Z世代は選ばない 買い物はSNSの「お薦め」

Z世代は選ばない 買い物はSNSの「お薦め」

2021/05/16 2:47:00

Z世代は選ばない 買い物はSNSの「お薦め」

インターネットやスマートフォンの普及で膨大となった情報に疲れた若者を中心に、日々の買い物でSNS(交流サイト)の存在感が強まっている。自分好みの商品がさりげなくお薦めされるSNSは、疲れず効率的に商品に出合うことができるからだ。こうした仕組みを支える個人情報の活用については社会的な懸念も強まっており、企業と消費者にとって情報とどう付き合うかが焦点となっている。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

巨大な冷却塔を4基、一気に爆破解体 英中部 - BBCニュース

英イングランド中部スタッフォードシャー・ルージリーで6日、すでに閉鎖された石炭火力発電所の巨大な冷却塔4基が爆破解体された。

世の中豊になって、物にあふれて物がうれなくなり、ちょっと違うものが溢れてる。サービス商品は意図的か価格構造を複雑にし、結局いくらかかるか分からない詐欺まがいのものだらけ。 Z世代は、どんな方法であれ買ってくれますが、次の世代は買わない世代なんてことになるかも知れませんね。 ワイは買い物すらしないが、、、 アレキサンダーマックイーンとか個性的な服も着ないし、無難さがよくて、物に対する飢餓感がなくなってるんだろう。自分の意見より同調性を優先すると異質なものが目立ちだす。多様性と反対に進んでいるような気もするけど、考えすぎか。 詰まる所、噂やデマに流されやすい風潮か。 合理的だな 自分で考えない買い物はしない方が良いと思います。推薦された商品には巧妙なわながありそう。信じやすい人は必ず騙されると思ってください。

Zはアルファベットの終わり、仕事を進める上で何を根拠に判断するようになるんだろうか ステマツイートだらけってこと? 快適に生活できる。そのためなら個人情報や閲覧履歴の提供くらいしますよ。 自分がお薦めされていることに気づかないほどさりげない。 アマゾンは変なコメントも多いが値段はやっぱり安い😊 物が溢れ見た目は違っても性能が似た商品も多い。違っても操作や項目ぐらい。 現在はGoogleなどのブラウザの閲覧履歴からAIが分析してお薦めを推奨してくれる時代になっている。 しかし「選ばない」というのはストレス回避になり余計な思考を使わなくて済む反面薦められているためより受動的なる。