SKE48「愛のホログラム」インタビュー|初選抜メンバーも交えて歌うシリアスな失恋ソング - 音楽ナタリー 特集・インタビュー

  • 📰 owarai_natalie
  • ⏱ Reading Time:
  • 26 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 14%
  • Publisher: 63%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

AKB48の全国進出第1弾として、名古屋・栄に誕生したアイドルグループ。名称の由来は、活動拠点の栄(SaKaE)の頭文字。秋元康の総合プロデュースにより、2008年7月より活動をスタートさせた。AKB48同様「会いにいけるアイドル」をコンセプトに、栄にあるSUNSHINE SAKAE 2階のSKE48劇場にてTeam S、Team KⅡ、Team...

失礼な話かもしれませんが、私、SKE48のオーディションを受けたときはメンバーのことを詳しく知らなかったんです。だけどTeam

Eの公演を最初に観たとき、桜花さんの存在に目を奪われてしまいまして。すべてがキラキラ輝いていて、完璧な存在だなというのが第一印象でした。その日から私にとっては憧れの存在であると同時に、アイドルとしてのお手本になったんです。ダンス、仕草、目線……本当にいろんなことを参考にしながら、今は研究生として毎日を過ごしているところでして。桜花さんは絶対的、圧倒的に今のSKE48の中心的存在だと思います!いや、でも本当に私が今こうしてがんばっていられるのは桜花さんのおかげです。私は2022年3月に11期生として加入したばかりなので、歴としてはまだ浅いんですね。でも桜花さんが2作連続でセンターになったことが、桜花さんを推している身としては自分のことのようにうれしくて。「私は前からその魅力に気付いていたんだぞ」と誇らしい気持ちすらあります(笑)。桜花さんがセンターにいるからこそ、私も選抜に入りたいと強く思うようになりましたし。うーん、エースか……。自分の中では「私がエースなんだ!」という強い気持ちは正直あまりないんです。恐れ多いというのもあるし、今いる場所も自分1人の力というより、ファンの方の支えがあっ

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 25. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

ネクライトーキー「TORCH」インタビュー|リスナーに寄り添う音楽、広がる振り幅 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー2017年に朝日(G)が中心となり、もっさ(Vo, G)、カズマ・タケイ(Dr)、藤田(B)により結成されたバンド。初回ライブよりすべてのライブサポートを行っていた中村郁香(Key)が2019年3月に正式加入し、5人編成となる。邦楽、洋楽、ゲームミュージックなどを取り込んだ遊び心のあるポップなメロディや、コミカル、ネガティブ、毒気、切なさを内包した歌詞、もっさのあどけなさの残る歌声が特徴の楽曲で人気を集める。全国ツアーや各地の音楽フェスなどで精力的なライブ活動を行っている。2022年6月にセルフカバーアルバム「MEMORIES2」を発表。2023年4月にファン投票の上位曲のみを演奏するリクエストツアー「ゴーゴートーキーズ!番外編...
ソース: owarai_natalie - 🏆 25. / 63 続きを読む »

西川貴教「FREEDOM」インタビュー|小室哲哉と初タッグで挑んだ主題歌への思いとは - 音楽ナタリー 特集・インタビューC.E.75。戦いが続く中、独立運動やブルーコスモスの侵攻を鎮めるため、世界平和監視機構・コンパスが創設される。キラたちは、その一員として各地の戦闘に介入していた。そんな折、新興国からブルーコスモスの本拠地への共同作戦を提案されるのだが……
ソース: owarai_natalie - 🏆 25. / 63 続きを読む »

Chevon 1stアルバムインタビュー|頭角を現し出した札幌在住の若手バンド - 音楽ナタリー 特集・インタビューChevonは2021年6月に札幌で結成された、谷絹茉優(Vo)、Ktjm(G)、オオノタツヤ(B)の3人からなるバンド。谷絹の変幻自在な歌声、センスフルかつ表現力豊かなバンドサウンドで多数の楽曲を生み出し、各地で人気を博している。2022年7月に北海道・Sound Lab moleで1stワンマンライブ「山羊ノ肉」を開催。1年後の2023年7月には北海道・札幌PENNY...
ソース: owarai_natalie - 🏆 25. / 63 続きを読む »

ヤユヨ「BREAK」特集|全員が作詞作曲を担当、新しい風を吹かせた「BREAK」 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー2019年1月に高校の軽音楽部の友達同士で結成された大阪のガールズバンド。リコ(Vo, G)、ぺっぺ(G, Cho)、はな(B, Cho)、すーちゃん(Dr, Cho)の4人からなる。2019年10月にタワレコ限定シングル「さよなら前夜-Single-」を発売した。2021年6月に2ndミニアルバム「THE ORDINARY LIFE」をリリース。2022年3月に1stフルアルバム「日日爛漫」を発表した。6月から7月にかけてワンマンツアー「ヤユヨの爛漫ワンマンツアー2022」の開催が控えている。
ソース: owarai_natalie - 🏆 25. / 63 続きを読む »

岡村和義インタビュー|岡村靖幸と斉藤和義が今2人で音楽を作る理由 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー1965年生まれ、兵庫県出身のシンガーソングライター。作曲家としての活動を経て1986年1stシングル「Out of Blue」を発表する。翌1987年に1stオリジナルアルバム「yellow」をリリース。以来ブラックミュージック、ロック、ポップス、歌謡曲といったさまざまな要素を取り入れたサウンドと独創的なパフォーマンスが支持され、熱狂的な人気を集める。1990年代以降は一時作品発表のペースを落としていたが、2011年より本格的に音楽活動を再開。同年にセルフカバーアルバム「エチケット」を2枚同時リリースした。以来楽曲制作のほかコンスタントにライブ活動を行う傍ら、他アーティストへの楽曲提供も行う。またこれまでに石野卓球、電気グルーヴ、Cornelius、小出祐介(Base Ball...
ソース: owarai_natalie - 🏆 25. / 63 続きを読む »

SAKANAMONインタビュー|新作EPテーマは“ライブ”、ギターロックに原点回帰 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー専門学校の同級生だった藤森元生(Vo, G)と森野光晴(B)が2007年12月に結成。バンド名には「聴く人の生活の肴になるような音楽を作りたい」という思いが込められている。2009年に木村浩大(Dr)が加入。2010年9月に1stミニアルバム「浮遊ギミック」、同年12月にビクターエンタテインメントより1stアルバム「na」をリリースした。2017年5月にmurffin discs内のレーベル・TALTOに移籍し、ミニアルバム「cue」を発表。結成10周年を迎えた2018年には、フェイクドキュメンタリー映画「SAKANAMON THE MOVIE...
ソース: owarai_natalie - 🏆 25. / 63 続きを読む »