「世界最古の幽霊の絵」が古代バビロニアの粘土板に描かれている

「世界最古の幽霊の絵」が古代バビロニアの粘土板に描かれている

2021/10/25 0:00:00

「世界最古の幽霊の絵」が古代バビロニアの粘土板に描かれている

肉体が死んだにもかかわらず霊として現世にとどまる幽霊の話は世界各地に存在しており、例えば先史時代から語り継がれてきたとされるローマ神話にも、レムレースという害をなす死者の霊が登場します。大英博物館に収蔵されている約3500年前に作られた古代バビロニアの粘土板には、「世界最古の幽霊の絵」が描かれているとのことです。

幽霊が描かれているという粘土板がこれ。一見しただけではどこに幽霊が描かれているのかわかりにくいですが……粘土板の左側に、顎ひげを生やした男性の幽霊の姿が描かれています。幽霊の手にはロープがかけられており、右側の女性がそれを引っ張っているという構図です。この絵だけでは幽霊だと断定するのは困難ですが、粘土板の裏面にびっしり書かれたくさび形文字の文章をフィンケル氏が解読したところ、その内容は「人をつかんで離さない幽霊」を冥界に送る方法を記したガイドだったそうです。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

寒さ苦手なカピバラに温かい「ゆず湯」をプレゼント 石川 能美 | NHKニュース

【NHK】本格的な冬の訪れを前に石川県能美市の動物園では、寒さが苦手なカピバラにあたたかい「ゆず湯」がプレゼントされました。