W杯複合男子団体で日本3位 渡部暁斗、距離で競り合い制す | 毎日新聞

ノルディックスキーW杯複合男子の団体第1戦で日本は3位。後半距離は全員が粘ってオーストリアとの3位争いを展開し、最後は渡部暁が競り合いを制しました

その他のスポーツ, ノルウェー

2021/12/05 0:30:00

ノルディックスキーW杯複合男子の団体第1戦で日本は3位。後半距離は全員が粘ってオーストリアとの3位争いを展開し、最後は渡部暁が競り合いを制しました

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合男子は4日、リレハンメルで団体第1戦が行われ、渡部善斗、渡部暁斗(ともに北野建設)谷地宙(早大)山本涼太(長野日野自動車)で組んだ日本が3位となった。

続きを読む: 毎日新聞 »

トンガ支援へ 海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」呉基地を出港 | NHKニュース

【NHK】海底火山の大規模噴火で被害を受けたトンガに支援物資を届けるため、防衛省が派遣を決めている輸送艦「おおすみ」が24日、広島… 続きを読む >>

W杯複合男子団体第1戦で渡部暁らの日本が3位W杯複合男子団体第1戦で渡部暁らの日本が3位 前半飛躍(ヒルサイズ=HS98メートル)は合計454・1点の4位で折り返したが、トップと1分差でスタートした後半距離(20キロ)は全員が粘ってオーストリアとの3位争いを展開し、最後は渡部暁が競り合いを制した。 まだまだ頑張って下さい

余録:茨城県・鹿島神宮には… | 毎日新聞茨城県・鹿島神宮には、地震を起こす大ナマズを「要石(かなめいし)」の霊力で抑え込むという伝承がある。江戸時代末期、1855年に起きた安政大地震の際は「鯰絵(なまずえ)」という浮世絵が市中に出回った。江戸っ子は「地震とナマズ」をしっかりと結びつけていた▲天下人、豊臣秀吉も地震はナマズが起こすと考えて

社説:GoToトラベル 拙速な再開は許されない | 毎日新聞政府が観光支援策「GoToトラベル」の仕組みを見直し、年明け以降の再開を検討している。年末年始の感染状況を見極めて判断するという。 新型コロナウイルス禍で観光需要が落ち込む中、宿泊や交通を含む業界団体は早期の再開を求めている。 不要だと思う。旅行に行きたい人はもう行っている。逆に、GOTOトラベルになると混んで料金が上がるので同じ。行きたい人が行けば良い。 オミクロンが軽症か重篤か見極めないとね。GOTO開始したら即利用するよ。毎日も旅行関係の広告欲しくないの❓それに前回のGo To トラベル、感染拡大に無関係って、国立感染研からも報告でてるしね。 関係する業種の方々がしんどいのは分かります ただGo Toに関しては、現状では反対ですね どんなに早くても年明けでは?

社説:民主主義サミット 協調への復元力示す場に | 毎日新聞米国のバイデン政権が今週、「民主主義サミット」をオンラインで開催する。民主体制をとる世界100以上の国・地域の指導者、NGOや市民団体の代表らが招かれている。 米政府は「民主主義国家が直面する課題と機会に焦点を当て、国内外での取り組みを発表する場を提供する」と説明する。

54歳の三浦知良が現役続行へ 出場機会求め移籍も視野 | 毎日新聞来季J2に降格する横浜FCの元日本代表FW三浦知良(54)が現役続行の意向で、出場機会を求めて移籍も視野に入れていることが4日、複数の関係者への取材で分かった。今季リーグ戦の出場はJ1最年長出場記録を54歳12日に更新した3月の浦和戦の1分間だけで、カップ戦も出場3試合にとどまった。 出番がウルトラマン以下の客寄せパンダが地域リーグ行っても戦力外だろうし、スポンサー連れて金になるよって売り込まないと こだわるねぇ… おじいちゃんw

OPECプラス、現状維持を決定 オミクロン株の影響見極め | 毎日新聞石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日、来年1月の生産規模を巡る閣僚級会合を開き、協調減産の幅を日量40万バレル縮小すると決めた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にあるが、当面、