20:00

製紙に使うパルプが原料で、需給が逼迫するレアメタルを使わない「木の電池」。LED豆電球が3秒間強く輝きました。日本製紙は電気自動車(EV)への応用も視野に入れています。

日本製紙が「木の電池」を使って電球を光らせることに成功した。木質由来の素材を原料とし、需給が逼迫するレアメタル(希少金属)を使わないのが特徴だ。今回の点灯時間は約7秒と短いが、容量を増やして2023年度にはドローン用電池、30年にはスマートフォン用などでの実用化をめざす。将来は電気自動車(EV)への応用も視野に入れる。11月下旬、富士山の南麓にある日本製紙の富士革新素材研究所(静岡県富士市)。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

歌と精緻なドット絵に乗せ、擬人化された動物たちの何気ない日常を慈しむ『The Longest Road On Earth』Nintendo Switch版が配信開始 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

Raw Furyは1月27日(木)、スペインのスタジオ・Brainwash Gangが開発するアドベンチャーゲーム『The Longest Road On Earth』について、Nintendo Switch版の配信を開始した。 続きを読む >>

いいぞ。日本製紙。 CNFで色素増感型太陽電池作れないかな 太陽光発電の為に森林破壊された伐採パルプから作られるのか…ボソ 火に弱そうだなー 使えるところが思いつかないけど、面白いから頑張って! LED豆電球で3秒間… 遠い道のりだなぁ〜 原料のパルプの使用量は? 森林伐採で自然破壊に繋がらないのか? すごい技術だと思いますが理解の枠を超えていて。 またゆっくり読んでみます^^。(富士市民としてはご紹介ありがとうございます♪) 日本製紙