TwitterがSlackのライバル「Quill」を買収、データ削除まで残り数日

TwitterがSlackのライバル「Quill」を買収、データ削除まで残り数日

2021/12/08 6:30:00

TwitterがSlackのライバル「Quill」を買収、データ削除まで残り数日

2021年11月30日にCEOに就任したParag Agrawal氏の下で再出発したTwitterが、SlackのライバルとされていたメッセージングサービスのQuillを買収したことが分かりました。

QuillはSlackのようなビジネス向けのメッセージプラットフォームで、時間の浪費につながりがちなSlackの機能を制限できる点が特長。また、チャンネルが構造化されていて会話に集中できるようになっていたほか、メッセージのスレッドを分割して別の会話にする機能などもありました。今回の買収の条件や買収額は不明です。また、Quillは2021年12月11日の13時(日本時間の12日6時)に閉鎖され即時データも削除されるので、Quillはユーザーに対してメッセージや利用者情報をエクスポートするように呼びかけています。なお、サービスの終了に伴いアクティブなユーザーには料金が全額払い戻しされる予定です。

Twitterのテクノロジー担当ゼネラルマネージャーであるNick Caldwell氏は、「Quillの創業者であるLudwig Pettersson氏とその有能なチームは、よりフレッシュで思慮深いコミュニケーション方法としてQuillを作りました。彼らの経験と創造性をTwitterに生かして、ダイレクトメッセージ(DM)のようなメッセージングツールをより便利で表現力豊かなものにしていきたいと思います」と述べて、Quillの技術をDMの機能の拡充などに活用する考えを示しました。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

トンガ支援へ 海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」呉基地を出港 | NHKニュース

【NHK】海底火山の大規模噴火で被害を受けたトンガに支援物資を届けるため、防衛省が派遣を決めている輸送艦「おおすみ」が24日、広島… 続きを読む >>