「夢の燃料」水素の覇権競う 米欧中日、供給網で火花

「夢の燃料」水素の覇権競う 米欧中日、供給網で火花

2021/04/11 20:57:00

「夢の燃料」水素の覇権競う 米欧中日、供給網で火花

脱炭素時代の「夢の燃料」と期待される水素。石油製品のように世界中で使われるようになるには、サプライチェーン(供給網)づくりが欠かせない。米国、欧州、中国、そして日本の4軸を中心にじわりと広がる水素供給網をひもとく。供給網とはモノを「つくる」「運ぶ・ためる」「売る」「使う」の4つの目的をつなげる大きな商流を指す。水素の供給網を広く、太くする試みが世界各地で始まっている。「つくる」の世界3強は米エ

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

故郷チェルノブイリを訪ねる旅 35年ぶりの我が家は… - BBCニュース

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故では、原発に最も近い人口5万人の街プリピャチを含め、原発を中心とする4000平方キロの地域に住む人々は避難を余儀なくされた。

ちょっと前までは水素自動車なんてガラパゴスと煽ってたのに、この変わり身…

日本経済新聞日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。 まぐれな💩 日本人おめでとうございます

日本経済新聞日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

「究極の資源」水素、課題の輸送で5つの手法争う脱炭素時代の「夢の燃料」と期待される水素。サプライチェーン(供給網)を世界各地に張り巡らせるには「運ぶ・ためる」技術の確立が欠かせない。体積が大きくて一度に運べる量が少なく、可燃性で爆発の危険もある難点をどう克服するか。効率輸送に向け有効な解を見つけた海外企業はなく、技術で先行する日本勢にはチャンスだ。水素を気体のまま運ぼうとすれば、入れ物は膨大な容積が必要となる。現時点で 👍 日経新聞が「究極の資源」とか煽るとなんだかこなさそうな気がするのは気の所為じゃなく、WBSで「3Dテレビ元年」とか煽ってたけど来ずに終わったからかな…。 コロナ禍前は、飲料水不足=商機、今度は水、海水をエネルギーに変える技術が確立出来れば究極のエネルギー。 エネルギーとして利用するには水素の大量備蓄が必要でしょ? 本当な地球環境、生活環境に影響が無いと思ってるの?

水素とは 燃やしても水になるだけ▼水素 宇宙の元素の約9割を占め、最も多く存在する物質。非常に軽く、燃焼時の発熱量は炭素の約4倍もある。燃やしても水になるだけで二酸化炭素(CO2)を排出しないため、脱炭素社会への「夢の燃料」として期待される。石油精製で不純物を取り除く用途のほか、肥料用アンモニアの原料として利用される。今後は化石燃料の代替として利用が広がりそうで、再生可能エネルギーによる電化が難しい製鉄や航空機での応用が期待 マイナス253度にはどうやってするんですか?エネルギー使わないで。 水になる時に爆発し、水になるので陰圧になりますね。 水素を作る時がねー